INTERVIEW

マーライオン、変わる!-もっとみんなに喜ばれる音楽をつくるための模索と研鑽

MUSIC 2022.10.27 Written By 峯 大貴

1993年生まれ、横浜出身、東京を拠点に活動するマーライオン。シンガーソングライター、ラッパー、〈NIYANIYA RECORDS〉主宰、Podcast番組『にやにやRadio』MC、イベント主催やグッズのディレクターに、文筆家、俳優……。垣根をひょひょいと飛び越え、見る人はもちろん、何より彼自身が心から「楽しい!」と思えることを、あらゆる角度からアウトプットしている、にやにや仕掛け人だ(16歳から活動を開始し、キャリアはすでに14年目を迎える)。

 

それは彼の誠実で愛嬌のある人柄だからこそなせる業(わざ)なのだが、なんでも2020年から活動の主軸である音楽に向き合う意識が著しく変わったらしい。コロナ禍はあらゆる音楽家、いや、表現するもの全てに変革をもたらしたが、彼の場合は何に悩み、模索し、それがどのように音楽にフィードバックされたのだろうか。

 

事実、2022年にリリースされた3つの新曲、“春を待ちわびて”、“飛んでしまいそう”、“おばけトンネル”を聴くと、音程に対してシビアになった歌や、メロディとの相性を意識したことがわかる詞など、著しい変化が見られる。とにかく一所懸命に自分の気持ちを伝えようとしていた、マーライオンの楽曲にテクニカルでちょっと俯瞰した視点が加わったのだ。昨年から集中して取り組んでいるという厚海義朗(Ba / GUIRO)、石川浩輝(Dr)とのバンド・アンサンブルも心地よく聴くことができる。

 

新たな心構えで音楽に挑むマーライオン。11月には10年ぶりとなるバンド編成が軸となったワンマンライブ、そして来年リリースのアルバムも制作中という、新たな仕掛けをばら撒き始めた彼に、2020年以降の変化とその真意について話を聴いた。

 

写真:miki

Apple Musicはこちら

 

Apple Musicはこちら

 

Apple Musicはこちら

コロナ禍で切り替わった実力向上の意識

──

2020年ごろから、活動の意識が大きく変わったと伺いましたが、そもそも当時どんなモードだったのでしょうか?

マーライオン

2020年は友達が立て続けに亡くなって、心と体のバランスが少しおかしくなっていたんです。しかもそこにコロナも来て、とにかく気が滅入っていた。ちょうど海外でもライブをすることが決まりかけていたのに流れちゃいました。唯一ポッドキャスト(マーライオンのにやにやRadio)だけはゲストを呼んで、すごい頻度で更新していたんですけど、あれは人と喋らないと正気を保てなかったからのことで(笑)


Apple Podcastsはこちら

──

ポッドキャストのゲストとして私も2020年6月に呼んでもらいました。そこから持ち直したのはいつ、どんなタイミングでしたか?

マーライオン

峯さんに来てもらった頃が、一番落ち込んでいましたね。でもそんな時にサニーデイ・サービスの『もっといいね!』(2020年)の収録曲“ぼくらが光っていられない夜に”のリミックスに参加させてもらうんです。p/am(パム)というイベントをずっと一緒に主催しているラップユニットのDreamcastと一緒に。それでサニーデイの録音データを見せてもらったんですけど、本当にすごいんですよ。めちゃめちゃ凝っていて、データが美しいというか。そういう一線で活躍している人の仕事を見ていると、これは気持ちを切り替えて頑張らなきゃなと思いました。

Apple Musicはこちら

マーライオン

それともう一つ。ライブができないので、サブスクリプションから配信された楽曲だけで、評価されることになったじゃないですか。そうなった時に自分の音源を聴くと、正直技術が足りていないなと感じてしまいました。もちろん前から気づいていたんですけど、自分にはライブがあると思っていたんです。でも音楽家として、ちゃんといい作品をつくらないと今後はやっていけなくなると気付いたのも、そのくらいの時期でしたね。

──

いい作品をつくるためにどういうことに取り組みましたか?

マーライオン

まずボイストレーニングに本格的に通うようになったのは大きいです。そこで改めて僕にはライブや歌に向き合う体力が足りてないと思った。曽我部恵一さん(サニーデイ・サービス)にはよくしてもらっていて、ドライブに連れて行ってもらったり、一緒にいるとわかるんですけど、もう体力のおばけなんですよ(笑)。あれだけの作品を長年つくり続けながら、ライブもたくさんしているって、すごすぎる。

──

曽我部さんからの刺激もこの時期大きかったんですね。

マーライオン

本当にそうです。あと2020年9月に引っ越したんですけど、□□□(クチロロ)の三浦康嗣さんと家がめっちゃ近所になったんです。毎月3回くらいご自宅に伺って夕飯を食べながら、考え方や料理レシピ、音楽を教わっていたのも大きいですね。録音データの波形とかを見せてもらいながら、ミックスやアレンジ、歌詞についてアドバイスやダメ出しをもらいました。そこでメジャーフィールドで音楽をやっている人の考え方に触れるんです。ちゃんと音楽を商売にすることとか、音楽を人に聴いてもらうためにどれだけこだわっているのかを知りました。

──

三浦さんからは具体的にどんなことを学びましたか?

マーライオン

三浦さんはミックスやレコーディングについては独学で覚えていったようで、僕と同じ突然変異型なんです。だからこうしたいというイメージはあるのに、どうすればいいかわからないという僕の悩みがすごくわかるらしくて。そこに対してどうアプローチをすればいいのか。あとどう伝えればメンバーにわかってもらえるのか、具体的に教えてもらったことはありがたかったですね。あと今年出した曲はthe band apartさんの〈AG STUDIO〉をレコーディングで借りているんですけど、そこも三浦さんの紹介。お世話になりまくりです。

2021年に生まれた挑戦と模索の3曲

──

落ち込んだり、鍛錬を積み始めるようになった2020年ですが、『マーライオンバンド』(2020年5月)と『北北西に飛んでいった』(2020年10月)としっかりミニアルバムを2作品リリースしていますよね。

マーライオン

『マーライオンバンド』は一人でやっていたことを石川浩輝さん(Dr)と一緒にバンドアレンジにした作品で、コロナ前には録り終わっていました。『北北西に飛んでいった』も表題曲のサビ以外は、レコーディングを終えていて。だからまだ意識がはっきり変わる前というか。でも下手な実力のままでつくるのはこれが最後だと思いながら、仕上げていましたね。今年リリースした“春を待ちわびて”(2022年3月)、“飛んでしまいそう”(2022年6月)、“おばけトンネル”(2022年8月)から切り替えて、もっとつくり込むようになりました。


Apple Musicはこちら

 


Apple Musicはこちら

──

これらのシングル3曲の前年、2021年にも3曲リリースしています。これらはどういう位置づけの楽曲ですか?

マーライオン

この3曲はしっかりつくり込む前の準備というか挑戦・模索期という感覚があります。“プレゼント”(2021年1月)はコロナ禍で人が集まれない中でも、お子さんに音楽の楽しさを教えるというワークショップのお仕事でつくりました。カタヤマミチヒロ(波のよう)に協力してもらいながらみんなで合唱した素材も組み込んだ、ちょっと企画っぽい曲です。“ゴッホと花束” (2021年4月)は本当に一人だけで制作を完結させた多重録音作品。実はやったことがなくて挑戦でした。僕の曲では珍しくアコギソロも入っています。“味方になる”(2021年7月)はその逆で、編曲家の人にアレンジをお願いした作品です。好きなアーティストでも「アレンジャーとの相性が良くないんじゃないか?なんでこうなったんだろう?」と感じることがあって。だから自分も組んでみたらどうなるのだろうと思って、ベテランの&mkzさんにお願いしました。


Apple Musicはこちら

 


Apple Musicはこちら

 


Apple Musicはこちら

──

実際に“味方になるで”組んだ&mkzさんとの制作からは、どんなフィードバックがありましたか?

マーライオン

&mkzさんはアレンジ以外の部分でもすごく親身になってくれて、&mkzさんが普段使っているようないいスタジオではなく、僕の家で歌をレコーディングする方法をこの機会に勉強しましょうと、2カ月くらい付き合ってくれたんです。これは学びにもなったしありがたかった。でも肝心の歌が全然うまくいかなくて、毎日集中力の持つ4テイクずつ録りながら、なんとかいいものを採用しました。そこで次からボーカルディレクションを入れた方がいいという判断をしたんです。だから試行錯誤の2021年って感じですね。

──

ボーカルディレクションを入れる判断をしたのはなぜですか?

マーライオン

恥ずかしながら僕は異常に褒められたい人で(笑)。他の人に対しては褒めたり、意見を言うのは得意な方なんですけど、自分の歌はいいのかどうか全く分からない。これは困ったものだということで呼ぶことにしました。だから“春を待ちわびて”からはヒロヒサカトーさん(井乃頭畜音団)にディレクションしてもらっています。

──

ギタリストであるカトーさんにお声がけしたのはなぜですか?

マーライオン

最初はボーカルのレッスンを専門にしている人にお願いしたんですけど、あまり合わなくて。だから僕のことを理解してくれている人にやってもらった方がいいなと思ったんです。カトーさんは僕が16歳でマーライオンを始めた当初からいろんなことを教えてくれた先輩で。もちろん歌もプロデューサー視点でしっかり判断できる人ですし、あと場の空気をよくする能力にも長けすぎている。本当に心強い方なんです。

マーライオンらしさって、何だ?

──

なるほど。ここまで歌と録音についての変化について伺ってきましたが、ソングライティングの部分で向き合い方は何か変わりましたか?

マーライオン

これも結構変化があって、2021年からフルート奏者の松村拓海さんに譜面のレッスンをしてもらっているんです。大した音楽理論も知らないまま13年間も活動していたので、自分のいいところは残しつつ、クセを直したいと思って、曲を譜面化するようになりました。

──

『ばらアイス』(2018年)の頃のインタビューで「ギターコードの押さえ方がわかってない」と仰っていましたね。

マーライオン

普通のコードは(構成音が)3つなのに、僕のコードは2つしかなくって和音になってなかった(笑)。これまでコード譜すら書けないような曲ばっかりだったので、厚海義朗さん(Ba / GUIRO)や石川浩輝さんくらい根気強く付き合ってくれて、汲み取ってくれる方じゃないと一緒に演奏できなかったんです。まず曲を理解してもらうことが大変な状態は見直したかったし、そこが今はスムーズにできるようになりました。

──

バンドメンバー泣かせの状態を克服したということですね。

マーライオン

そうなんです。あと歌詞も意識が変わっていて。僕は日本のポップス、誰もが口ずさめるようなヒットソングが好きなので、歌詞は日本語のよさが出るように母音を意識するようになりました。ここ数年、ラップの韻について触れられることが以前よりも増えたと感じているのですが、歌う人特有の気持ちいい発音やワードもあるなと気づいたんです。それが自分の声だとなんなのかを探す作業ですね。僕は「あ段」と「お段」はきれいに出るんですけど、「さ行」は苦手。“春を待ちわびて”とか“おばけトンネル”の詞はそこをすごく意識してつくっています。

──

この人の歌のこの言葉が気持ちいいな、という例を挙げることはできますか?

マーライオン

堀込泰行さんが歌う「雨」はいいですね。“雨は毛布のように”、“雨を見くびるな”とか……。あとくるりの新曲“真夏日”にも出てくる「急行」とか。岸田繁さんの歌う電車関連のワードは気持ちいいと感じます。それってつまり自分の得意な発音をみなさんちゃんと理解して詞を書いているんですよ。だから長きに渡って音楽を続けていられる。僕も60歳になっても続けられるように、ちゃんと自分を研究することが大事だと思ったんです。

──

つまり「自分の強み、自分らしさってなんだろう?」という話ですね。

マーライオン

まさにそうですね。今までちゃんと考えられていなかった。

──

ここまで話をしてきた、今年リリースされた3曲での変化は私も実際に聴いて感じていました。これまでマーライオンの魅力は「自分の伝えたいことをとにかく真っすぐに歌っている」ところだと思っていて。でもそこには「不器用だけれども」という枕詞が付いていた気がします。その不器用さが真っすぐさでもあった。

マーライオン

仰っていること、すごくわかります。

──

でも確実に歌が向上しているし、不器用さは希薄になった。でも相変わらずすごく真っすぐなんですよ。

マーライオン

すごくうれしいです。まさにそこを狙いたいと思っていたので。

──

たくさん変化があったと思いますけど、逆にこれだけは変わらないという「マーライオンらしさ、強み」ってなんだと思いますか?

マーライオン

なんでしょう……。言っていただいたことにも通じますが、16歳で始めた時から変わらず意識しているのは「嘘のなさ」かもしません。例えば僕はサンリオとかディズニーがすごく好きなんですよ。ぬいぐるみとかも大好きなのに学生の時はなかなかそれを言い出せない空気があった。今の世の中の流れもあって、あの時の言い出せない雰囲気って男性社会的だったと気づいたんですよね。それから男女差別やハラスメントについてすごく考えるようになりました。男だってかわいいものが好きでいいじゃないですか。だからチャーミングさというと恣意的かもしれませんが、キャラクターっぽいかわいらしい雰囲気を出したい気持ちは強くあります。

──

かわいらしいものが好きだから、自分の歌もかわいらしくしたい。そこに正直でないと嘘になってしまうということですね。

マーライオン

そうですね。逆に僕が興味のないことを歌にすると説得力が出ない。ちゃんと自分に沁み込んだ言葉、言い慣れた言葉で歌うということは大事にしたい。その上で他の人にはないワードを散りばめたいんです。

──

その話を聴くと“おばけトンネル”の世界はまさにマーライオンらしいマンガっぽさを感じます。“春を待ちわびて”に出てくる「家業」とか「きばってる」みたいな素朴な言葉選びも特有のものですよ。あと今回の3曲に限らず「人と人との距離」をテーマにしていることが多いですよね?

マーライオン

確かに!歌でもラップでも距離感のことしか歌っていないと思います。コロナも影響していると思いますが、みんなそれぞれ自分の場所で頑張っているというところに興味があって、ついそこを歌うことが多くなってしまうんですよね。

60歳になっても音楽を続けるために

──

現在はアルバムの制作を進めていると伺いました。

マーライオン

はい。来年リリースするアルバムを2作同時並行でつくっていて、一つが10曲入り、もう一つが24曲入りになる予定です。10曲入りの方は今回成長したことを凝縮したような全てシングル曲と言えるくらいの作品。これからのマーライオンの名刺替わりになるようなものです。もう一つはサニーデイ・サービスの中で僕が一番好きなアルバム『24時』からタイトルをお借りして、それぞれの時間をテーマにした24曲を並べたものです。こっちの方は色んなアプローチの曲を入れようとしています。今年のシングル3曲は両方のアルバムに入る予定。

──

色んなアプローチとは、歌もあれば『マーtodaライtodaオォォォン!!!』(2015年)のようなヒップホップもあり?

マーライオン

そうですね。あと今、習っている打ち込みを取り入れたり、昔ハワイに行った時に買った8弦ウクレレを今練習しているので、それも使ってみたい。試行錯誤を詰め込んだ作品にしたいです。


Apple Musicはこちら

──

本当にさまざまなことに取り組んでいて、色んなアイデアが出てきますね。

マーライオン

やりたいことがたくさんあるんですよ……。いつかタイアップで音楽を制作してみたいというのもあって、所属事務所も今探しています。これまで一人でやってきたことはすごくよかったんですけど、これ以上活動を広げるには、サポートしてくれる人が必要だなと思っています。

──

つまり本腰を入れて「売れる」ことを目指していくということですか?

マーライオン

そこが目標というよりも、自分が50~60歳になっても音楽を続けるために、一回はちゃんと商業音楽の世界に飛び込んでおかないとなって、ようやく思えたんです。曽我部さんも、三浦康嗣さんも、お話を聴いているとみんな一度は通っている道なんですよね。16歳からマーライオンをやってきて、今までも一所懸命やっていたけど、やっとこの活動をどうして行きたいか具体的に考えて、そのために行動できるようになったというか。

──

人に喜んでもらう音楽をつくって、ちゃんと商売にすることの覚悟ができたと。

マーライオン

普段の会社員の仕事で、お笑い芸人さんに関わるお仕事をしているんですけど、芸人さんと接していると、求められることを180%にして返しているなと思うんです。これが人を喜ばせる、期待に応える仕事なのかと痛感しました。僕もそういう人になりたいです。

──

しかし本当にいろんな人と交流されているし、そのために能動的に行動を取り続けているところは尊敬しています。

マーライオン

本当に人には恵まれていると思います。この間はNONA REEVESの奥田健介さんにギターを教えてくださいと勇気をだしてDMを送ったら、一緒にご飯行ってくれて、教えていただけることになったんです。奥田さんを見ていると本当に日々の研鑽がすごい人だなと思います。三浦さんしかり、音楽を続けられる人ってとんでもなく努力してるし、悩んでいる。その姿から学べたことは本当に僕にとって大きいですね。

──

先ほどから「50~60歳になっても音楽を続けるために」と何度も仰っていましたが、続けることでどういうことを成し遂げたいと思っていますか?

マーライオン

童謡みたいなみんなが口ずさめる歌を残したいですね。今の時代難しくなってきましたが、「マーライオンってあの曲の人だよね」と誰もが知っている曲を死ぬまでにつくれたらいいなと思っています。

マーライオンのワンマンショー2022!!! (弾き語り!?ラップ!?Podcast!?バンド編成あり!!)

日時

2022年11月20日(日)
open / start 18:30

場所

下北沢LIVE HAUS
〒155-0031

東京都世田谷区北沢2丁目14−2 JOW3ビル地下1階

料金

¥3,500

出演

■LIVE出演
マーライオン

 

■演奏メンバー
石川浩輝(Dr)
厚海義朗(Ba / GUIRO)
ヒロヒサカトー(Gt / 井乃頭蓄音団)
荒谷響(Tp)

 

■DJ出演
muku+poQ

 

■イラストデザイン
ささきえり

チケット

e+でチケット販売中
https://eplus.jp/sf/detail/3737150001

にやにやしようよ、土曜に。

日時

2022年12月24日(土)
open 18:30 / start 19:30

場所

阿佐ヶ谷TABASA
〒166-0001

東京都杉並区阿佐谷北2丁目13−18

料金

¥3,000(ドリンク代別)

出演

マーライオン
松本素生(GOING UNDER GROUND)

チケット

阿佐ヶ谷TABASAホームページから予約
https://www.asagayatabasa.com/

 

※限定25名
※20名まで座席あり。5名立見になる可能性がございます。

マーライオン

 

ひなまつり生まれ横浜育ちのシンガーソングライター。 〈NIYANIYA RECORDS〉主宰。 2009年から都内を中心に、ライブ演奏、音楽制作、文筆業、俳優業、ポッドキャストなど、ジャンルの垣根を越えながら活動中。 これまでに、曽我部恵一が主宰する〈ROSE RECORDS〉などから、計8枚のアルバム作品を発表している。最新アルバムは『北北西に飛んでいった』(2020年)最新シングルは“おばけトンネル”(2022年)。 現在はPodcast 番組『マーライオンのにやにやRadio』が、毎週月曜夜に更新中。これまでに、小山ゆうじろう、松本素生(GOING UNDER GROUND)、三浦康嗣(□□□)などこれまでに70名以上のゲストを迎え、300回以上更新している。

 

Webサイト:https://maaraion.niyaniyarecords.com/
Twitter:https://twitter.com/maaraion_info
Instagram:https://www.instagram.com/maaraion_niya/

WRITER

RECENT POST

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レ…
REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest …
INTERVIEW
孤独な青年の思春期が終わった、 LAIKA DAY DREAMなりのグランジ作品『Shun Ka S…
REVIEW
この先鋭的なバンドサウンドは、2020年代の京都音楽シーンを代表する-YUNOWA『Phantom』
INTERVIEW
Ribet townsは12人組プロジェクトチーム!? 現代社会を楽しく生き抜く処世術を歌う、新作に…
REVIEW
松井文『窓から』-歌い手としての自分を見つめ直した、3枚目の1stアルバム
REVIEW
畠山拓郎“September”-KANの遺伝子も感じるニューポップスターによるソウルバラード
REPORT
発令!アジアに向けた日本からの開国宣言-BiKN shibuya 2023 クロスレポートNo.1
INTERVIEW
「日本とアジアを混ぜっ返すんだ!」アジアン・ショーケース『BiKN shibuya』に至る衝動
REVIEW
劇伴音楽を経て、本格的にバンドとなったロマンたっぷりのロックサウンド-KiQ『空想』
INTERVIEW
「おせっかい」な京都のスタジオ、マザーシップ。エンジニア野村智仁が語る、人付きあいと音作り
REVIEW
Tocago『Wonder』- 沖ちづるの音楽にかける熱意に再び火が灯るまで
INTERVIEW
歌うたいは人たらし。小野雄大が仲間と共に自分の歌を見つけるまでの道程
COLUMN
〈Penguinmarket Records〉作品ガイド
INTERVIEW
「Music has no borders」を掲げ、京都から世界へ-Penguinmarket Re…
REVIEW
多様な可能性のごった煮状態という意味での“GUMBO”- 砂の壁『GUMBO』
INTERVIEW
ソー・バッド・レビューから続く道。 シンガーソングライター&ピアニスト / 翻訳家 チャールズ清水…
REPORT
『春一番 2023』後編 ー 平和を夢見る福岡風太が仕掛けた、音楽による革命の実験場
REPORT
『春一番 2023』前編 ー 「祝」でも「終」でもない、大阪名物野外コンサートのゆくえ
INTERVIEW
「大阪を代表するバンドになりたい」ショーウエムラ(アフターアワーズ)が語る、地元に育てられたバンドマ…
REVIEW
生活の設計『季節のつかまえ方』 ー 「自分の音楽ってこれかも!」と辿り着いた喫茶ロック作品
REVIEW
屋敷『仮眠』 – のんびりとした虚無感、幻想的だが後味の悪さもある、積層的なフォーク作品
REVIEW
FALL ASLEEP#3 全曲レビュー
REVIEW
幽体コミュニケーションズ『巡礼する季語』 – 言葉とサウンドをコラージュ的に組み合わせ、季節を描く京…
INTERVIEW
スーパーノアが語る、『ぬくもりはたしかに』に込めたリズムと歌の最適解
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2022-世田谷ほっつき歩き編
REVIEW
Eri Nagami『ど​ち​ら​か​と​い​う​と​そ​う​思​う(Moderately Agre…
REVIEW
岡林風穂『刺激的な昼下がり』 – 岐阜拠点のシンガーによる、こそばゆい刺激に惹きつけられる作品
REPORT
ボロフェスタ2022 Day4(11/6)- クリープハイプ、リベンジ。過去2年を取り戻す気概の最終…
INTERVIEW
生活は変われど、再び日々を鳴らし始めた路地の『KOURO』
REVIEW
ヨットヘヴン『健康快樂』 – 今を楽しく生きようとする生活者の歌
REVIEW
ガリザベン『ほっぺのかんじ』 – シャイとユーモア、関西に息づくブルースが香り立つうた
COLUMN
たけとんぼ 平松稜大・きむらさとしに影響を与えたアルバム5選
INTERVIEW
伝道と更新を目指すアコースティック・サウンド – たけとんぼインタビュー
REVIEW
kiss the gambler “ベルリンの森” – 自分の心の居場所はどこにある?
REVIEW
KiQ『FuU』ー多彩な仲間と共に漂着した、退屈な日々を彩るフォーク・ロック
INTERVIEW
音楽のアーキビスト、金野篤が体現する「売りたいモノは自分で作る」という生き方
REVIEW
kiss the gambler “台風のあとで” – 折り合いのつかない喪失感を歌う素直さに胸が打…
INTERVIEW
大石晴子が探る、これからの生きていく道とは ー『脈光』インタビュー&全曲解説
REVIEW
伏見◎Project “Dawn-town” – 京都伏見を冠するニュー・コンボによるムーディーな楽…
REVIEW
みらん『Ducky』 – 22歳の今しか表現できないことを歌っている、理想的なデビュー作
REVIEW
徳永憲『今バリアしてたもん』何重にもねじれたユーモアが満載、歌とアコギが主体の12作目
REVIEW
国でも建てるつもりなのか – グッナイ小形
REVIEW
NEKOSOGI – NEKOSOGI
REVIEW
たまき – 門脇沢庵
REVIEW
夢の日々 – ミチノヒ
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2021年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2021年の5曲 Part.1
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2021-武蔵野散歩編
REVIEW
FALL ASLEEP#2 全曲レビュー
INTERVIEW
ぶっちゃけ上京ってどう?-ベランダ×ギリシャラブ×Crispy Camera Club 京都発・東京…
INTERVIEW
いちやなぎとひらまつ-平成6年生まれ、ウマが合う歌い手の2人
COLUMN
「シーン」から「モード」に移ろいゆく – 京都音楽私的大全
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day3 – 2021.10.31
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day2 – 2021.10.30
COLUMN
“ニュー・ニート”ゆうやけしはすが目論む、ローカルから興すロック・ルネッサンス
INTERVIEW
グローバルな視野を持って、ローカルから発信するーリクオが『リクオ&ピアノ2』で打ち出す連帯の姿勢
REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて
INTERVIEW
みらんと話した日ー兵庫在住シンガー・ソングライターによる互いの気持ちを尊重する歌を探る
INTERVIEW
つくるひとが二人、はみ出す創作を語る-井戸健人×畠山健嗣 対談
REVIEW
秘密のミーニーズ – down in the valley
REVIEW
ラッキーオールドサン – うすらい
COLUMN
ご当地ソングからはみ出る方言詞|テーマで読み解く現代の歌詞
REVIEW
ベルマインツ – MOUNTAIN
INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』
INTERVIEW
シンガーソングライターという自覚の芽生え – ぎがもえかインタビュー
REVIEW
たけとんぼ – 春はまだか / 旅の前
REVIEW
いちやなぎ – album
REVIEW
ショーウエムラ – 大阪の犬
INTERVIEW
2020年をポジティブに転化するために - 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)が語る新作『ハビタブ…
REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる
COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
ザ・ディランⅡ – きのうの思い出に別れをつげるんだもの
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
INTERVIEW
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
原田知世 – music & me
REVIEW
Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…