REVIEW
今バリアしてたもん
徳永憲
MUSIC 2022.03.19 Written By 峯 大貴

何重にもねじれたユーモアが満載、歌とアコギが主体の12作目

まったく徳永憲というシンガー・ソングライターには粛々という言葉がよく似合う。1998年のデビューから24年。その間必ず2~3年に一作はアルバムを発表してきた。囁くような声だが言葉一つひとつが際立って響く歌唱、他の誰も歌っていないだろう言葉選びやシチュエーションが満載の歌詞、変則チューニングを多用した柔軟な作曲・アレンジなど、彼から生まれるポップ・ソングはいずれも記名性が強いものだ。しかし強烈な個性があるというより、特定の印象に規定されることを周到に避けようとする、審美眼が冴えわたっているのだと思う。またベテランなりの職人的な部分と未だに純朴な少年みたいな部分が常に行き来しているところや、視点の置き方が常にフラットに傍観していることも伴って、他にはない不穏さと浮遊感が漂っている。

約2年ぶりとなる本作は12枚目のフルアルバム。全ての演奏からミックスまでを徳永が一人で行っており、マスタリングは京都〈マザーシップスタジオ〉の野村智仁が手掛けている。前作『牙に見えたよ、君のストロー』(2020年)ではギター・ポップからの影響を率直に表したが、その揺り戻しとコロナ禍での制作ともあってアコースティック・ギター弾き語りを軸としたプリミティブな作品となった。だから前作の印象と地続きに本作を聴き始めると、冒頭の“あたためたよ、ベンチ”から一人輪唱という見事な先制パンチを喰らうだろう。この曲を筆頭に“ひとくちちょうだい”、“ターゲットと呼ばれて”など多重コーラスが肝の曲も多く、幻惑的なアシッド・フォーク作品と捉えることもできる。また恋をして足がつってしまった“恋のこむらがえり”、二人で腕を組むことを肘鉄と捉える“肘鉄”、様々な事象に存在している紐について歌った“紐”など、普遍的な状況に対するフォーカスの仕方でひねりを加える情景描写もたまらない。

しかし表題曲“今バリアしてたもん”では一転、通底している客観視点からはみ出した、確かな主張が見られる。

欲にまみれた奴らに屈服はしないよ
ずるい奴ほど恫喝するからよく見とけ
綺麗事を言う奴はいとも簡単に裏切るぞ
僕は決して奴らに魂を売りはしない

語気こそ強いがここで異を示しているのはむしろ物事の良し悪しを一義的な尺度で判断したり、周りを丸め込もうとする態度だとすると、やはり一貫している。でもこの偏った加担からの抵抗宣言だって、たまらず直後に「今バリアしてたもん」という子どもの発言のようなユーモアで煙にまいてしまう。何重にもねじれているが、どこまでもフラットでいたいという姿勢を強く感じるのだ。

 

滋賀在住である徳永に先日Zoom取材した際、50代に差し掛かった現在まで一貫して変わらぬペースで創作を続けられている理由について尋ねた。当然若い頃よりもメロディーの閃きは減ってくるが、大量に曲を書いていた20代前半の頃のストックがまだまだ眠っており、そこから得たインスピレーションと積み重ねた経験を複合することで無理なく制作しているとのこと。また「若い頃の自分と共作している感覚」とも付け加えてくれたのだが、徳永憲という一人のアーティストの中に現在と20代の自分が分裂して同居しているような、やはり多義的な視点と感覚を大切にしていることがわかる発言であった。

 

漫画家・黒田硫黄による不思議なジャケットもさらに謎を呼んでくるような本作。人生も達観して考え、柔軟に変化を遂げてきた彼のユーモアは、何度も反芻したくなるような魅力が詰まっている。

今バリアしてたもん

 

発売:2022年3月23日

フォーマット:CD

価格:¥2,500(税抜)

品番:WAKRD-080

 

収録曲

1.あたためたよ、ベンチ
2.今バリアしてたもん
3.恋のこむらがえり
4.君がそばにいる
5.肘鉄
6.紐
7.ひとくちちょうだい
8.ターゲットと呼ばれて
9.いくじなし
10.低迷
11.森で
12.思いつめちゃいけない
13.いつかふれる
14.因果律

 

WAIKIKI RECORD 購入サイト:https://waikiki.thebase.in/categories/4167686

徳永憲

 

1971年滋賀県出身。学生時代はデモテープ作りに明け暮れ、上京後、外資系レコ屋店員をへて1998年ミニ・アルバム『魂を救うだろう』(ポニーキャニオン)でデビュー。以降、変則チューニングを多用したオルタナなアコギを弾きながらの、一風変わったポップソングをコンスタントに発表している。

 

Webサイト:https://tokunagaken.blogspot.com/

WRITER

RECENT POST

REVIEW
伏見◎Project “Dawn-town” – 京都伏見を冠するニュー・コンボによるムーディーな楽…
REVIEW
みらん『Ducky』 – 22歳の今しか表現できないことを歌っている、理想的なデビュー作
REVIEW
国でも建てるつもりなのか – グッナイ小形
REVIEW
NEKOSOGI – NEKOSOGI
REVIEW
たまき – 門脇沢庵
REVIEW
夢の日々 – ミチノヒ
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2021年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2021年の5曲 Part.1
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2021-武蔵野散歩編
REVIEW
FALL ASLEEP#2 全曲レビュー
INTERVIEW
ぶっちゃけ上京ってどう?-ベランダ×ギリシャラブ×Crispy Camera Club 京都発・東京…
INTERVIEW
いちやなぎとひらまつ-平成6年生まれ、ウマが合う歌い手の2人
COLUMN
「シーン」から「モード」に移ろいゆく – 京都音楽私的大全
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day3 – 2021.10.31
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2021 Day2 – 2021.10.30
COLUMN
“ニュー・ニート”ゆうやけしはすが目論む、ローカルから興すロック・ルネッサンス
INTERVIEW
グローバルな視野を持って、ローカルから発信するーリクオが『リクオ&ピアノ2』で打ち出す連帯の姿勢
REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて
INTERVIEW
みらんと話した日ー兵庫在住シンガー・ソングライターによる互いの気持ちを尊重する歌を探る
INTERVIEW
つくるひとが二人、はみ出す創作を語る-井戸健人×畠山健嗣 対談
REVIEW
秘密のミーニーズ – down in the valley
REVIEW
ラッキーオールドサン – うすらい
COLUMN
ご当地ソングからはみ出る方言詞|テーマで読み解く現代の歌詞
REVIEW
ベルマインツ – MOUNTAIN
INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』
INTERVIEW
シンガーソングライターという自覚の芽生え – ぎがもえかインタビュー
REVIEW
たけとんぼ – 春はまだか / 旅の前
REVIEW
いちやなぎ – album
REVIEW
ショーウエムラ – 大阪の犬
INTERVIEW
2020年をポジティブに転化するために - 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)が語る新作『ハビタブ…
REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる
COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
ザ・ディランⅡ – きのうの思い出に別れをつげるんだもの
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
原田知世 – music & me
REVIEW
Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

COLUMN
【2022年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理

京都・吉田寮を舞台にしたドラマ・映画『ワンダーウォール』(2020年)に出演した俳優・須藤蓮が、映画…

REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” - 灯台の光のように、目的地を照らす歌

直線の定義は“端”がないことらしい。福岡出身、都内を拠点に活動するシンガーソングライター・かりんちょ…

REVIEW
Noranekoguts『wander packs』シリーズ – 向き合うことで拡張していく音楽

「こんなロックンロールが聴きたかった」私は初めて観た2ピースバンドに胸を揺さぶられていた。彼女たちの…

COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…