EVENT

【開催中止】ぷにぷに音楽祭2020

本イベントは新型コロナウイルスの影響で中止となりました。
払い戻し手続きなどの詳細は以下をご覧ください。

2020年5月4日(月・祝)〜6日(水・祝)、大阪府堀江のライブハウス、OCORE FACTORY・CORNER STONE・knave・COVENT GARDENで『ぷにぷに音楽祭2020』が開かれる。

 

この音楽祭は、口コミや評価を気にしてしまうデジタル世代に向けて、「知らないものをフラットに楽しめる、予期せぬ出会いを楽しむ」ことをコンセプトに企画された。また、ライブを観た観客が刺激を受け新たな音楽を生み出すきっかけになってほしいとの主催者の思いから、3日通し券が6500円と採算度外視の破格のお値段で設定されている。好きな音楽を好きな場所で聴ける今だからこそ、このイベントでは知らない音楽との予期せぬ出会いが体験できるだろう。

 

第1弾として発表された出演者には、オオルタイチやゆ〜すほすてる、アフターアワーズなど関西にゆかりのあるアーティストも多数出演する。参加アーティストは総勢100組以上、今後も追加アーティストが発表される予定なので、公式Twitterをぜひチェックしてほしい。

日時

2020年5月4日(月・祝)〜5月6日(水・祝)

会場

OCORE FACTORY

大阪市西区南堀江2-13-26

CORNER STONE

大阪市西区南堀江2-13-26 2F

knave

大阪市西区南堀江3-11-21

COVENT GARDEN

大阪府大阪市西区北堀江2-5-10

出演

横沢俊一郎&レーザービームス / デスゲイズマツイシ / Oh No Darkness!! / naonari ueda / 片山翔太(BYE CHOOSE) / ひなね / 畑拓朗 / 馬車馬 / キャメル / HoSoVoSo / ワッツーシゾンビ / オオルタイチ / オッス!オラ和人! / 水中、それは苦しい / SMITHMISS / アフターアワーズ / 死んじゃうじゃんか / the circus / ゆ~すほすてる / nativeboy / UMrooms / ラグナセカ / uami / honninman / 森あかね / もえ子 / イワクニマユ / 迷子 / ふるかわののこ and more…

料金

1日券 前売:一般¥4,000 / 22歳以下¥2,500
通し券 前売:一般¥6,500 / 22歳以下¥4,500

※22歳以下は顔写真付き身分証必須

詳細

ぷにぷに音楽祭2020HP

WRITER

RECENT POST

REVIEW
POINT HOPE『Houi』 – 美しさと激しさが絡まり生まれたサウンドは、私たちの…
COLUMN
書評企画『365日の書架』〜11月のテーマ ノスタルジアを感じる〜
COLUMN
書評企画『365日の書架』〜10月のテーマ 家族の形を描いた〜
COLUMN
書評企画『365日の書架』〜9月のテーマ 人生の羅針盤になる〜
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -丹七海 ③放送部編-
COLUMN
書評企画『365日の書架』〜8月のテーマ 毎日の風景が少し変わる〜
COLUMN
書評企画『365日の書架』〜7月のテーマ 大切な人と読みたい〜
COLUMN
書評企画『365日の書架 』〜6月のテーマ 旅の支度をしたくなる〜
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -丹七海 ②音楽との出会い編-
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -丹七海 ①西尾維新編-
SPOT
狐菴 KissaCo
REVIEW
浪漫革命 – NEW ISLAND ROMANCE

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…

COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
Ribet townsは12人組プロジェクトチーム!? 現代社会を楽しく生き抜く処世術を歌う、新作に至った意識の変化

つくづくRibet townsはタフなバンドだと思う。2016年に京都で活動開始した当初から、12人…

REVIEW
大槻美奈『LAND』-愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』

愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』 …