REVIEW
FALL ASLEEP #3
Various Artists

関西発のイベント・レーベル〈NEVER SLEEP〉から、2022年3月22日にコンピレーション・カセット作品『FALL ASLEEP #3』がリリース。シリーズ3作目となる今回は、過去にも参加した顔ぶれも含む、全11組のバンド、シンガーソングライターの楽曲が収録されている。現在的な目線で聴くことができる新たな国内フォーク・ミュージックを一望するような本作の魅力を、過去2作品に引き続き全曲レビューで紐解いていく。

MUSIC 2023.03.22 Written By 峯 大貴

side A

A1.Hello, Yellow Brick Road / アポンタイム

三輪卓也(Vo / Gt)がひとたび歌い出し、アコースティックギターをストロークした瞬間にぶわっと広がる、きらきらとした憧れ入り混じるウェスト・コーストの香りよ。カラッとしていて少し鼻にかかる声は奥ゆかしくて、あったかい。ささやかだけどポップミュージックの旨味をしっかり抽出した歌を聴かせる、彼の粋な存在感を例えるとしたら「日本のStephen Bishop」と言ったところだろうか。様々なミュージシャンのギターサポート、レコーディング、またソロとしても活動している彼を中心に、2019年結成された4人組バンドがアポンタイムである。

 

“Hello,Yellow Brick Road”というタイトルは、Elton Johnの“Goodbye Yellow Brick Road”(1973年)に対する明らかなオマージュだ。舞台は『オズの魔法使い』にも登場する黄色いレンガ道だが、エルトンが今から半世紀前に別れを告げたこの道を、彼らが憧れの場所として新たに訪れ嬉々と踏みしめているような構図で描かれている。ギターストロークとピアノが主体となってのんびりとした牧歌的な光景を描くミディアムポップス。聴いているこちらがアリガタキシアワセという気分になってしまう。(峯 大貴)


Apple Musicはこちら

A2.一杯分のコーヒー / Saboten Neon House

本コンピレーションの1作目では“緑の炭酸”を提供し、本作においては中村功大(Ba)が平岡ひぃら“こんなかんじで”にも参加している東京の4人組バンド。〈NEVER SLEEP〉がキュレーションする「今を感じる日本のフォークロック、ルーツミュージック」という思想を最も体現している良心のような存在だと勝手に思っている。

 

タイトルからは服部良一作曲の流行歌“一杯のコーヒーから”、もしくはディランの曲名からとられた山川直人の短編漫画集『コーヒーもう一杯』なんかを思わせたが、コーヒーとささやかな会話がある風景を描き出すという点で、やはり高田渡“コーヒーブルース”の遺伝子を感じる。伊佐郷平(Vo / Gt)の朴訥とした声に、まるで体重増量を自覚した時のようなたぽんたぽんと進む重いビート。一度終わったかと思ったら、ギターソロをバックにカズーの音色が鳴り響く。ぽかぽか陽気のジャグ・アンサンブルだ。まったり、ぐうたら、のんべんだらりを表現させたら、今彼らの右に出るものはいない。(峯 大貴)


Apple Musicはこちら

A3.双葉 - 弾き語り / むらかみなぎさ

1997年生まれ、東京都内を中心にライブ活動を行っているむらかみなぎさ。ギター弾き語りが基調だが、先日リリースされた『わたしたちの野原』では本コンピレーションの2作目に参加したkiss the gamblerのかなふぁんがピアノ・コーラスで参加。またTHEラブ人間“晴子と龍平”にゲストボーカルとして加わるなど、表現も活躍の場も少しずつ幅が広がっている最中だ。

 

“双葉”は屈託のないハミングから始まり、バース部分の抑制した歌唱からリズムを落として叙情をにじませる。そしてブルージーなコード進行となり突き抜けるような地声と儚いファルセットを行き来しながら繰り返される「何かいいこと考えている」……聴いていて気持ちいい声とはこのことなんだという実感が続いて溺れそうになる、幸せな216秒間だ。一見スタイルが近そうなあいみょんやカネコアヤノや柴田聡子と比較しようにも、それだとなんだか魅力を言い当てられない気がする。しなやかなノリとうねりのある声そのものに特有のパワーを感じるのだ。すくすく育て!のびのびした歌を聴かせておくれ!(峯 大貴)


Apple Musicはこちら

A4.こんなかんじで / 平岡ひぃら

愛媛県生まれのソロアーティスト。近年ではシティポップとヒップホップを取り入れた音楽ユニットOffo tokyoのメインボーカルとしての活動も精力的だ。3月に発表されたソロ名義では約1年半ぶりの楽曲“Sun Goes Down”はYMBの宮本佳直からの提供。これがまたエレクトロサウンドを取り入れたグルーヴィーな楽曲で、Offo tokyo同様こちらでもクールなポップ歌手街道を邁進していくような印象を受けた。

 

しかし本曲“こんなかんじで”はまるでその対極。ギター・コーラスで参加している平松稜大(たけとんぼ)の詞曲ともあって、アコースティックギター主体の穏やかでいなたいフォークロックに仕上がっている。でもただブルージーで土臭い印象だけでもないのは、ひぃらのハスキーな色気があるボイスが乗るからこそ。まるで90年代の江口洋介のような爽やかな風が吹き抜ける。様々な取り組みを経たことで、本コンピレーションの第1弾に収録されていた“温温”の時よりも、彼の歌には多層的な表情が窺えるようになったと思う。(峯 大貴)


Apple Musicはこちら

A5.旅に出る / 路地

多摩田園都市を拠点に活動する5人組バンド、路地の“旅に出る”を聴いたときに思い起こしたのはHenry Manciniの“Moon River”である。フルートで導かれる幽玄なイントロがそれを思い起こさせたのかもしれないし、飯島梢(Vo / Fl)の透明感を持ちながらも低音域を響かせる歌声が映画『ティファニーで朝食を』で寂しげに歌う、Audrey Hepburn演じるHolly Golightlyを思い起こさせたのかもしれない。

 

だが本作と“Moon River”で一番共鳴しているのは「何事にもとらわれない生き方」を旅という形で歌にしているという点である。だれの指図も受けず、まだ見ぬ世界に流れ者が旅に出ていく“Moon River”の精神性は、〈いつかは何にでも きっと何にだってなれる/二つ目の月見え隠れする前に そっと旅に出る〉と歌うこの曲に引き継がれている。(マーガレット安井)

A6.冷めた熱 / モテギスミス

モテギスミスのソロ音源は、まるでバンド用のデモをそのままリリースしたのかと思うことがある。それは作りこみをせずに奏でられるアコースティックギターの音色や、宅録ならではの生々しくざらついた音響がそう思わせるのかもしれない。また『宅録集 ~犬になるまで~』の楽曲の大半や『FALL ASLEEP』に収録された“はりぼて”が後にモテギスミスバンドとして再録されたことからも、一部は事実なのだろう。

 

ただ本曲はそれとは違うように感じる。深くディレイのかかったサウンドや、水面に絵具を垂らしたかのような滲んだ声で冷淡と情熱を行き来するモテギのボーカリング。幾重にも連なった音像など、今までの彼女らしくない作りこまれた作品だ。またモテギスミスバンドではボーカルがしっかりと立った歌い方をしているのだが、本作ではサウンドに溶け込ますかのような歌い方をしている。そういう意味では今までのモテギの作品とは違った、新しい側面を見せてくれる曲がこの“冷ました熱”ではないだろうか。(マーガレット安井)

side B

B1.刺激的な昼下がり - Live / 岡林風穂

岐阜県多治見市を拠点とするシンガーソングライター岡林風穂。ANTENNAでレビューも掲載した3rdアルバム『刺激的な昼下がり』の表題曲のライブバージョンである。昨年、約半年に渡ってkiss the gamblerと行った全国ツアーの最終公演、甲府市〈桜座〉でのテイク。この日は本日休演の有泉慧(Ba)と、ラブワンダーランドを始めバンドだけではなくMV監督、映像作家としても活躍している小池茅(Dr)をサポートに迎えた3人編成で演奏されている。

 

穏やかなトーンで矢継ぎ早にユーモラスな言葉を繰り出していく語り口は立て板に水。特にこの楽曲は〈右と左のお箸が違う種類 間違ってても気づかないふり〉〈植物に水をやる霧吹きと同じ水で寝ぐせ直す〉など、ルーズな日常に張り巡らされたあるあるワンダーランドといった様相を呈している。サウンドにおいてはフォーキーな弾き語りであるはずが、この日の有泉、小池によってダブ風味のアレンジがされることで異質同体なゴキゲンソングに大きく様変わり。普段はテンションがあまり変わらない岡林の歌唱も演奏に乗じて、言葉尻でシャウトする場面も垣間見える貴重な音源だ。(峯 大貴)

B2.鳩の日曜日 / 鯉沼寿帆

曲作りとギターの弾き語りを始めたのは2021年。正式な音源はCD-Rと配信サービスで聴ける4曲のみと、今回の参加アーティストの中では最も新星と言えるだろう、鯉沼寿帆(こいぬまことほ)。

 

室内の空気をたっぷり含み、やわらかなリバーブがかった音像には、素朴な生活感とどことなく気品を感じさせる。ジャカジャカと鳴らされるコードバッキングは拙いところもあれど、冒頭やアウトロに入るアルペジオには不思議な余韻が残る響きを含ませている。そして溜息みたいに吐き出す歌声は伏し目がちで、憂愁と奥ゆかしさを秘めている。この曲で歌われる鳩とは何を表しているのだろう。群れを見つけた子どもが追い回している休日の家族の風景か。はたまた愛の象徴として焦がれる人への想いを託している様か。豊かな余白が儚くて美しい、本作の中でもとびきりに異彩を放っている楽曲だ。(峯 大貴)


Apple Musicはこちら

B3.日本の文化 / たけとんぼ

まるで『水曜日のダウンタウン』を見ているときのような、笑みを浮かべてしまった。平松稜大(Gt / Vo)と和泉眞生(Gt / Vo)のフォークバンドたけとんぼの“日本の文化”。〈ヒット曲はサビだけ聴いて/ドラマは倍速でオープニング飛ばして〉という歌い出しを聴いて、とにかく驚いた。平松稜大が書く詞は四季の情景を下地にしながら、日常と叙情を交錯させるイメージを持っていたので、まさかここまでシニカルな方向へぶっとんだ曲が出てくるとは思いもよらなかった。倍速視聴、タイムパフォーマンス志向、ファスト映画、Z世代のコンテンツ消費動向、それらを4分間で煮詰めたうえで、歌う当人はどこ吹く風のごとく軽やかに歌う。そしてそれを“日本の文化”と名づけるセンスたるや。

 

対象者に同調する、または否定する立場を取るのではなく、対象者から一歩引いた地点で問題視されていることを日常の出来事のようにして歌う。その構造は従来のお笑い番組をメタ的に取り扱い、笑いをとるスタンスの『水曜日のダウンタウン』と同じものを僕は感じた。平松稜大には藤井健太郎のような視点もあるのではないだろうか。(マーガレット安井)

B4.留守にする - 2022 ver. / 大山りょうとぎがもえか

なぜこの曲を改めて歌うのか。“留守にする”(2021年)という曲は70年代ニューミュージックを下地にしながら、コロナのせいで水槽の中にいるような息苦しい日々を、少しでも他人事として引き離そうとするために歌われた曲であった。今もこの状況は変わっていないから再びこの曲を歌おうとしたのか。いや、多分それは違う。

 

;”>今回の編成では、ぎがもえかの夫である大山りょう(Pf)が参加している。そのこともあってか落ち着きをもって、この曲に臨めているように感じる。以前のものと比べればわかるが、本作はかなりゆっくりと歌われている。それはまるでコロナ禍は変わっていない、でも私は落ち着きをもって現在と向き合えていると言っているかのように。世間では規制が緩和され、少しずつコロナと一緒に暮らすことが当たり前のような風潮に落ち着いてきている。そういう今の空気をこの曲は捉えているのかもしれない。(マーガレット安井)

B5.しゃららん - Live / シュウタネギと愉快なクルー

シュウタネギという人物は楽曲に「何者にも干渉されない自由さ」を求める人物である。彼のやっているラッキーセベン、WANG GUNG BAND、かつてのバレーボウイズだって、それぞれに細かな違いはあれど、本質的な部分は「自由さ」という1点に集約される。だからどの曲も、社会から断絶されたしがらみのない世界を作り出そうとしており、その点では小沢健二が提唱する「魔法的」を忠実に行っているアーティストの一人だともいえる。

 

この”しゃららん”もそうだ。思い起こすのはRichard Linklater(リチャード・リンクレイター)監督の『恋人までの距離』で描かれたYOU&Iの美しい世界。ただその幻想は〈僕らにかかった魔法は/午前3時まで〉と歌う以上、無限のものではない。だが、たったひとときであろうと真夜中の商店街をYOU&Iの美しい世界へと変化させる。そんな「魔法的」な部分こそシュウタネギが作り出すポップスの魅力なのである。(マーガレット安井)

Various Artists『FALL ASLEEP #3』

 

発売:2023年3月22日(水)
フォーマット:カセットテープ
価格:¥2,200(税込)

販売:https://neversleep.theshop.jp/items/72243134

 

収録曲

side A

1.Hello, Yellow Brick Road / アポンタイム

2.一杯分のコーヒー / Saboten Neon House

3.双葉 – 弾き語り / むらかみなぎさ

4.こんなかんじで / 平岡ひぃら

5.旅に出る / 路地

6.冷めた熱 / モテギスミス

 

side B

1.刺激的な昼下がり – Live / 岡林風穂

2.鳩の日曜日 / 鯉沼寿帆

3.日本の文化 / たけとんぼ

4.留守にする – 2022 ver. / ぎがもえか

5.しゃららん – Live / シュウタネギと愉快なクルー

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2024年4月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レ…
REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest …
INTERVIEW
孤独な青年の思春期が終わった、 LAIKA DAY DREAMなりのグランジ作品『Shun Ka S…
REVIEW
この先鋭的なバンドサウンドは、2020年代の京都音楽シーンを代表する-YUNOWA『Phantom』
INTERVIEW
Ribet townsは12人組プロジェクトチーム!? 現代社会を楽しく生き抜く処世術を歌う、新作に…
REVIEW
松井文『窓から』-歌い手としての自分を見つめ直した、3枚目の1stアルバム
REVIEW
畠山拓郎“September”-KANの遺伝子も感じるニューポップスターによるソウルバラード
REPORT
発令!アジアに向けた日本からの開国宣言-BiKN shibuya 2023 クロスレポートNo.1
INTERVIEW
「日本とアジアを混ぜっ返すんだ!」アジアン・ショーケース『BiKN shibuya』に至る衝動
REVIEW
劇伴音楽を経て、本格的にバンドとなったロマンたっぷりのロックサウンド-KiQ『空想』
INTERVIEW
「おせっかい」な京都のスタジオ、マザーシップ。エンジニア野村智仁が語る、人付きあいと音作り
REVIEW
Tocago『Wonder』- 沖ちづるの音楽にかける熱意に再び火が灯るまで
INTERVIEW
歌うたいは人たらし。小野雄大が仲間と共に自分の歌を見つけるまでの道程
COLUMN
〈Penguinmarket Records〉作品ガイド
INTERVIEW
「Music has no borders」を掲げ、京都から世界へ-Penguinmarket Re…
REVIEW
多様な可能性のごった煮状態という意味での“GUMBO”- 砂の壁『GUMBO』
INTERVIEW
ソー・バッド・レビューから続く道。 シンガーソングライター&ピアニスト / 翻訳家 チャールズ清水…
REPORT
『春一番 2023』後編 ー 平和を夢見る福岡風太が仕掛けた、音楽による革命の実験場
REPORT
『春一番 2023』前編 ー 「祝」でも「終」でもない、大阪名物野外コンサートのゆくえ
INTERVIEW
「大阪を代表するバンドになりたい」ショーウエムラ(アフターアワーズ)が語る、地元に育てられたバンドマ…
REVIEW
生活の設計『季節のつかまえ方』 ー 「自分の音楽ってこれかも!」と辿り着いた喫茶ロック作品
REVIEW
屋敷『仮眠』 – のんびりとした虚無感、幻想的だが後味の悪さもある、積層的なフォーク作品
REVIEW
幽体コミュニケーションズ『巡礼する季語』 – 言葉とサウンドをコラージュ的に組み合わせ、季節を描く京…
INTERVIEW
スーパーノアが語る、『ぬくもりはたしかに』に込めたリズムと歌の最適解
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2022-世田谷ほっつき歩き編
REVIEW
Eri Nagami『ど​ち​ら​か​と​い​う​と​そ​う​思​う(Moderately Agre…
REVIEW
岡林風穂『刺激的な昼下がり』 – 岐阜拠点のシンガーによる、こそばゆい刺激に惹きつけられる作品
REPORT
ボロフェスタ2022 Day4(11/6)- クリープハイプ、リベンジ。過去2年を取り戻す気概の最終…
INTERVIEW
マーライオン、変わる!-もっとみんなに喜ばれる音楽をつくるための模索と研鑽
INTERVIEW
生活は変われど、再び日々を鳴らし始めた路地の『KOURO』
REVIEW
ヨットヘヴン『健康快樂』 – 今を楽しく生きようとする生活者の歌
REVIEW
ガリザベン『ほっぺのかんじ』 – シャイとユーモア、関西に息づくブルースが香り立つうた
COLUMN
たけとんぼ 平松稜大・きむらさとしに影響を与えたアルバム5選
INTERVIEW
伝道と更新を目指すアコースティック・サウンド – たけとんぼインタビュー
REVIEW
kiss the gambler “ベルリンの森” – 自分の心の居場所はどこにある?
REVIEW
KiQ『FuU』ー多彩な仲間と共に漂着した、退屈な日々を彩るフォーク・ロック
INTERVIEW
音楽のアーキビスト、金野篤が体現する「売りたいモノは自分で作る」という生き方
REVIEW
kiss the gambler “台風のあとで” – 折り合いのつかない喪失感を歌う素直さに胸が打…
INTERVIEW
大石晴子が探る、これからの生きていく道とは ー『脈光』インタビュー&全曲解説
REVIEW
伏見◎Project “Dawn-town” – 京都伏見を冠するニュー・コンボによるムーディーな楽…
REVIEW
みらん『Ducky』 – 22歳の今しか表現できないことを歌っている、理想的なデビュー作
REVIEW
徳永憲『今バリアしてたもん』何重にもねじれたユーモアが満載、歌とアコギが主体の12作目
REVIEW
国でも建てるつもりなのか – グッナイ小形
REVIEW
NEKOSOGI – NEKOSOGI
REVIEW
たまき – 門脇沢庵
REVIEW
夢の日々 – ミチノヒ
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2021年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2021年の5曲 Part.1
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2021-武蔵野散歩編
REVIEW
FALL ASLEEP#2 全曲レビュー
INTERVIEW
ぶっちゃけ上京ってどう?-ベランダ×ギリシャラブ×Crispy Camera Club 京都発・東京…
INTERVIEW
いちやなぎとひらまつ-平成6年生まれ、ウマが合う歌い手の2人
COLUMN
「シーン」から「モード」に移ろいゆく – 京都音楽私的大全
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day3 – 2021.10.31
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day2 – 2021.10.30
COLUMN
“ニュー・ニート”ゆうやけしはすが目論む、ローカルから興すロック・ルネッサンス
INTERVIEW
グローバルな視野を持って、ローカルから発信するーリクオが『リクオ&ピアノ2』で打ち出す連帯の姿勢
REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて
INTERVIEW
みらんと話した日ー兵庫在住シンガー・ソングライターによる互いの気持ちを尊重する歌を探る
INTERVIEW
つくるひとが二人、はみ出す創作を語る-井戸健人×畠山健嗣 対談
REVIEW
秘密のミーニーズ – down in the valley
REVIEW
ラッキーオールドサン – うすらい
COLUMN
ご当地ソングからはみ出る方言詞|テーマで読み解く現代の歌詞
REVIEW
ベルマインツ – MOUNTAIN
INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』
INTERVIEW
シンガーソングライターという自覚の芽生え – ぎがもえかインタビュー
REVIEW
たけとんぼ – 春はまだか / 旅の前
REVIEW
いちやなぎ – album
REVIEW
ショーウエムラ – 大阪の犬
INTERVIEW
2020年をポジティブに転化するために - 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)が語る新作『ハビタブ…
REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる
COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
ザ・ディランⅡ – きのうの思い出に別れをつげるんだもの
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
INTERVIEW
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
原田知世 – music & me
REVIEW
Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年4月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…