REPORT

峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day2 – 2021.10.30

20周年を迎えた、京都のフェスティバル『ボロフェスタ』。新型コロナの影響もあり、2年ぶりとなった今年は、2週連続6日間に渡って開催されました。2014年から毎年ライブレポートを掲載してきたANTENNAでは今年も編集部あげての総力取材!全6日間の模様を各日1名のライターによる独自の目線で綴っていきます。本記事では10月30日の模様をハイライト。

MUSIC 2021.11.05 Written By 峯 大貴

ボロフェスタに行くつもりじゃなかった

本当は一昨年2019年を以って、ボロフェスタに行くのは最後になるかもしれないと考えていた。2012年に初めて〈KBSホール〉を訪れ、2013年からどっぷり本祭を楽しみながら自主的にレポートを書くようになって長らく時が経つ。ほぼ毎年この場所で見てきたHomecomingsがこの年にChamber Setとして大トリを務めてきたことも一つの区切りのように思えたし、事実、私のレポートではこの情景を見て感じた心情を次のように綴っていた。

「それはこの場所の景色と時代が確かに変わったことの象徴のように思えた。ボロフェスタは青春時代に戻るためのノスタルジックな場所なんかじゃないんだ。ここからそれぞれの道に向かって、前へと踏み出すための場所なんだ」(峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目 | ANTENNA)

大きな成長を遂げたHomecomingsを見て、ある種自分の青春時代から絶えずあるこの場所を定点観測することから一度降り、別の場所に目を向ける時が来たのかもしれないとも感じていたのだ。しかしそれはボロフェスタが「いつでも戻ってこられる場所」という絶対的な安心感を持って、どこか背中を押してくれたような気もしたからである。

 

そして2020年、自分は行かなかった。というより、絶えずある場所と思っていたボロフェスタがなかった。コロナ禍を受け、なんとか8月にナノボロフェスタを〈KBSホール〉で開催し、9月3日に本祭中止の声明を発表。同時に2020年を取り返すように、そして20周年を盛大に祝うように、2021年には2週連続、計6日間開催することを発表した。「BOROFESTA NEVER DIE」という言葉を掲げて。

 

そこから1年経った今年。依然元通り出来るわけではないのが現状だ。収容人数や終演時間の制限(11月5日開催時から解除)、ロビーSTAGEと地下の街の底STAGEが撤廃され、ホール内2ステージのみというミニマムな形式を敷いた。またプロフェッショナルではない有志のスタッフで運営しているがゆえに、1年空いたことによるノウハウの継承に空白が生まれていることも苦慮が想定されるだろう。加えて3日間×2週連続という開催期間により、どちらかの週のみに参加が散らばることでスタッフ間の連携だっていつもより大変じゃないか。あらゆる痛手を負ってはいるが、それでも「NEVER DIE」。無事に開催当日を迎えることとなった。

 

また今年から再建していく新しいボロフェスタ。「いつでも戻ってこられる場所」を取り戻していく過程がそこあるならば、少なくとも今年は目に焼き付けねばとばかりに2年ぶりのKBSホールへと足を運んだのだ。本稿では2日目の模様をハイライトしていく。

Photo:岡安いつ美

新生&常連、ホストバンドの頼もしさ

前日29日にこの日のトリを予定していたクリープハイプが尾崎世界観の体調不良によって出演キャンセルを発表。タイムテーブルの立て看板に書かれた「クリープハイプ」の文字には横線が引かれ、「来年必ず会いましょう!」という吹き出しが加えられていた。会場にはファンと思わしいクリープハイプTシャツを着ている人も多数おり、この穴をどうカバーするかという必要至急の課題が必然的に見ごたえにつながっていた気がする。

Photo:岡安いつ美

この日の開口一番は今年よりホストバンドとして関わっているThe L.B.。2018年結成、“im”のMVでも〈livehouse nano〉が舞台となっているように、京都で育ってきた中で今回抜擢された超新星だ。ネオ・ソウルとヒップホップを取り入れたミクスチャーなアンサンブルに、サモハン(Vo)がラップを乗せていくのが大よそのスタイル。しかし“5.6”から始まったステージはじっくりと観客の温度を確かめるようにねちっこくて不穏なグルーヴを奏でていく。しかし徐々にアクセルがかかっていくと、演奏陣3人のテクニカルなフレーズが火を噴いてくるのが痛快だ。緊張感を絶やさず冷静に。しかしラストの“Bomb Killer”まで着実にリラックス&エモーションを心地よく案配していく地元のニューカマーのお披露目として、頼もしいパフォーマンスを魅せていた。

 

一方で主催メンバーの一人である岡村寛子(Key)を擁するTOKIMEKI☆JAMBOJAMBOは同じホストといっても超常連。プログレッシブで心地よくトリップ出来るアンサンブルは複雑に構築されている。でもどこか肩の力が抜けたおかしみが滲んでいる不思議なインストゥルメンタル曲の数々はやはりこの場所で味わうのが格別の醍醐味だ。ハヤシ・トト(Ba)がMCでフェスが出来る喜びを語っていく内に、会場でアルコールは禁止としていたため、いつの間にかライブで酒が飲めない嘆きに話が流れていく。するとすかさず岡村が軌道修正し、自宅でこのアーカイブ配信を観ながら飲酒することをお勧めするという掛け合いも楽しい一幕だった。

独立独歩のeastern youth、寺尾紗穂

開演からバンドが続く中で、ボロフェスタが姿勢を学びリスペクトを送っている存在であるeastern youthのステージで、フロアを蠢く熱量は一度昇華されることとなった。観客はただ演奏を受け止め、1曲終えるごとに息をのみながら拍手を送るのみ。そして3人はどんな場所でも変わらぬ演奏をやるだけというような立ち振る舞いではある。しかし今年はなかった「街の底STAGE」の引用元である“街の底”を最後に演奏するところには並々ならぬ思い入れが伺えた。なんていったって村岡ゆか(Ba)加入後のeastern youth名義での初ライブは2015年の地下STAGEなのだから。

そのeastern youthを受けて、この日唯一の弾き語りである初出演の寺尾紗穂がこの日の折り返しを告げるように空気を見事に変えた。ジョニ・ミッチェルの和訳カバー“A Case of You”に始まり、ラジオ番組の公開収録で歌ったが放送されなかったというDARTHREIDERの詞に曲をつけた“はねたハネタ”、反して「土方さん」という言葉があるからこれもNGかと思ったが無事放送されたという“アジアの汗”、福岡の杉工場でライブをした時の河童にまつわる不思議な体験から生まれた新曲“歌が生まれる場所”と、一曲ずつ丁寧に説明をしながら歌っていくステージ。そこだけ独立したソロコンサートのような静謐な空気感で、ボロフェスタにこれまでにない色を加えるような佇まいであった。

それ以外にもハイライトはもう数えきれない。The L.B.と同じく京都のバンドであるWANG GUNG BANDによる、8人のソウルが一つの楽曲に緩やかに集うコミューンのような幸せな空気感ったら。大阪のLil Soft TennisがRY0N4とaryyを次々呼び込み、途中からコレクティブ「HEAVEN」としてのライブに発展した時の華ったら。音楽性はまるで違うが、ここ2ヶ月以内に1stアルバムを出したばかりの関西に兆す光をつぶさに捉えて、重鎮やメジャーバンドともフラットに同居させていくボロフェスタの一日の作り方はここでしか味わえないものがある。

突然のトリを引き受ける気迫のステージ、愛はズボーン

その姿勢が偶発的な形で際立ったのが、冒頭にも記したトリであるクリープハイプのキャンセルにより、繰り上がってこの日最後の出演者となった大阪アメリカ村発の愛はズボーンだろう。登場してくる際には気迫に溢れ、冒頭の“ゆ~らめりか”での金城昌秀(Vo / Gt)と儀間健太(Vo / Gt)のダブルボーカルは、楽曲に備わるユーモアをもかき消すほどに勇ましい。同じステージに立った前回2017年では儀間がロボに扮して登場し、フロアには風船が舞っていた時とはまるで違う、正攻法のロック・パフォーマンスだ。また金城は今年のボロフェスタのオフィシャル・Tシャツのデザインを手掛けており、その打ち合せ時に土龍から開催に向けた想いを聞いていたことがMCで語られた。「見えないバトンを(大トリの)サニーデイ・サービスまでつなげていきましょう」と言って次の曲を始めたことも含め、力強い覚悟を表す拳のデザインに表れた土龍の想いのバトン、そして出演叶わず宙に浮いたクリープのバトンは自分たちがつなげるという、全てを引き受ける決意が見えたステージだった。

 

そしてアンコールの“エレクトリックオーシャンビュー”が始まるタイミングで、クリープハイプの立つはずだったメインのGREEN SIDE STAGEの背後にステンドグラスが荘厳に開帳された。彼らが立つORANGE SIDEからは左横手に見上げる形となり、お客さんと共に眺めるような構図で登場したのは初めてではなかろうか。今まで見たことのない気迫とちょうど彼らも活動10周年ということで結果的にトリにふさわしいステージとなり、2日目が終了。終了時刻は8時ちょうど。本来ならばクリープハイプの登場するはずだった時刻だ。穴を埋めるわけではなく、存在は残したまま満足させようとするボロフェスタの判断はこのタイミングで出来る最適解のように思えた。

この日のエンディングで流れた楽曲はスーパーノア“ドリームシアター”。今年の出演はないが、かつては主催としてもボロフェスタに参加していた期間もある常連バンドだ(2014年以降は岡村寛子も在籍)。20周年とあって、本来なら地下やロビーも使ってなるだけ多くのアクトを呼びたかったはずだ。ボロフェスタはここまで関わって来た存在を、あらゆる手を使ってこの場所に登場させようとしているようにも感じている。

(Day3 – 2021.10.31に続く)

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
ぶっちゃけ上京ってどう?-ベランダ×ギリシャラブ×Crispy Camera Club 京都発・東京…
INTERVIEW
いちやなぎとひらまつ-平成6年生まれ、ウマが合う歌い手の2人
COLUMN
「シーン」から「モード」に移ろいゆく – 京都音楽私的大全
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day3 – 2021.10.31
COLUMN
“ニュー・ニート”ゆうやけしはすが目論む、ローカルから興すロック・ルネッサンス
INTERVIEW
グローバルな視野を持って、ローカルから発信するーリクオが『リクオ&ピアノ2』で打ち出す連帯の姿勢
REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて
INTERVIEW
みらんと話した日ー兵庫在住シンガー・ソングライターによる互いの気持ちを尊重する歌を探る
INTERVIEW
つくるひとが二人、はみ出す創作を語る-井戸健人×畠山健嗣 対談
REVIEW
秘密のミーニーズ – down in the valley
REVIEW
ラッキーオールドサン – うすらい
COLUMN
ご当地ソングからはみ出る方言詞|テーマで読み解く現代の歌詞
REVIEW
ベルマインツ – MOUNTAIN
INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』
INTERVIEW
シンガーソングライターという自覚の芽生え – ぎがもえかインタビュー
REVIEW
たけとんぼ – 春はまだか / 旅の前
REVIEW
いちやなぎ – album
REVIEW
ショーウエムラ – 大阪の犬
INTERVIEW
2020年をポジティブに転化するために - 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)が語る新作『ハビタブ…
REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる
COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
ザ・ディランⅡ – きのうの思い出に別れをつげるんだもの
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
原田知世 – music & me
REVIEW
Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地

東京にいた頃から交流があった劇団・地点との共作はもちろんのこと、活動の拠点を移してからは〈外〉の廊下…

INTERVIEW
カタチを変えて巡り合う、CuBerryと音楽のルーツたち

「大人になったらバンドをすると思っていた」と話すのは、CuBerryのKanacoとYuiko。姉妹…

INTERVIEW
あの頃、部室で – 夜音車・頓宮敦がDo It Togetherにつくりあげた果実と、その界隈

たった一人のサラリーマンが海外バンドのツアーを手掛け、大学の部室でイベントをしてしまうこと。そしてツ…

INTERVIEW
美味しい中華といいグルーヴ。踊る!ディスコ室町のギタリスト・クマ山セイタ、家業を継ぐ

京都を中心に活躍する6人組ファンクバンド、踊る!ディスコ室町。そのギタリスト・クマ山セイタ氏が、実家…

INTERVIEW
25万人集まる海外フェスも、30人規模の地元のハコもやることは同じ 手探りで進み続ける、おとぼけビ~バ~の現在地

まるで漫画の『BECK』のような話だ。2016年に、ロンドンの独立系レーベルDamnably(ダンナ…