REVIEW
空想
KiQ
MUSIC 2023.10.15 Written By 峯 大貴

劇伴音楽を経て、本格的にバンドとなったロマンたっぷりのロックサウンド

今、聴いてもKiQの1stアルバム『FuU』(2022年)は変なアルバムだった。首謀者やまのは(Vo / Gt)のぼそぼそと虚ろな歌声が全編を覆っているのに、サウンドとしては陰鬱でシンガーソングライター的なアシッド・フォークもあれば、バンドメンバーを獲得した喜びに満ちた快楽的なサイケやレゲエもある。両極端な上にそこに対する意味や意図は排されており、挙句の果てにユーモアだけがゾンビとなり果てて、踊り、歌い狂っているのだ。あたちぱ、あたちぱ、あたちぱ………と。

“Stories feat.白と枝”、“あたちぱ”(1stアルバム『FuU』収録曲)

なにも目指してもないし、どこに行っても構わないという完全無欠の浮遊(FuU)状態。だがそれも無理はない。やまのはの前バンドである余命百年の末期から、解散してソロの弾き語り時代、そして再び4人編成と、形を変えていった混沌の時代を、混沌としたまま1stアルバムに収めたまでのことだ。ここにやまのはという音楽家の露悪的なまでの正直さと人懐っこさがある。

 

だからこそ今回のメンバー4人全員がジャケットに映されたEP『空想』には驚いた。1曲目“僕の家”の冒頭、Badfingerの“No Matter What(嵐の恋)”やOasis “Some Might Say”を彷彿するブリティッシュなギターフレーズから、明確に今までとは異なる意図を感じる。バンド内の高いテンションと、どんなアイデアもポップなものに昇華してやろうという開放的なクリエイティビティが反映された、一心不乱に真っすぐギターロックへと向かった作品。いや、今日珍しいグラムロック作品と呼んでも遜色ないサウンドに発展している。

“僕の家” “Boys” “グリーンマン” ライブ映像

この狙いを定めた制作に至るには、『FuU』リリース後しばらく、猪股和磨監督の映画作品『よっす、おまたせ、じゃあまたね。』の音楽制作に着手したことも大きいだろう。青くていなたいロードムービーである映画のストーリーに寄り添って、4人で作曲をしたという経験がKiQを「やまのはを中心とする4人」からバンドにした。もっとも礒部智(Ba / Tocago、Puné Loi、ayU tokiO)、照沼光星(Dr、Per / jan and naomi、GOD、下津光史 & THE STRANGE FOLKS、カネコアヤノなど)、三ッ野大貴(Gt / Magical Lizzy Band)と多方面で活躍しているメンバー揃いだ。遅かれ早かれではあるが、ようやく全員の実力がフラットに発揮できる状態になったというべきだろう。実際、今回の『空想』から作曲のクレジットが、やまのは単独からKiQになっている。

“Boys”(映画『よっす、おまたせ、じゃあまたね。』オープニング曲)

本作の歌詞においては「忘れない忘れた事 変わらない変わってる人 古くても新しい事ばかりさ」(“グリーンマン”)など、背反した事象に共通部分を見出そうとする箇所が随所に表れるのも特筆すべき点だ。特に唯一やまのはの弾き語り的色合いを残している最終曲“掃除”でさりげなく歌われる「一生残る一瞬を求めて 描く地平線 目の前」に溢れ出るロマンティシズムっぷりよ。未来に期待もしていないが、うだつのあがらぬ過去よりマシと言わんばかり。大半はジャムセッションを主体に構築していったかと思しき、リフ主体の楽曲が並んでいることも含めて、今のバンドの充足感がキャプチャされているところが最大の魅力だ。

 

現在、徐々に忍び寄っている「バンドってやっぱりいいかもしれない」という潮流とも呼応。国内においては以前レビューで取り上げた、ベースの磯部も所属する、沖ちづるが新たに組んだTocagoとも合わせて注視していきたいところだ。やまのはは単に浮遊を続ける音楽家ではない。時代を見ながらバンドプロジェクトを推進していくしたたかな側面も表れ出している。


Apple Musicはこちら

空想

 

アーティスト:KiQ
仕様:CD / デジタル
発売:2020年9月20日
価格:¥3,000(税込)※特別仕様ZINE+CD
配信リンク:https://friendship.lnk.to/Fantasia

 

収録曲

1.僕の家
2.グリーンマン
3.サラケヨ
4.地底人
5.花
6.掃除

KiQ

 

やまのは(Vo / Gt)
礒部智(Ba)
照沼光星(Dr)
三ッ野大貴(Gt)

 

KiQ(ききゅう)は2021年に結成されたロックバンド。
サイケデリックロックやアシッドフォークに影響されたやまのは(Vo / Gt)の楽曲に、メンバーそれぞれが違うロックの感性を持ち寄り組み合わせた音楽性が特徴。
読み物としての「詩」を意識した日本語の歌詞も評価されている。
2022年4月に1stシングル『あたちぱ』を本秀康が主催する《雷音レコード》より発売。
同年5月には1stフルアルバム『FuU』を自主レーベル《mimikaki DISK》より発売。
同年6月に渋谷WWWでのワンマンライブを開催し盛況に終える。

2023年には主題歌、全劇伴を担当した映画『よっす、おまたせ、じゃあまたね。』が全国公開され、映画祭『MOOSIC LAB 2023』にてベストミュージシャン賞を受賞。
同年7月に劇中のオープニングテーマに起用された“Boys”が7インチシングルで雷音レコードより発売。
同年9月に6曲入EP『空想』をCD&デジタルでリリース。

 

X(旧Twitter):https://twitter.com/KiQ_music
Instagram:https://www.instagram.com/kiq_music/

WRITER

RECENT POST

REPORT
発令!アジアに向けた日本からの開国宣言-BiKN shibuya 2023 クロスレポートNo.1
INTERVIEW
「日本とアジアを混ぜっ返すんだ!」アジアン・ショーケース『BiKN shibuya』に至る衝動
INTERVIEW
「おせっかい」な京都のスタジオ、マザーシップ。エンジニア野村智仁が語る、人付きあいと音作り
REVIEW
Tocago『Wonder』- 沖ちづるの音楽にかける熱意に再び火が灯るまで
INTERVIEW
歌うたいは人たらし。小野雄大が仲間と共に自分の歌を見つけるまでの道程
COLUMN
〈Penguinmarket Records〉作品ガイド
INTERVIEW
「Music has no borders」を掲げ、京都から世界へ-Penguinmarket Re…
REVIEW
多様な可能性のごった煮状態という意味での“GUMBO”- 砂の壁『GUMBO』
INTERVIEW
ソー・バッド・レビューから続く道。 シンガーソングライター&ピアニスト / 翻訳家 チャールズ清水…
REPORT
『春一番 2023』後編 ー 平和を夢見る福岡風太が仕掛けた、音楽による革命の実験場
REPORT
『春一番 2023』前編 ー 「祝」でも「終」でもない、大阪名物野外コンサートのゆくえ
INTERVIEW
「大阪を代表するバンドになりたい」ショーウエムラ(アフターアワーズ)が語る、地元に育てられたバンドマ…
REVIEW
生活の設計『季節のつかまえ方』 ー 「自分の音楽ってこれかも!」と辿り着いた喫茶ロック作品
REVIEW
屋敷『仮眠』 – のんびりとした虚無感、幻想的だが後味の悪さもある、積層的なフォーク作品
REVIEW
FALL ASLEEP#3 全曲レビュー
REVIEW
幽体コミュニケーションズ『巡礼する季語』 – 言葉とサウンドをコラージュ的に組み合わせ、季節を描く京…
INTERVIEW
スーパーノアが語る、『ぬくもりはたしかに』に込めたリズムと歌の最適解
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2022-世田谷ほっつき歩き編
REVIEW
Eri Nagami『ど​ち​ら​か​と​い​う​と​そ​う​思​う(Moderately Agre…
REVIEW
岡林風穂『刺激的な昼下がり』 – 岐阜拠点のシンガーによる、こそばゆい刺激に惹きつけられる作品
REPORT
ボロフェスタ2022 Day4(11/6)- クリープハイプ、リベンジ。過去2年を取り戻す気概の最終…
INTERVIEW
マーライオン、変わる!-もっとみんなに喜ばれる音楽をつくるための模索と研鑽
INTERVIEW
生活は変われど、再び日々を鳴らし始めた路地の『KOURO』
REVIEW
ヨットヘヴン『健康快樂』 – 今を楽しく生きようとする生活者の歌
REVIEW
ガリザベン『ほっぺのかんじ』 – シャイとユーモア、関西に息づくブルースが香り立つうた
COLUMN
たけとんぼ 平松稜大・きむらさとしに影響を与えたアルバム5選
INTERVIEW
伝道と更新を目指すアコースティック・サウンド – たけとんぼインタビュー
REVIEW
kiss the gambler “ベルリンの森” – 自分の心の居場所はどこにある?
REVIEW
KiQ『FuU』ー多彩な仲間と共に漂着した、退屈な日々を彩るフォーク・ロック
INTERVIEW
音楽のアーキビスト、金野篤が体現する「売りたいモノは自分で作る」という生き方
REVIEW
kiss the gambler “台風のあとで” – 折り合いのつかない喪失感を歌う素直さに胸が打…
INTERVIEW
大石晴子が探る、これからの生きていく道とは ー『脈光』インタビュー&全曲解説
REVIEW
伏見◎Project “Dawn-town” – 京都伏見を冠するニュー・コンボによるムーディーな楽…
REVIEW
みらん『Ducky』 – 22歳の今しか表現できないことを歌っている、理想的なデビュー作
REVIEW
徳永憲『今バリアしてたもん』何重にもねじれたユーモアが満載、歌とアコギが主体の12作目
REVIEW
国でも建てるつもりなのか – グッナイ小形
REVIEW
NEKOSOGI – NEKOSOGI
REVIEW
たまき – 門脇沢庵
REVIEW
夢の日々 – ミチノヒ
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2021年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2021年の5曲 Part.1
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2021-武蔵野散歩編
REVIEW
FALL ASLEEP#2 全曲レビュー
INTERVIEW
ぶっちゃけ上京ってどう?-ベランダ×ギリシャラブ×Crispy Camera Club 京都発・東京…
INTERVIEW
いちやなぎとひらまつ-平成6年生まれ、ウマが合う歌い手の2人
COLUMN
「シーン」から「モード」に移ろいゆく – 京都音楽私的大全
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day3 – 2021.10.31
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day2 – 2021.10.30
COLUMN
“ニュー・ニート”ゆうやけしはすが目論む、ローカルから興すロック・ルネッサンス
INTERVIEW
グローバルな視野を持って、ローカルから発信するーリクオが『リクオ&ピアノ2』で打ち出す連帯の姿勢
REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて
INTERVIEW
みらんと話した日ー兵庫在住シンガー・ソングライターによる互いの気持ちを尊重する歌を探る
INTERVIEW
つくるひとが二人、はみ出す創作を語る-井戸健人×畠山健嗣 対談
REVIEW
秘密のミーニーズ – down in the valley
REVIEW
ラッキーオールドサン – うすらい
COLUMN
ご当地ソングからはみ出る方言詞|テーマで読み解く現代の歌詞
REVIEW
ベルマインツ – MOUNTAIN
INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』
INTERVIEW
シンガーソングライターという自覚の芽生え – ぎがもえかインタビュー
REVIEW
たけとんぼ – 春はまだか / 旅の前
REVIEW
いちやなぎ – album
REVIEW
ショーウエムラ – 大阪の犬
INTERVIEW
2020年をポジティブに転化するために - 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)が語る新作『ハビタブ…
REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる
COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
ザ・ディランⅡ – きのうの思い出に別れをつげるんだもの
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
INTERVIEW
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
原田知世 – music & me
REVIEW
Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

REPORT
余暇の別府を満喫する、ユニバーサル観光×クリエイティブ -『おんせん都市型音楽祭 いい湯だな!』イベントレポート

10月28日(土)に大分県別府市の繁華街・別府北浜の4会場で初開催された、サーキットフェス『おんせん…

REPORT
2日目の『京都音博』に感じた“らしさ”の理由 -『京都音楽博覧会2023』ライブレポートDay2

昨日の雨から曇りへと空模様も変わり、初めての2日目を迎えた17回目となるくるり主催の『京都音楽博覧会…

REPORT
邂逅の先に芽吹いた、 新しい景色-『京都音楽博覧会2023』ライブレポートDay1

「すごいぞ、くるり」。この名キャッチフレーズで1999年に1stアルバム『さよならストレンジャー』を…

REPORT
アジアからの未知なる音楽にリスナーは何を求めているのか-BiKN shibuya 2023 クロスレポートNo.2

この世のものとは思えない、Stars and Rabbitのエネルギー …

REPORT
発令!アジアに向けた日本からの開国宣言-BiKN shibuya 2023 クロスレポートNo.1

今回が初回の開催となった『BiKN』だが、このフェスティバルを立ち上げた経緯については、開催前に公開…