NEWS

OKOME’tic 最終章『汚れていいよね』配信リリース

MUSIC PR 2019.12.03 Written By 児玉 泰地

レーベル OKOME’tic から新曲『汚れていいよね』が配信された。ミュージックビデオも公開されている。

この曲は5ヶ月連続でリリースしてきたコンセプトシングルの最終章で、少女期の葛藤や恋愛、様々な経験を経て大人へ成長していく物語が全5曲の作品の中でつながっている。全曲の作詞作曲を陽当モナカが行い女性ゲストボーカルを迎えてきたが、最終章である本作は陽当モナカが8年ぶりに自らボーカルを担当する。ダブルボーカルはMV全作で主人公役を演じ、今年6月に京都のパフォーマンス集団 睡眠時間 の舞台『スーパーセルフコントロール』に楽曲提供をしたシンガーソングライターのアマイ ワナが担当しており、バクバクドキンのYUIがコーラスとしてゲスト参加している。

 

ミュージックビデオ、ジャケットもそれぞれ全5作がつながる仕様になっているので、前作を聞き直してみるのも良いだろう。

 

シリーズ全作品

第1弾『月曜日のシネマ feat.ハル(DIALUCK)』

第2弾『トリッキーな彼氏 feat.尾苗愛(POLTA)』

第3弾『OHANA feat.アマイ ワナ』

第4弾『新宿は無関心 feat.マリー』

全楽曲の配信リリース詳細 URL:http://kiilomusic.com 

作品情報

 

アーティスト 陽当モナカ&アマイ ワナ

タイトル 汚れていいよね 

レーベル OKOME’tic

◇レーベルサイト URL:http://kiilomusic.com 

 

発売日 12月3日

通常版250円 / ハイレゾ版300円

 

制作:お米総動(期間限定プロジェクトチーム)

全MVの主演:アマイ ワナ

映像 / 監督:須藤雲竜

ジャケット:akira muracco

サウンドエンジニア:安楽謙介

代表謙音楽プロデューサー:陽当モナカ

陽当モナカ(左)、アマイ ワナ(右)

陽当モナカ

幾つかのバンド、ソロ活動後、作曲家、プロデューサーとしてジューシィフルーツ / SOLEIL / notall / きゃわふるtornado / しんまち七色ばんど等、楽曲提供やプロデュース活動中。

HP:https://hinatamonaka.wixsite.com/hinatamonaka

Twitter:https://twitter.com/na_vo_na 

アマイ ワナ

 ギター弾き語りと自作トラックライブ,短編小説のような独特な詞曲の世界観に幼い声のギャップ。声の特徴を生かしTVCM ソング、ラジオCM や女優としてMOOSIC LAB 2017『左京区ガールズブラボー』(主演)等映画出演。スガシカオ主催『スガフェス』OP アクト出演 / 2019やついフェスキャンペンガール

HP:https://amaiwana-official.jimdofree.com/  

Twitter:https://twitter.com/amaiwana_JP

WRITER

Recent Posts

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio …
REVIEW
FNCTR – five
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -児玉泰地 ③大和郡山 編-
REVIEW
谷澤ウッドストック – folknia
SPOT
京都みなみ会館
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -児玉泰地 ②役者でない 編-
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -児玉泰地 ①靴屋のゴジラ 編-
REVIEW
谷澤ウッドストック – 無料の音楽

LATEST POSTS

COLUMN
【2021年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

INTERVIEW
肩書にこだわらない異色の大工、建築集団「々」の野崎将太はあなたの中に眠る「おもしろい!」を掘り起こす。

人が集まる場所には文化が生まれる。特集『文化の床(とこ)』の企画「#最高の集い方」では、今の時代にど…

COLUMN
書評企画『365日の書架』1月のテーマ:時間が経つのも忘れて

1月のテーマ:時間が経つのも忘れて 1月のテーマ…

COLUMN
【2021年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる

揺らぐ定義、移ろう概念。作曲家、サウンドデザイナーとして活動する主宰・増田義基を中心とする、かさねぎ…