REVIEW
MOUNTAIN
ベルマインツ
MUSIC 2021.05.14 Written By 峯 大貴

思春期の終わりも醸す、幸福な1stアルバム

2020年のベルマインツは石若駿や宮田“レフティ”リョウなど名だたるミュージシャンたちの力も借りつつ、“ハイライトシーン”“2023”という自分たちのステージを一段押し上げるようなポップ・ソングを生み出した。そこに至る狙いと手ごたえについては昨年3人に行ったインタビューをご覧いただきたい。

 

そして、この2曲を含めた一先ずの到達点となる『MOUNTAIN』がこの度完成。なんてウェルメイドで幸福な1stフル・アルバムなのだろう。“コラージュ”、“逃避行”ではサイトウジュン(YOUR SONG IS GOOD)と冨田謙がアレンジを手掛け、ブライトなオルガンが歌の起伏を際立たせる華やかなサウンドになっている。これまで正規メンバーを迎えてこなかったドラムには、5曲を叩く石若の他に、小柳大介(Vo / Gt)がメインボーカルをとる“浮かれてた”と“魚”では伊吹文裕、ミニマムなアンサンブルで魅せる“ズームアウト”と“喝采”ではsenoo rickyと、適材適所なプレイヤーを迎えている。また不穏なサイレンが鳴り響く壮大な新境地“微熱”では関西拠点のバンド・colormalの主宰イエナガが共同アレンジで参加。各曲にオーダーメイドのアレンジとプロダクションを施したカラフルな仕上がりなのだ。演奏形態も可変的でバンドともユニットとも言い難い、ベルマインツ当初からのソング・オリエンテッドな思想がここに極まったといえる。

全11曲それぞれが強い個性を放っているが、散漫な印象はなく爽快に聴き通せる構成も配慮が行き届いている。前半はM2“ハイライトシーン”を筆頭にアップテンポで、すがすがしい楽曲がズラリ。3人の資質も存分に発揮されており、M1“コラージュ”では盆丸一生(Vo / Gt)・小柳の伸びやかなダブルボーカルを前面に押し出し、前田祥吾(Ba / Cho)もM4“浮かれてた”で単独では初の作詞を手掛け、情けない男を描いたストーリーテリングが新しい彩りを加えている。そして盆丸がピアノバックにか細く歌う小曲M5“装丁”からバラッドのM6“2023”に移るところに、前半のピークを持ってくる流れも美しい。

M7“魚”以降の5曲からはいわばB面。〈逃避行の先で死ぬまで生きようか〉M8“逃避行”、〈うそもまことも交わって きょう懐古の種を蒔いた〉M9“喝采”など、一変してパーソナルで内省的な側面が垣間見える。まるで先行き不安な現実から目を背けるように。しかし、それでもどうにか自分自身を奮い立たせるように。今、自分たちに吹いている追い風に対して、誠実に向き合うがゆえの苦悩の表れなのかもしれない。でもベルマインツの原点に立ち返り盆丸の歌と小柳のアコギのみで録音されたラスト・ソングM11“時代”で、覚悟を決めて願うのだ。〈つぎの時代が僕らを乗せて 回り始めても あなたの前で 歌えますように〉と。だから本作はサザンオールスターズにとっては『タイニイ・バブルス』(1980年)、THE BLUE HEARTSだったら『YOUNG AND PRETTY』(1987年)、BUMP OF CHICKENで言えば『jupiter』(2001年)にも通じる、最初で最後の逡巡が滲むバンドとしての思春期を切り取ったアルバムなのかもしれない。

時勢柄もあるだろうが、本作が惜しいのはフィジカル作品でないことだ。クレジットや歌詞を見ながら全11曲をじっくり対比しつつ味わう面白さがあるし、願わくは二部構成の聴き方が出来るLP化を望みたい。そしてなにより、彼らがここまで上り詰めた現時点にぶっ刺す登頂旗として、どうか残してほしい。


Apple Musicはこちら

MOUNTAIN

 

アーティスト:ベルマインツ

仕様:デジタル

発売:2021年4月28日

 

収録曲

1. コラージュ

2. ハイライトシーン

3. ズームアウト

4. 浮かれてた

5. 装丁

6. 2023

7. 魚

8. 逃避行

9. 喝采

10. 微熱

11. 時代

 

視聴・ダウンロードURL:https://lnk.to/MOUNTAIN

ベルマインツ

 

左から
前田祥吾(Ba)
盆丸一生(Vo / Gt)
小柳大介(Vo / Gt)

 

2018年結成の3人組ポップスユニット。神戸・大阪を拠点に活動中。
2 人のシンガーソングライター、盆丸・小柳のツインボーカルに
前田のコーラスが加わったハーモニーを武器に、
往年のポップス・ロックにリスペクトを感じる懐かしくも新鮮な楽曲が特徴。

 

Webサイト:https://bellmainz.tumblr.com/
Twitter:https://twitter.com/bellmainz
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCGFPaPBo8QL4ppfSZrzdZHg

WRITER

RECENT POST

REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて
INTERVIEW
みらんと話した日ー兵庫在住シンガー・ソングライターによる互いの気持ちを尊重する歌を探る
INTERVIEW
つくるひとが二人、はみ出す創作を語る-井戸健人×畠山健嗣 対談
REVIEW
秘密のミーニーズ – down in the valley
REVIEW
ラッキーオールドサン – うすらい
COLUMN
ご当地ソングからはみ出る方言詞|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』
INTERVIEW
シンガーソングライターという自覚の芽生え – ぎがもえかインタビュー
REVIEW
たけとんぼ – 春はまだか / 旅の前
REVIEW
いちやなぎ – album
REVIEW
ショーウエムラ – 大阪の犬
INTERVIEW
2020年をポジティブに転化するために - 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)が語る新作『ハビタブ…
REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる
COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
ザ・ディランⅡ – きのうの思い出に別れをつげるんだもの
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
原田知世 – music & me
REVIEW
Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

REPORT
京都音楽博覧会2021 at 立命館大学 オンラインライブレポート

緑の芝生が広がる梅小路公園をステージに、2007年からはじまったくるり主催の京都音楽博覧会(以下、音…

COLUMN
【2021年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2021年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
折坂悠太 – 心理

月の初めにお届けする、編集部によるクロスレビュー。今月の作品は折坂悠太3枚目のアルバム『心理』です。…

REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて

大阪の5人組バンド・ズカイについて、筆者は前作ミニアルバム『毎日が長すぎて』のレビューで「ニヒルなピ…