REVIEW
ひっこし
松井文
MUSIC 2020.05.18 Written By 峯 大貴

これまでの生活と折り合いをつけるような、歌い手としての旅路を描く放浪記

平成元年生まれのシンガー・ソングライター松井文(まついあや)。昨年は折坂悠太、夜久一とのレーベルおよびユニットである<のろしレコード>としてアルバム『OOPTH』をリリースし、演劇ユニット<ウンゲツィーファ>の舞台『さなぎ』には俳優として出演するなど、精力的な活動を行った。本カセットEPはソロとしては3年ぶりとなる、満を持しての作品だ。折坂のプロデュースによって多彩なサウンド・アプローチを見せたアルバム『顔』(2017年)から一転、ロケット・マツ(P / パスカルズ)、種石幸也(Ba)、ハラナツコ(Flu / Sax)がそっと歌に寄り添った彩りを加えている全4曲。充実したユニット・ワークスも経て、より含蓄を得た歌い手としての旅路を描いた放浪記、とでもいいたくなる仕上がりである。

 

とにかく歌の佇まいが特異な人。親密感を伴って生活の匂いをまといながらも、超然的な気配が同居している。それはどっしり落ち着いている、とっぽい姉ちゃん(折坂悠太曰く)みたいな松井の人間性そのものなのだが。詞の言葉数は絞り込まれ、余白を残しながら達観した視点で描かれる心情と情景。そこに歌が乗ると、聴く人の心情にするっと憑依して響いてくるのだ。仏頂面で純粋で太い芯を持ちながらも、一方でどこか逡巡しているようなマーブル模様の歌声に引き寄せられてしまう。

この表題曲“ひっこし”の“もう何度目だろう ほかの街は”の一節には現代のホーボーズ・ソングとしてのさすらいを感じる。松井自身、これまで横浜、大阪、東京と拠点を移してきた。からっぽになった部屋を見つめて、かつてここで育んだ愛に気づいた瞬間が歌われているが、住み着いた記憶は持って行かずに家を出ていく。次の街への期待を胸に、心の棲家を求めて、さまよう心情よ。浅川マキが“少年”で“何処で暮らしても同じだろうと わたしは思っているのさ”と歌いながらも、最後には“私の心に何がある”と虚無を滲ませここにはない何かを求めてしまう心情を、精神的に引き継いだ趣を感じる。

 

また、別れた彼女を引きずっているが、もどらないことは悟っている“あの娘をよろしく”。1stアルバム『あこがれ』(2012年)から再度レコーディングされた“昔ばなし”も含め、松井による詞曲はいずれも過去の虚しさにとらわれながら、現状にくさくさしながら、それでもどうにか折り合いを見つけて前に進もうとしている。そのない交ぜになった感情で今を生きる姿には昨年のろしレコードで発表した、逃避願望とSFの世界を交錯させつつ“君と僕で 暮らすなら あの星にしよう”と暮らしの行く先を歌う“コールドスリープ”とも重なるのだ。折坂による詞曲だが、シンプルな構造で、フォーク・ミュージックへの敬意に溢れている点は松井からの影響も色濃い。そしてこの“コールドスリープ”の視線をより生活に卑近な形で描いたのが本作だという見方も出来るだろう。

またカセットにのみ島倉千代子“愛のさざなみ”(1968年)のカバーが収録されている。フルフルと揺らぐファルセットを活かした歌いまわしや、曲にも負けない声の彩りが、半世紀以上前にヒットした歌謡曲に普遍的な生活の風を吹かせている。

 

哀愁を滲ませながら暮らしに一つの区切りを打つ<宿替え>を描いた本作。松井文の歌は聴く人の感情におじゃまして、心の釘に箒をかけにくる。

松井文『ひっこし』

 

 

収録曲

1.ひっこし

2.愛のさざなみ

3.あの娘をよろしく

4.昔ばなし

 

フォーマット : カセット(mp3ダウンロードURL付)

リリース日:2020年6月18日から順次発送(5月13日より予約受付開始)

定価 : ¥1,600 (税込)

品番:NORO-006

レーベル:のろしレコード

 

販売:のろしレコード Web Shop 

松井文

 

 

平成元年横浜出身。少年性と女性性の間を行き交う歌声で、日常の刹那を歌う。
高校時代からギターで作詞作曲をし人前で歌い始める。同級生と組んだバンドで某10代限定フェスに出場しファイナリストに。バンドを解散後「春一番コンサート」周辺のフォークシーンに影響を受け、大阪へ移住。浪速のブルースマンAZUMIらと出会い制作した1stアルバム『あこがれ』が各所で話題を呼んだ。
その後拠点を東京に戻し、同年代のシンガーソングライター折坂悠太、夜久一と共に<のろしレコード>を立ち上げ、コンピレーションアルバムをリリース。コミュニティFMのパーソナリティー等も務めた。
2017年、折坂悠太監修のもと2ndアルバム『顔』をリリース。
2019年、ウンゲツィーファの舞台『さなぎ』に俳優として出演。ユニットとして進化したのろしレコードで『OOPTH』をリリースし、メディアに多数取り上げられる。
2020年、3年ぶりのソロ作『ひっこし』は自身初のカセットでリリース。
 
のろしレコード Official HP:https://noroshi-record.com

WRITER

RECENT POST

REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて
INTERVIEW
みらんと話した日ー兵庫在住シンガー・ソングライターによる互いの気持ちを尊重する歌を探る
INTERVIEW
つくるひとが二人、はみ出す創作を語る-井戸健人×畠山健嗣 対談
REVIEW
秘密のミーニーズ – down in the valley
REVIEW
ラッキーオールドサン – うすらい
COLUMN
ご当地ソングからはみ出る方言詞|テーマで読み解く現代の歌詞
REVIEW
ベルマインツ – MOUNTAIN
INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』
INTERVIEW
シンガーソングライターという自覚の芽生え – ぎがもえかインタビュー
REVIEW
たけとんぼ – 春はまだか / 旅の前
REVIEW
いちやなぎ – album
REVIEW
ショーウエムラ – 大阪の犬
INTERVIEW
2020年をポジティブに転化するために - 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)が語る新作『ハビタブ…
REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる
COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
ザ・ディランⅡ – きのうの思い出に別れをつげるんだもの
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
原田知世 – music & me
REVIEW
Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

REPORT
京都音楽博覧会2021 at 立命館大学 オンラインライブレポート

緑の芝生が広がる梅小路公園をステージに、2007年からはじまったくるり主催の京都音楽博覧会(以下、音…

COLUMN
【2021年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2021年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
折坂悠太 – 心理

月の初めにお届けする、編集部によるクロスレビュー。今月の作品は折坂悠太3枚目のアルバム『心理』です。…

REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて

大阪の5人組バンド・ズカイについて、筆者は前作ミニアルバム『毎日が長すぎて』のレビューで「ニヒルなピ…