REVIEW
春を待つ2人
HoSoVoSo
MUSIC 2019.05.28 Written By 峯 大貴

何かの欲望を満たすためではなく、自身の業(=理性によって制御できない心の働き)として歌を歌っている。三重県桑名市出身のシンガー・ソングライターHoSoVoSoを見ているといつもそんな〈歌の業〉を嬉々として背負っている様子が伺えるんだ。だから彼の歌はまぶしくて、悲喜交々に溢れ、美しい。最近では桑名から名古屋に移住してさらにライヴ本数も増やし、東海地方を中心にライヴハウスから居酒屋、バーに名古屋テレビ塔のふもとまで、一たび自分の歌を聴きたいと呼ばれればひょひょいと足を運んで歌う。またライヴ会場では『言い値CD』なる作品を販売し、未発表曲やライヴ音源をお品書きから自由に選ぶと、後日HoSoVoSoから世界で1枚だけのCDが送られてくるなど、その場にいる一人一人と歌で密に繋がってきた。そのスタンスには、これが最も自分の歌が広がっていく最速最良の方法だと戦略的に自負しているようなしたたかさも感じられる。
 
本作は『街』(2014年)、『春が過ぎたら』(2017年)という2枚の宅録ミニアルバムを経て、ゲストミュージシャンも迎えた初スタジオ録音、初全国流通となる10曲入りのフルアルバムだ。生活の一場面を描いた情景描写やソフトタッチな歌声には2人組時代のオフコースや、初期の星野源ソロ作品。ささやかな毒っ気と軽妙さには高田渡。親しみやすいメロディなのに登場人物の影の部分にハッとさせられる仕掛けにはハンバートハンバート。そんな日本のシンガー・ソングライターの歴史に名を連ねるような歌はバンド録音によってさらに輝きを増す。そこに加えて本作では全体の物語の構成力と、アレンジや言葉選びに表れる遊び心が随所に感じられ、音楽家としての才覚の芽吹きが見える作品になっている。

「猿真似もできないみたいですね」M3“山を越える”、「身体でも売るつもりらしい」M6“白い粉”、「弛けた顔も元に戻らない」M4“春が過ぎたら”など歌詞表現には偏屈さ、冷徹さ、ささくれ立った棘を秘め、登場人物からは一定の距離を取りながら深層心理を射貫いていく。ひと際ポップなキラーチューンM2“ストーク”や、別れのバラードでありながら桑名の山々の情景が浮かび上がるM8“峠”も含め、これまでの楽曲にはブラッシュアップされたアレンジが施されている。一方で新曲M7“ランディブラウン”はヴァイオリンが印象的なスイート・ポップスだが後半に向けてどんどん拍子をずらして惑わせる仕掛けが新鮮だ。多彩なアプローチやストーリーが散りばめられているが、冒頭のギター弾き語りと後半にバンドver.が収録されたM1,M9“春を待つ2人”が作品全体に一本筋を通している構成も面白い。登場人物が終わりと始まりの季節である春に浮き足立っている様を、優しいメロディに乗せて飄々と描写していくような語り口にどんどん引き込まれていく。
 
その中でも異色と言えるのが、Suchmosを目指したというシンセとエレキギター主体の大胆なアレンジのM5“city pop”。結果的には、敬愛する小田和正の“ラブストーリーは突然に”に着地してしまうところには彼のポップ・ラヴァーな一面が伺えるが、なにより「原辰徳の兄」「まるで茂陵のよう」といったフレーズがイビツな響きを残す。語呂重視で意味はないとのことだが、皮肉めいたタイトルも含めてところどころに聞き捨てならない毒牙が仕込まれているのも本作の深みになっている。

 

しかし本作が単なる美しいポップ・ソング集に留まらないのは、引き潮のように最後に収められている弾き語りM10“むかしぼくはまともだった”の存在がある。冒頭は当たり前の幸せを求める女の心情を、後半は当たり前の幸せが幸せとは思えない男の心情が吐露される。構図だけ取り上げれば現代版の“木綿のハンカチーフ”とも言えるような男女の別離の歌。またタイトルを見ればハンバートハンバート2014年作のアルバムタイトル『むかしぼくはみじめだった』や、さらに遡り友部正人の楽曲“はじめぼくはひとりだった”から引き継ぐフォークの遺伝子も見えるだろう。だが特筆すべきはこの曲だけは登場人物がHoSoVoSo自身なのだ。男が「邪魔するなら帰っておくれよ」と放つその語気には、やることが見つからない人に対する哀れみと怒りが込められているし、「歌いたいときに歌いたい人と歌いたい」と〈歌の業〉を果たしていく宣言と取れる言葉が並んでいる。自分の気持ちをこれでもかと表に出した、一つ殻を破るようなアプローチを示してアルバムは幕を閉じるのだ。

 

全国に向けて歌を届けに行く足がかりとして、春が描かれた本作。もう間もなく春が過ぎたら夏の日、そして秋の気配がしてきて、めぐる季節。しかしHoSoVoSoの歌は四季を超えて、いずれメインストリートをつっ走るのだろう。

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
ぶっちゃけ上京ってどう?-ベランダ×ギリシャラブ×Crispy Camera Club 京都発・東京…
INTERVIEW
いちやなぎとひらまつ-平成6年生まれ、ウマが合う歌い手の2人
COLUMN
「シーン」から「モード」に移ろいゆく – 京都音楽私的大全
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day3 – 2021.10.31
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day2 – 2021.10.30
COLUMN
“ニュー・ニート”ゆうやけしはすが目論む、ローカルから興すロック・ルネッサンス
INTERVIEW
グローバルな視野を持って、ローカルから発信するーリクオが『リクオ&ピアノ2』で打ち出す連帯の姿勢
REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて
INTERVIEW
みらんと話した日ー兵庫在住シンガー・ソングライターによる互いの気持ちを尊重する歌を探る
INTERVIEW
つくるひとが二人、はみ出す創作を語る-井戸健人×畠山健嗣 対談
REVIEW
秘密のミーニーズ – down in the valley
REVIEW
ラッキーオールドサン – うすらい
COLUMN
ご当地ソングからはみ出る方言詞|テーマで読み解く現代の歌詞
REVIEW
ベルマインツ – MOUNTAIN
INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』
INTERVIEW
シンガーソングライターという自覚の芽生え – ぎがもえかインタビュー
REVIEW
たけとんぼ – 春はまだか / 旅の前
REVIEW
いちやなぎ – album
REVIEW
ショーウエムラ – 大阪の犬
INTERVIEW
2020年をポジティブに転化するために - 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)が語る新作『ハビタブ…
REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる
COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
ザ・ディランⅡ – きのうの思い出に別れをつげるんだもの
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
原田知世 – music & me
REVIEW
Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地

東京にいた頃から交流があった劇団・地点との共作はもちろんのこと、活動の拠点を移してからは〈外〉の廊下…

INTERVIEW
カタチを変えて巡り合う、CuBerryと音楽のルーツたち

「大人になったらバンドをすると思っていた」と話すのは、CuBerryのKanacoとYuiko。姉妹…

INTERVIEW
あの頃、部室で – 夜音車・頓宮敦がDo It Togetherにつくりあげた果実と、その界隈

たった一人のサラリーマンが海外バンドのツアーを手掛け、大学の部室でイベントをしてしまうこと。そしてツ…

INTERVIEW
美味しい中華といいグルーヴ。踊る!ディスコ室町のギタリスト・クマ山セイタ、家業を継ぐ

京都を中心に活躍する6人組ファンクバンド、踊る!ディスコ室町。そのギタリスト・クマ山セイタ氏が、実家…

INTERVIEW
25万人集まる海外フェスも、30人規模の地元のハコもやることは同じ 手探りで進み続ける、おとぼけビ~バ~の現在地

まるで漫画の『BECK』のような話だ。2016年に、ロンドンの独立系レーベルDamnably(ダンナ…