REVIEW
踊れる
かさねぎリストバンド
MUSIC 2021.01.13 Written By 峯 大貴

Can you dance to this song?

揺らぐ定義、移ろう概念。作曲家、サウンドデザイナーとして活動する主宰・増田義基を中心とする、かさねぎリストバンドは音楽合奏という表現方法の未来を描こうとさまよっている。ポリリズムを交えたビートを操縦するように、感情を抑えた女性のボイスが歌を乗せ、そこにメカニカルな楽器のフレーズが何層にも折り重なっていく。多彩なアイデアをポップに凝縮していく感覚や、全体に通底する張りつめた緊張感には、Mahavishnu OrchestraDirty Projectors、コーネリアスがプロデュースしたsalyu×salyuなんかを引き合いに出して語ることも出来るだろう。しかし彼らは音楽・音楽外問わずさまざまな領域で活動するミュージシャン、パフォーマー、アクターが集まり、演奏ごとに編成や担当楽器を変えるスタイルをとっている。そこで構築される不定形のアンサンブルが織りなす歪な立体感こそが魅力であり、バンド・ミュージックを拡張する試みのように思える。

 

11人で演奏されている本曲“踊れる”は冒頭よりエレクトーン、シンセ、ギター、フルートなどのフレーズが絡み合って展開されていくが、歌のメロディや楽曲構成そのものはシンプルだ。細かく単語を並べていく石原朋香と田上碧によるヴォイスは歌唱とセリフの間を行くような心地で、維新派のヂャンヂャン☆オペラなんかも彷彿とした。しかし各パートの打点の強弱を絶妙にずらして配置されているため、どのリフに耳をそばだてるかによって印象がガラッと変わるのが本曲の特徴。じっくりとそれぞれのフレーズを追いかけると三半規管が刺激されるようなパースペクティブな音像が立ち上るのだ。後半にかけては根本駿介によるディストーション・ギターのカッティングが核となり、ジェットコースターのようにドライブがかかっていく。幾何学的ファンク・ロック・チューンと称したくなる仕上がりなのだ。

 

この曲の姿勢を象徴的に示しているのは何度も登場する「踊る」「踊れる」「踊れない」の3ワード。感嘆符と疑問符を着脱しながら繰り返されるこの言葉で、彼らは我々に問いかけ、試してくるのだ、“この曲であなたは踊れるか?”と。この問いは聴いている側の感性や注力して聴き取る音によって、いかようにも捉えることができるこの曲の構造を提示し、その回答を以て演奏が終了するという仕掛けのように思えた。つまり我々も演奏の受容器という役割で合奏のプロジェクトメンバーなのだ。さあ、新たな音楽合奏の概念を持ち出した“踊れる”に参加しよう。そうすれば、あなたもかさねぎリストバンドになれる。

クレジット

MV監督

海野林太郎(Rintaro UNNO)

MV出演

遠藤純一郎(Junichiro ENDO)
笠島久美子(Kumiko KASAJIMA)
小城開人(Kaito KOJO)
酒井直之(Naoyuki SAKAI)
サワダ(SAWADA)
龍村景一(Keichi TATSUMURA)
日比野桃子(Momoko HIBINO)

CG制作協力

岡田直己(Naoki OKADA)

演奏者

石原朋香(Tomoka ISIHARA) – Voice
遠藤純一郎(Junichiro ENDO) – Synthesizer
岡千穂(Chiho OKA)- Electronics
尾花佑季(Yuki OBANA)- Electric Piano
桒原幹治(Kanji KUWAHARA)- Drum Set
田上碧(Aoi TAGAMI) – Voice
根本駿介(Shunsuke NEMOTO)- Electric Guitar / Synthesizer
樋渡 直(Sunao HIWATRI)- Electric Guitar
増田義基(Yoshiki MASUDA)- Key / Compose / lyric
宮坂遼太郎(Ryotaro MIYASAKA)- Percussion / Other
山本英(Hana YAMAMOTO) – Flute

ミックス・エンジニア

長谷川綺(Aya HASEGAWA)

かさねぎリストバンド

 

かさねぎリストバンドは音楽・音楽外問わず様々なジャンルの演奏者を集めて演奏を行なう合奏集団。これまでにMV“夏のうた”、アルバム『ParaFull』のリリース、新潟県のコンクリート・ダム内で演奏した『絶滅種の側から』(2019 年 日本オーディオ協会 学生の部 最優秀賞受賞)、美術予備校「Art View」Web CM への楽曲提供など。

 

Twitter:https://twitter.com/kasanegiband

WRITER

RECENT POST

REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて
INTERVIEW
みらんと話した日ー兵庫在住シンガー・ソングライターによる互いの気持ちを尊重する歌を探る
INTERVIEW
つくるひとが二人、はみ出す創作を語る-井戸健人×畠山健嗣 対談
REVIEW
秘密のミーニーズ – down in the valley
REVIEW
ラッキーオールドサン – うすらい
COLUMN
ご当地ソングからはみ出る方言詞|テーマで読み解く現代の歌詞
REVIEW
ベルマインツ – MOUNTAIN
INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』
INTERVIEW
シンガーソングライターという自覚の芽生え – ぎがもえかインタビュー
REVIEW
たけとんぼ – 春はまだか / 旅の前
REVIEW
いちやなぎ – album
REVIEW
ショーウエムラ – 大阪の犬
INTERVIEW
2020年をポジティブに転化するために - 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)が語る新作『ハビタブ…
COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
ザ・ディランⅡ – きのうの思い出に別れをつげるんだもの
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
原田知世 – music & me
REVIEW
Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

COLUMN
【2021年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
折坂悠太 – 心理

月の初めにお届けする、編集部によるクロスレビュー。今月の作品は折坂悠太3枚目のアルバム『心理』です。…

REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて

大阪の5人組バンド・ズカイについて、筆者は前作ミニアルバム『毎日が長すぎて』のレビューで「ニヒルなピ…

INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌

平成生まれのシンガーソングライター・鈴木青(すずきじょう)。2018年から年に1作のペースで作品を作…

COLUMN
【2021年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…