REVIEW
健康快樂
ヨットヘヴン
MUSIC 2022.09.19 Written By 峯 大貴

今を楽しく生きようとする生活者の歌

安延沙希子(以下、さっちゃん)の歌は彼女にしか出せない味わいがある。声色はほんのりマット。メロディに沿った言葉の尾っぽは時折揺らぎ、鼻濁音をたっぷり含みながらも、腹の底から突き上げるような力強さも感じることができる。

 

THE FOWLSのギターボーカルとして活動しながら、2021年には音楽仲間や友人を大勢集めた「さっちゃん&さっちゃんオールスターズ」名義でソロならぬファミリー作品『シャツを着て』を発表。今年リリースされた たけとんぼのアルバムにも“風と首飾り”を提供するなど、シンガーソングライターとして多彩な活動を行なっている。

そんな彼女のもう一つのバンドが2020年4月から活動開始したヨットヘヴンだ。当時一時休止状態だったポップバンド 路地のメンバー、久保田敦(Gt / 以下、のすけ)、高橋鐘(Ba)、大橋想※(Dr)の3人が、さっちゃんとLo-Fi Club Orchestraの藤木コージ(Key)を誘うことで結成。2020~2021年にかけて5曲の配信シングルを発表してきたが、遂に1stアルバムが完成となった。

※2021年、路地・ヨットヘヴン共に脱退。現在はラッパーLaundryとしてNelkoで活動中。

さっちゃんが6曲、のすけが4曲を持ちより、のすけのリードギターを主体としたシンプルなバンドアレンジで仕上げられた全10曲が収録。M5“きっとさ”のアウトロに飛び込む、それまでの軽快な曲調とは相対するヘビーな音の洪水や、M7“手のなか”冒頭のゴスペルパートなど、時折飛び道具的なアイデアが出てくるのも楽しい。ミックス、マスタリングまで手掛けている藤木の功績も大きく、メランコリックなシンセフレーズと、チリチリとざらついた音の質感は、記憶の時系列を可逆的に駆動させる磁気記録テープのようで、軽やかなのにどこか物憂げという本作に通底したトーンを敷いている。

 

歌詞に目を向けると、結成直後から断続的に発表してきたシングル5曲(M2“とつとつと”、M7“手のなか”、M8“しみ込むのは、泪のかわり”、M9“グッタイムミュージック”、M10“浪漫飛行”)は音楽の楽しさを噛みしめたり、比較的あっけらかんとしたテイストのものが多かった。一方5つの新曲(ドラムはTHE FOWLSの岡田悠也が担当)もその傾向にさほど変わりはないのだが、日々を送ることの簡単ではなさ-厳しさ、貧しさというほどではないが確実に自覚しつつある持続的な痛み-を前提とした表現に感じる。

「錆びついた感覚に 怒れどもぬかに釘 / 闇雲に外出ると赤鬼に食べられる」

「いま この先も間違いは続く / 海を山を越え終わりなどない」(M1“毎日がサンドイッチ” さっちゃん作詞)

 

「不確かな示唆 誰のせいなんかじゃない すこやかな嘘 やけに口に残る」(M5“きっとさ” のすけ作詞)

いずれも日常のある瞬間や、情熱を燃やすさまについて歌われているが、それは各々の境遇で打ちひしがれたり、出口のなさや徒労感に苛まれる時と表裏一体なのである。そんな今自分が生きている社会と相対化した視点が含まれているのだ。ここがヨットヘヴンのいわゆる「何気ない日常を描いた音楽」とは一線を画した部分であるが、その視点自体をテーマとするような作為は全くない。だから結果としてコロナ禍以降の生活者の心持ちを、ただただピュアに映した歌になっている。

 

特にさっちゃんの楽曲は童話のような表現を用いつつ「それでも今を楽しく生きること」を豊かに描こうとする姿勢を強く感じる。M4“ブリキの宇宙船”なんてその真骨頂で、100年先の宇宙に想いを馳せるSFチックな情景なのに、ぶわっと立ち込めてくる生活の匂い。cero “Orphans”(2014年)や、折坂悠太がのろしレコードで発表した“コールドスリープ”(2019年)にも連なる、地に足をつけたまま思考がつかの間の逃避行をする歌なのだ。しゃくりあげるようなさっちゃんの歌唱も相まって、胸がえぐられるほどのセンチメンタリズムを放っている名曲である。

 

 

『健康快樂』というタイトルが表す通り、「どんなことがあっても健康だけは大事にね」「楽しいこともしないと心が死んじゃうよ」と、さっちゃんに話しかけられているような気分になる作品だ。最後に本筋からは少し離れてしまうが、楽曲の人柄や情景の解像度が上がるような食べ物の扱い方も魅力の一つだということを言っておきたい。M10“浪漫飛行”に登場する「ソーメン 唐揚げ付き」や「太巻き」が醸す日常の風景。そしてM1“毎日がサンドイッチ”を締めくくる「とろけたバターに勝るものはない」というフレーズのなんてハッピーなことか!


Apple Musicはこちら

健康快樂

 

アーティスト:ヨットヘヴン
仕様:デジタル
リリース:2022年9月14日
レーベル:FRIENDSHIP.

 

収録曲

1.毎日がサンドイッチ
2.とつとつと
3.100日ちょっとの
4.ブリキの宇宙船
5.きっとさ
6.風街ブルース
7.手のなか
8.しみ込むのは、泪のかわり
9.グッタイムミュージック
10.浪漫飛行

 

配信リンク:https://friendship.lnk.to/Healthyandhappy

ヨットヘヴン

 

岡田悠也(Dr / サポート)、高橋鐘(Ba)、安延沙希子(Vo / Gt)、久保田敦(Gt)、藤木コージ(Key)

 

Twitter:https://twitter.com/YachtHeaven
Instagram:https://www.instagram.com/yacht.heaven/

WRITER

RECENT POST

REVIEW
ガリザベン『ほっぺのかんじ』 – シャイとユーモア、関西に息づくブルースが香り立つうた
COLUMN
たけとんぼ 平松稜大・きむらさとしに影響を与えたアルバム5選
INTERVIEW
伝道と更新を目指すアコースティック・サウンド – たけとんぼインタビュー
REVIEW
kiss the gambler “ベルリンの森” – 自分の心の居場所はどこにある?
REVIEW
KiQ『FuU』ー多彩な仲間と共に漂着した、退屈な日々を彩るフォーク・ロック
INTERVIEW
音楽のアーキビスト、金野篤が体現する「売りたいモノは自分で作る」という生き方
REVIEW
kiss the gambler “台風のあとで” – 折り合いのつかない喪失感を歌う素直さに胸が打…
INTERVIEW
大石晴子が探る、これからの生きていく道とは ー『脈光』インタビュー&全曲解説
REVIEW
伏見◎Project “Dawn-town” – 京都伏見を冠するニュー・コンボによるムーディーな楽…
REVIEW
みらん『Ducky』 – 22歳の今しか表現できないことを歌っている、理想的なデビュー作
REVIEW
徳永憲『今バリアしてたもん』何重にもねじれたユーモアが満載、歌とアコギが主体の12作目
REVIEW
国でも建てるつもりなのか – グッナイ小形
REVIEW
NEKOSOGI – NEKOSOGI
REVIEW
たまき – 門脇沢庵
REVIEW
夢の日々 – ミチノヒ
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2021年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2021年の5曲 Part.1
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2021-武蔵野散歩編
REVIEW
FALL ASLEEP#2 全曲レビュー
INTERVIEW
ぶっちゃけ上京ってどう?-ベランダ×ギリシャラブ×Crispy Camera Club 京都発・東京…
INTERVIEW
いちやなぎとひらまつ-平成6年生まれ、ウマが合う歌い手の2人
COLUMN
「シーン」から「モード」に移ろいゆく – 京都音楽私的大全
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day3 – 2021.10.31
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day2 – 2021.10.30
COLUMN
“ニュー・ニート”ゆうやけしはすが目論む、ローカルから興すロック・ルネッサンス
INTERVIEW
グローバルな視野を持って、ローカルから発信するーリクオが『リクオ&ピアノ2』で打ち出す連帯の姿勢
REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて
INTERVIEW
みらんと話した日ー兵庫在住シンガー・ソングライターによる互いの気持ちを尊重する歌を探る
INTERVIEW
つくるひとが二人、はみ出す創作を語る-井戸健人×畠山健嗣 対談
REVIEW
秘密のミーニーズ – down in the valley
REVIEW
ラッキーオールドサン – うすらい
COLUMN
ご当地ソングからはみ出る方言詞|テーマで読み解く現代の歌詞
REVIEW
ベルマインツ – MOUNTAIN
INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』
INTERVIEW
シンガーソングライターという自覚の芽生え – ぎがもえかインタビュー
REVIEW
たけとんぼ – 春はまだか / 旅の前
REVIEW
いちやなぎ – album
REVIEW
ショーウエムラ – 大阪の犬
INTERVIEW
2020年をポジティブに転化するために - 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)が語る新作『ハビタブ…
REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる
COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
ザ・ディランⅡ – きのうの思い出に別れをつげるんだもの
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
原田知世 – music & me
REVIEW
Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
ズカイ『ちゃちな夢中をくぐるのさ』 – ネガティブなあまのじゃくが歌う「今日を生きて」

まず16曲入りという点がいい。キレイにまとめるよりも、言いたいことをすべて言うその姿勢は、ズカイの集…

REVIEW
帝国喫茶『帝国喫茶』 – 三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春

三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春 三者…

REVIEW
ヨットヘヴン『健康快樂』 – 今を楽しく生きようとする生活者の歌

安延沙希子(以下、さっちゃん)の歌は彼女にしか出せない味わいがある。声色はほんのりマット。メロディに…

INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAMIS。1stフルアルバム『FUTURES』インタビュー

ELLEGARDENが16年振りの新曲をリリースして世間を騒がせていた2022年9月、エルレ全盛期に…