REVIEW
fragments
西洋彦
MUSIC 2020.03.29 Written By 峯 大貴

和歌山県出身、京都在住のシンガーソングライター、西洋彦。前作『ふるえるパンセ』(2016年)から4年ぶりとなった、この2作目のアルバムを称すならば、こわれてしまった一日に散らばった破片(=“fragments”)を拾い集めて歌にしていく、路傍のオーディオ・ブックだ。

 

これまで彼の歌の起点は「言葉」にあった。目の前の事象から距離を置いて描写していく字余り気味の詞が、情景のイメージだけでなく、抑揚とメロディも備えていく。それを細い体から捻り出すようにヒリヒリとした甲高い声で歌うのだ。アコースティックギター弾き語りのスタイルも伴って友部正人からの影響を思わせる、日本のフォーク・ミュージックの直系としての言葉と声が存在感を放っていた。

本作においても、言葉に比重を置いたソング・ライティングの骨格は変わっていない。京都で暮らす中で感じた物事に対して、平素な言葉と文体で綴られているが、手垢のついた表現を頑なに避け、丁寧に磨き上げられている。中でも“シュークリーム”での「生活って言葉は 何だか好きじゃない / でもワインのコルクを抜く時の 爽やかな気持ち」の部分に現れるアイロニカルな美学には自省も伴ってハッとさせられるし、俳人・池田澄子について歌った“五月の青空”での年齢を効果的に配した表現には思わず目を閉じて詞を味わってしまう。また全編に渡って季節や時間が明確であり、コーヒー・シュークリーム・バゲットを始め、食べ物が出てくることも多い。明暗や気温、香りが醸される五感で“生活”を味わう言葉選びが秀逸だ。

しかし本作における最大の特徴と変化は、プロデューサーにシンムラテツヤ、演奏にも彼のバンド、シンムラテツヤ&ジョンとヨーコのパブロック(以下JYPB)の面々を迎えたことで、アレンジと曲の構成が格段に豊かになった点である。シンムラとの初タッグは本作にも収録されている2018年リリースのカセット・シングル“Only love can break my heart”。タイトルはNeil Young(ニール・ヤング)“Only love can break your heart”からの引用だろう。JYPBによる軽快なバンド・サウンドに乗せて、西が突き抜けるように歌う健やかな音像が印象的。まさしくYoungとCrazy Horse(クレイジー・ホース)のような、シンガーソングライターとバンドの幸福な出会いによって風通しのよさが生まれた、彼の新たな水門が開いた楽曲だ。このシングルの時のフレッシュな手ごたえが、今回全面的にタッグを組んでのアルバム制作につながったことは容易に想像できる。

シンムラによるプロデュースの功績は、西の言葉と声だけで押し通してしまえるむき出しの歌の説得力に、彩りを加え訴求力をブーストさせている点である。冒頭“アリスン”はElvis Costello(エルヴィス・コステロ)の同名バラッドの存在も思い出してしまう、すでに目の前から去ってしまった人に向けた歌。西がスリー・フィンガーでアコースティック・ギターをつま弾き、朴訥と歌う後ろで、徐々にくぐもりが開けていくようにシンムラのピアノとギターが入ることで煌びやかに本作の幕開けを告げている。また特筆すべきは“keage”だ。タイトルはインクライン(傾斜鉄道)でも有名な京都随一の桜スポットである蹴上だろうか。拍子が5・6・8と自在に伸縮し、実に不思議な浮遊感を持った曲構成である。それはつまりリズムが詞の譜割りとメロディに呼応して可変的に揺さぶられているのだが、JYPBのネオアコがかった繊細なアンサンブルによって、作中屈指のメロディアスなポップ・チューンとして成立している。ストレンジな魅力を放つ意欲作だ。

本作でこれまでのフォークを起点としたスタイルから大きく幅を広げた、あなたのことをこう呼びましょう、“遠くからでも見える人”。元来から魅力である「言葉」と「声」に加えて、シンムラテツヤによる「プロデュース」という大きな音楽の破片を集めて紡いだ西の歌は、新境地の魅力を放ち、根城・京都からどんどん遠くへ届いていく。

西洋彦『fragments』

 

 

リリース:2020年3月11日

定価:2,530円(税込み)

品番:dtst-013

 

収録曲:

1. アリスン
2. Only love can break my heart
3. 夜明けにギターを弾いている
4. keage
5. あの子のシャツの花の色
6. 十二月
7. Sunny
8. シュークリーム
9. バゲットの香りだけが希望みたいな夜
10. 郵便屋さんになって
11. 五月の青空

 

公式Webサイト:http://nishihirohiko.info/

 

WRITER

RECENT POST

COLUMN
たけとんぼ 平松稜大・きむらさとしに影響を与えたアルバム5選
INTERVIEW
伝道と更新を目指すアコースティック・サウンド – たけとんぼインタビュー
REVIEW
kiss the gambler “ベルリンの森” – 自分の心の居場所はどこにある?
REVIEW
KiQ『FuU』ー多彩な仲間と共に漂着した、退屈な日々を彩るフォーク・ロック
INTERVIEW
音楽のアーキビスト、金野篤が体現する「売りたいモノは自分で作る」という生き方
REVIEW
kiss the gambler “台風のあとで” – 折り合いのつかない喪失感を歌う素直さに胸が打…
INTERVIEW
大石晴子が探る、これからの生きていく道とは ー『脈光』インタビュー&全曲解説
REVIEW
伏見◎Project “Dawn-town” – 京都伏見を冠するニュー・コンボによるムーディーな楽…
REVIEW
みらん『Ducky』 – 22歳の今しか表現できないことを歌っている、理想的なデビュー作
REVIEW
徳永憲『今バリアしてたもん』何重にもねじれたユーモアが満載、歌とアコギが主体の12作目
REVIEW
国でも建てるつもりなのか – グッナイ小形
REVIEW
NEKOSOGI – NEKOSOGI
REVIEW
たまき – 門脇沢庵
REVIEW
夢の日々 – ミチノヒ
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2021年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2021年の5曲 Part.1
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2021-武蔵野散歩編
REVIEW
FALL ASLEEP#2 全曲レビュー
INTERVIEW
ぶっちゃけ上京ってどう?-ベランダ×ギリシャラブ×Crispy Camera Club 京都発・東京…
INTERVIEW
いちやなぎとひらまつ-平成6年生まれ、ウマが合う歌い手の2人
COLUMN
「シーン」から「モード」に移ろいゆく – 京都音楽私的大全
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day3 – 2021.10.31
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day2 – 2021.10.30
COLUMN
“ニュー・ニート”ゆうやけしはすが目論む、ローカルから興すロック・ルネッサンス
INTERVIEW
グローバルな視野を持って、ローカルから発信するーリクオが『リクオ&ピアノ2』で打ち出す連帯の姿勢
REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて
INTERVIEW
みらんと話した日ー兵庫在住シンガー・ソングライターによる互いの気持ちを尊重する歌を探る
INTERVIEW
つくるひとが二人、はみ出す創作を語る-井戸健人×畠山健嗣 対談
REVIEW
秘密のミーニーズ – down in the valley
REVIEW
ラッキーオールドサン – うすらい
COLUMN
ご当地ソングからはみ出る方言詞|テーマで読み解く現代の歌詞
REVIEW
ベルマインツ – MOUNTAIN
INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』
INTERVIEW
シンガーソングライターという自覚の芽生え – ぎがもえかインタビュー
REVIEW
たけとんぼ – 春はまだか / 旅の前
REVIEW
いちやなぎ – album
REVIEW
ショーウエムラ – 大阪の犬
INTERVIEW
2020年をポジティブに転化するために - 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)が語る新作『ハビタブ…
REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる
COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
ザ・ディランⅡ – きのうの思い出に別れをつげるんだもの
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
原田知世 – music & me
REVIEW
Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

COLUMN
たけとんぼ 平松稜大・きむらさとしに影響を与えたアルバム5選

1stアルバム『たけとんぼ』のリリースを果たした、二人組フォークロック・バンドたけとんぼ。本記事では…

INTERVIEW
伝道と更新を目指すアコースティック・サウンド – たけとんぼインタビュー

ついつい凸凹コンビという安易な表現を使ってしまいそうな、一度見たら忘れられないキャラクターだ。199…

REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波

「波」と聞くと、始めに思い浮かぶのは海で砂浜に打ち付ける波だ。時に津波ともなり、人が及ばない程大きな…

REVIEW
kiss the gambler “ベルリンの森” – 自分の心の居場所はどこにある?

シンガー・ソングライター kiss the gamblerの音楽は自身に立ち昇った感情をただ歌にする…

COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…