REVIEW
国でも建てるつもりなのか
グッナイ小形
MUSIC 2022.03.14 Written By 峯 大貴

社会に呑み込まれないように歌いながら生きる、異物感とたくましさ

グッナイ小形の歌を初めて聴いた時の印象はよく覚えている。彼の顔が映されたモノクロのジャケットも、タイトルも吉田拓郎(当時 よしだたくろう)『元気です。』(1972年)をあからさまに模した1stアルバム『正気です。』(2019年)をタワーレコードで見つけて購入。“結婚しようよ”なんて拓郎の同名異曲も入っていたが、その少し舌足らずでざらついた声や、言葉の抑揚が次第にメロディを呼んでくるような字余り気味の歌は、拓郎よりも友部正人からの影響を強く感じた。中でもモラトリアムを抱えながら東京で生きる若者二人の姿を描いた“きみは、ぼくの東京だった”は、友部の“一本道”にも通じるささくれ立ったオーラをまとっている。また孤独が滲む絶唱と、ダイナミックなバンドアレンジはむしろくるりの“東京”にも似た雰囲気を感じていた。だからその後、このアルバムのプロデュースがくるりの1stシングル“東京”に関わった原朋信(THE SUGAR FIELDS)と知った時はとても合点がいった。

彼と初めて会ったのもそんな『正気です。』を購入して間もなくのこと。高円寺駅の高架下で路上ライブをしているところに出くわし、以降何度か足を止めるようになっていった。ライブがない日はほとんど毎晩ここで歌っていること、北海道から上京してきたこと、筆者と同じく1991年生まれということ、思った通り友部正人が好きだということなどを聞いた。想像以上に彼の歌声はデカく、聴く人の頭の中にドシっと鎮座するような強い存在感を放っていたが、その目は自分が歌っている理由をずっと探してさまよっているようにも見えたのだ。

コロナ禍でも彼の活動スタンスは変わらなかった。むしろライブが減ったことによって、高架下で見る機会は以前より増した。デカい声で、日々をもがいているように歌っていた。アルバムもハイペースに制作を続けて、もう通算4枚目となる。これまで同様、原朋信がプロデュースを手掛けるカフェ・オ・レーベルからのリリースだ。前作『SUPERSONIC HONEYMOON』(2021年)はイメージを一新するパンクロック作で少々面食らったが、ここでは彼の弾き語りにバンドが花を添えるフォークロック・スタイルが復活している。とはいえ原点回帰というような堂々たる佇まいは皆無。彼の言葉を乗せる音を捜し歩いたバックパッキングから帰宅し、改めて居心地の良さを確認しているようなパーソナルな質感が通底している。

「昨日仕事を辞めた 何も言わないで辞めた」“生活苦”
「悲しいから歌うのかい 苦しいから生きるのかい 働くだけじゃつまらなくて 生きてるだけじゃ退屈で」“病気”
「暮らしは大丈夫かい お金は足りてるかい 夢はまだまだ燃えているかい 苦しくなったりしてないかい」“あなた”

いずれも夢と酒となけなしの金が付きまとう歌はヒリヒリとしみったれたリアリズムを抱えていて、どの主人公もいつまでこんな生活を続けるのかという憂さがある。単なる共感では済まない、まるで呑み屋で膝を突き合わせて夜通し語り合った後のような情が、聴き手の中に沸いてくるのだ。またそのやるせない吐露によって、自分の音楽への情熱にも一本一本薪を焚べて、少しでも長らえているような気配もある。

先日も彼は高円寺駅前で歌っていた。足をとめて歌に耳を傾ける人、顔見知りなのか挨拶だけして過ぎ去る人、本作のリリースを聞きつけ直接買いに来た人、500ml缶のトリスハイボールを彼に差し入れする人、機材を組み立て演奏している模様を撮影している人……グッナイ小形の歌声は夜の高円寺のランドマークみたいになっていた。そんなにこの場所で人とつながってどうしようというのか。自身が死ぬまで歌いながら過ごしていけるような、“国でも建てるつもりなのか”。

 

「僕は僕の好きなものが好きで 振り落とされないように しがみついてる」という詞で終わるこの曲を聴くと、なんだか自身のスタイルや歌う理由を、彼なりに見つけたように思える。自分の歌そのものは極めてオーセンティックでタイムレスなものだということ。でもこの時代に日々街を見据え、社会に呑み込まれないように歌いながら確かに生きているという、ほんのりとした異物感と素朴なたくましさはとても誇れるものだということ。なんだか原朋信と連携しながら制作してきた初期4部作として、ここで確かな区切りを迎えたように思える。ああ彼の歌を乗せた中央線よ空を飛んで、あなたの胸に突き刺され。


Apple Musicはこちら

国でも建てるつもりなのか

 

発売:2022年3月2日
フォーマット:CD
価格:¥2,500(税込)

 

収録曲

1.生活苦

2.夜汽車

3.眠れない

.ベティブルー

5.百年暮らし

6.病気

7.東京帰り

8.明日は来ちゃう

9.国でも建てるつもりなのか

10.君に友達ができてよかったね

11.君はレイトショーに来なかった

12.あなた

グッナイ小形

 

高円寺在住フォークシンガー

1991年北海道生まれ

2017年から継続的に東京・高円寺を中心に路上ライブ共にライブ活動を展開している。

現在までにカフェオレーベルより全国流通アルバムを4枚発売。
ラジオや新聞、楽曲提供などの精力的な活動により多方面に認知を広げている。

 

Webサイト:https://www.goodnight-ogata.com/

Twitter:https://twitter.com/goodnightogata

WRITER

RECENT POST

REVIEW
伏見◎Project “Dawn-town” – 京都伏見を冠するニュー・コンボによるムーディーな楽…
REVIEW
みらん『Ducky』 – 22歳の今しか表現できないことを歌っている、理想的なデビュー作
REVIEW
徳永憲『今バリアしてたもん』何重にもねじれたユーモアが満載、歌とアコギが主体の12作目
REVIEW
NEKOSOGI – NEKOSOGI
REVIEW
たまき – 門脇沢庵
REVIEW
夢の日々 – ミチノヒ
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2021年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2021年の5曲 Part.1
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2021-武蔵野散歩編
REVIEW
FALL ASLEEP#2 全曲レビュー
INTERVIEW
ぶっちゃけ上京ってどう?-ベランダ×ギリシャラブ×Crispy Camera Club 京都発・東京…
INTERVIEW
いちやなぎとひらまつ-平成6年生まれ、ウマが合う歌い手の2人
COLUMN
「シーン」から「モード」に移ろいゆく – 京都音楽私的大全
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day3 – 2021.10.31
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day2 – 2021.10.30
COLUMN
“ニュー・ニート”ゆうやけしはすが目論む、ローカルから興すロック・ルネッサンス
INTERVIEW
グローバルな視野を持って、ローカルから発信するーリクオが『リクオ&ピアノ2』で打ち出す連帯の姿勢
REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて
INTERVIEW
みらんと話した日ー兵庫在住シンガー・ソングライターによる互いの気持ちを尊重する歌を探る
INTERVIEW
つくるひとが二人、はみ出す創作を語る-井戸健人×畠山健嗣 対談
REVIEW
秘密のミーニーズ – down in the valley
REVIEW
ラッキーオールドサン – うすらい
COLUMN
ご当地ソングからはみ出る方言詞|テーマで読み解く現代の歌詞
REVIEW
ベルマインツ – MOUNTAIN
INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』
INTERVIEW
シンガーソングライターという自覚の芽生え – ぎがもえかインタビュー
REVIEW
たけとんぼ – 春はまだか / 旅の前
REVIEW
いちやなぎ – album
REVIEW
ショーウエムラ – 大阪の犬
INTERVIEW
2020年をポジティブに転化するために - 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)が語る新作『ハビタブ…
REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる
COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
ザ・ディランⅡ – きのうの思い出に別れをつげるんだもの
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
原田知世 – music & me
REVIEW
Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

COLUMN
【2022年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理

京都・吉田寮を舞台にしたドラマ・映画『ワンダーウォール』(2020年)に出演した俳優・須藤蓮が、映画…

REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” - 灯台の光のように、目的地を照らす歌

直線の定義は“端”がないことらしい。福岡出身、都内を拠点に活動するシンガーソングライター・かりんちょ…

REVIEW
Noranekoguts『wander packs』シリーズ – 向き合うことで拡張していく音楽

「こんなロックンロールが聴きたかった」私は初めて観た2ピースバンドに胸を揺さぶられていた。彼女たちの…

COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…