REVIEW
夢の日々
ミチノヒ
MUSIC 2022.01.24 Written By 峯 大貴

痛くて優しい夢のような日々の轍

北海道出身のシンガー・ソングライターである古宮夏希(Vo / Gt)の歌で描かれていることの多くは、何かが起きたり、感情が揺れ動いた瞬間ではなく、全てが過ぎ去って一人になったときにふと沸き上がった、自制しようもない思考だ。宙に浮かばせておくには忍びないから歌にしたというような、正直さと甲斐甲斐しさがある。一晩寝たら、忘れられるというのに。また厄介なのがうまくいっている最中でも、このあと雲行きが怪しくなる時のことを予見してしまうことだ。そんなときくらい手放しで楽しんでいればいいのに。

 

この古宮の誠実でちょっと不器用な心情が表れた、フォーキーで字余り気味な歌は以前活動していたバンド古宮夏希&コークスが燃えている!(2008~2014年)の頃から貫かれているスタイルだ。そして東京を拠点に2014年から活動しているミチノヒにおいては、平井正也BAND、Makisi、ド真ん中ズンにも在籍する鈴木亜沙美(Dr / Cho)と、壊れかけのテープレコーダーズ、Have a Nice Day!のメンバーでもあり4月にはソロアルバムのリリースも控えている遊佐春菜(Key / Cho)という盟友二人と共に、彼女の歌の特性を肯定していくことを命題にしたバンドだと筆者は捉えている。この心の奥深くに沈殿している厄介な感情が手に取るようにわかるのだ。わかってしまうから、この3人の音楽はとても優しく響いてくる。

彼女たちの3年半ぶり3作目のアルバム『夢の日々』には、「ぼく」が「きみ」との心の距離について蛇行しながら思考した日々の轍みたいな楽曲たちが収められている。ときに愛おしく思ったり、ときに寂しがったり、振り回されたり、決別したり、でも酔っぱらってはまた懐かしんだり……。前作『but to do』(2018年)では〈何をどう言い間違っていたって 繋がっていることを信じているんだ〉(“窓の外の光と闇”)となけなしの希望と熱量を勢いで貫き通す場面もあった。しかし本作では揺らぐ自分の心の動きそのものにも、〈同じところを 行ったり来たりしているだけだ〉(M3“同じところ”)と冷静な眼差しを向けている。また〈すべては いつだって ここにあるだけ〉(M2“ロックンロール”)と掌中の現実を見据えながら、ただぼんやりとひとりで日常を漂泊しているようなトーンが通底している。

サウンドにおいては遊佐のシンセによるベースフレーズが引っ張るM3“同じところ”や、リズム&ブルース風味のM9“夜の中を歩く”などの変化球もあるが、あくまで古宮の歌をしみじみと味わえる3人だけのアンサンブルだ。最小限で構成された美しさが際立つ音像においてはエンジニアの中村宗一郎(PEACE MUSIC)による尽力も大きいだろう。また7曲目“高鳴り”は古宮のリーディングによるアコースティックギター弾き語りの小曲。これまで大半の楽曲が3分台に収まっていた中、4分台の楽曲が3曲あり、加えて全13曲という(ミチノヒにとっては)ボリューミーな大作となった。そこをこの曲がA / B面と分ける役割を果たすことで、余韻は残るが歯切れよいポップ・アルバムであることをたらしめている。

 

そして3人のコーラスワークが美しいM12“夢”と、タイトル曲M13“夢の日々”が連なって終わりを迎える。本作での「ぼく」が何度も夢を見ようとするのは、同時に現実では叶わないとどこかでわかっているからだ。わかっているのに、やっぱり思考は巡るから歌にせざるを得ないのだ。そんな日々を肯定してくれるミチノヒの音楽はたまらなく痛くて、いつも優しい。


Apple Musicはこちら

夢の日々

 

発売:2022年1月19日(水)

フォーマット:CD

価格:¥2,300(税抜)

 

収録曲

1. 秘密
2. ロックンロール
3. 同じところ
4. 天気雨
5. 好きだった きみのこと
6. この夜に
7. 高鳴り
8. 春とアルコール
9. 夜の中を歩く
10. 353
11. 夕闇
12. 夢
13. 夢の日々

 

ミチノヒ are

古宮夏希 Vocal,Electric Guitar,Acoustic Guitar,Chorus

鈴木亜沙美 Drums,Percussion,Chorus

遊佐春菜 Keyboard,Electric Piano,Chorus

 

All songs written by 古宮夏希

Arranged by ミチノヒ

 

Recorded June-July,2021 at PEACE MUSIC

Recording,Mixing,Mastering engineer 中村宗一郎(PEACE MUSIC)

Photographer 二宮ユーキ

Design 古宮夏希&ヒライユミコ(nelco)

ミチノヒ

 

2014年東京にて結成。古宮夏希(Vo / Gt)、鈴木亜沙美(Dr)、遊佐春菜(Key)から成る女性3ピースロックバンド。
文学的な歌詞をブルージーに歌うボーカル、エレキベースレスの楽器編成から生まれる独特な楽曲アレンジで、独自のフォークロックスタイルを提案し続けている。

2016年10月、1stアルバム『この情けなさを最後に』を発表。
2018年6月、なりすレコードより7インチシングル『青い空/夕暮れ』を発表。
2018年7月、2ndアルバム『but to do』を発表。ジャケット画は、奈良美智による描き下ろし作品。
2021年1月、3ndアルバム『夢の日々』を発表。
自主企画『ミチノヒのひ』を定期的に開催中。

 

Webサイト:https://www.sorachirecords.net/

Twitter:https://twitter.com/sorachi_records

WRITER

RECENT POST

REVIEW
岡林風穂『刺激的な昼下がり』 – 岐阜拠点のシンガーによる、こそばゆい刺激に惹きつけられる作品
REPORT
ボロフェスタ2022 Day4(11/6)- クリープハイプ、リベンジ。過去2年を取り戻す気概の最終…
INTERVIEW
マーライオン、変わる!-もっとみんなに喜ばれる音楽をつくるための模索と研鑽
INTERVIEW
生活は変われど、再び日々を鳴らし始めた路地の『KOURO』
REVIEW
ヨットヘヴン『健康快樂』 – 今を楽しく生きようとする生活者の歌
REVIEW
ガリザベン『ほっぺのかんじ』 – シャイとユーモア、関西に息づくブルースが香り立つうた
COLUMN
たけとんぼ 平松稜大・きむらさとしに影響を与えたアルバム5選
INTERVIEW
伝道と更新を目指すアコースティック・サウンド – たけとんぼインタビュー
REVIEW
kiss the gambler “ベルリンの森” – 自分の心の居場所はどこにある?
REVIEW
KiQ『FuU』ー多彩な仲間と共に漂着した、退屈な日々を彩るフォーク・ロック
INTERVIEW
音楽のアーキビスト、金野篤が体現する「売りたいモノは自分で作る」という生き方
REVIEW
kiss the gambler “台風のあとで” – 折り合いのつかない喪失感を歌う素直さに胸が打…
INTERVIEW
大石晴子が探る、これからの生きていく道とは ー『脈光』インタビュー&全曲解説
REVIEW
伏見◎Project “Dawn-town” – 京都伏見を冠するニュー・コンボによるムーディーな楽…
REVIEW
みらん『Ducky』 – 22歳の今しか表現できないことを歌っている、理想的なデビュー作
REVIEW
徳永憲『今バリアしてたもん』何重にもねじれたユーモアが満載、歌とアコギが主体の12作目
REVIEW
国でも建てるつもりなのか – グッナイ小形
REVIEW
NEKOSOGI – NEKOSOGI
REVIEW
たまき – 門脇沢庵
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2021年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2021年の5曲 Part.1
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2021-武蔵野散歩編
REVIEW
FALL ASLEEP#2 全曲レビュー
INTERVIEW
ぶっちゃけ上京ってどう?-ベランダ×ギリシャラブ×Crispy Camera Club 京都発・東京…
INTERVIEW
いちやなぎとひらまつ-平成6年生まれ、ウマが合う歌い手の2人
COLUMN
「シーン」から「モード」に移ろいゆく – 京都音楽私的大全
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day3 – 2021.10.31
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day2 – 2021.10.30
COLUMN
“ニュー・ニート”ゆうやけしはすが目論む、ローカルから興すロック・ルネッサンス
INTERVIEW
グローバルな視野を持って、ローカルから発信するーリクオが『リクオ&ピアノ2』で打ち出す連帯の姿勢
REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて
INTERVIEW
みらんと話した日ー兵庫在住シンガー・ソングライターによる互いの気持ちを尊重する歌を探る
INTERVIEW
つくるひとが二人、はみ出す創作を語る-井戸健人×畠山健嗣 対談
REVIEW
秘密のミーニーズ – down in the valley
REVIEW
ラッキーオールドサン – うすらい
COLUMN
ご当地ソングからはみ出る方言詞|テーマで読み解く現代の歌詞
REVIEW
ベルマインツ – MOUNTAIN
INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』
INTERVIEW
シンガーソングライターという自覚の芽生え – ぎがもえかインタビュー
REVIEW
たけとんぼ – 春はまだか / 旅の前
REVIEW
いちやなぎ – album
REVIEW
ショーウエムラ – 大阪の犬
INTERVIEW
2020年をポジティブに転化するために - 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)が語る新作『ハビタブ…
REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる
COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
ザ・ディランⅡ – きのうの思い出に別れをつげるんだもの
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
原田知世 – music & me
REVIEW
Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

COLUMN
ANTENNA Writer’s Voice #1

ANTENNAライター陣の近頃おもしろかったもの・ことを週替わりでざっくばらんに紹介する、『ANTE…

REVIEW
岡林風穂『刺激的な昼下がり』 – 岐阜拠点のシンガーによる、こそばゆい刺激に惹きつけられる作品

岐阜県多治見市を拠点とするシンガーソングライター岡林風穂(かざほ)。活動開始は2018年頃ということ…

COLUMN
【2022年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2022年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REPORT
ボロフェスタ2022 Day4(11/6)- クリープハイプ、リベンジ。過去2年を取り戻す気概の最終日

〈KBSホール〉を訪れるのは昨年の本イベント以来ちょうど1年ぶり。観客として、もはや秋の恒例行事とな…