EVENT

【オンライン公演】泊まれる演劇 In Your Room 『ROOM 103』

ART 2021.01.28 Written By 出原 真子

2021年2月5日(金)~8日(月)に「泊まれる演劇 In Your Room 『ROOM 103』」が開催される。本作はHOTEL SHE,が企画・運営する新感覚ナイトエンターテインメントシリーズの最終章で、2020年5月に初公演『ROOM 101』が公開されてから5つの公演が実施され、チケットが即完売する公演もあるなど大きな反響を呼んできた。

 

『泊まれる演劇』の特徴は、”イマーシブシアター(没入型演劇)” という新しい演劇の手法を取り入れていることだ。この手法により、観客が自宅のパソコンやスマートフォンから物語に参加して、ホテルの中をさまよい歩きながら、没入体験を楽しむことができる。『ROOM 103』は “イマーシブシアター” をもとに、これまでの没入体験をさらにアップデートさせたインタラクティブなサスペンス作品に仕上がった。すべてのシーンがリアルタイムで生配信される他、Zoomのチャット機能で登場人物と会話をすることで徐々に真相が暴かれ、時にコメントによって物語の流れも変わっていく。観客は複数の客室(Zoomミーティング)を自由に行き来するなかで、容疑者への尋問や推理を見届け、時にサポートしていくのだ。脚本・演出は、前作に引き続きSCRAP所属のきださおりと、ミステリー作家で劇団渋谷ニコルソンズを主宰する木下半太が担当する。

2020年6月にHOTEL SHE, KYOTOで予定されていた『泊まれる演劇』の初公演は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期を余儀なくされた。しかし、そこで歩みを止めることなく、新時代のエンターテイメントの可能性を模索したオンラインプロジェクト『泊まれる演劇 In Your Room』を始動させ、2020年内だけで全200公演を実施してきた。その集大成となる本作を、ぜひあなたの目で見届けてほしい。

公演は実際のホテル(HOTEL SHE, KYOTO)から生配信される

■泊まれる演劇よりメッセージ

昨年のクリスマス、泊まれる演劇では恋愛マッチングイベントをテーマにしたオンライン作品を発表しました。Zoomのミーティングルームをホテルの客室に見立て、視聴者は自由に移動しながら覗き見できる仕組みでした。

 

一回で物語の全容が見えない不便さはありつつ、でも妙にリアルで、「あぁ、あの部屋はどうなっているんだろう…」「でもこの部屋も離れられないっ!!」っていうドキドキ感。まさに恋そのもので、モニターの向こう側に立体的な世界が存在していました。

そして『ROOM 103』。昨年の春からスタートしたROOMシリーズの最終章。よりインタラクティブな演出と、とある事件の不穏な空気・臨場感が混ざり合い、泊まれる演劇オンライン公演の集大成のような作品になっています。

冬の夜、モーテルアネモネのロビーでお待ちしています。

INFORMATION

日時

2021年2月5日(金)21:00~ / 24:00~

2月6日(土)21:00~ / 24:00~

2月7日(日)18:00~ / 21:00~

2月8日(月)21:00~ / 24:00~

会場

HOTEL SHE, KYOTO

※オンライン上演のため自宅での鑑賞

視聴方法

オンライン会議サービス『Zoom』を使用。

※事前にZoomアプリケーションのインストールが必要。

※スマートフォンからの鑑賞も可能だが、一部体験が難しい演出も有り。

脚本・演出

きださおり / 木下半太

※出演は演出の都合上、全公演終了後に発表

料金

依頼状付きチケット:¥4,800(税込)

※各回50枚限定・各公演8日前まで販売

通常チケット:¥3,800(税込)

※開演1時間前まで販売

定員

各回100名

チケット予約

https://www.chillnn.com/176dc0f9e79b2/plan/176dcc4894e119

※チケットご購入後、公演当日の上演1時間前(当日購入の方は30分前)までに、配信URLが記載された招待メールが届きます。

企画・運営

泊まれる演劇

Webサイト

https://www.tomareruengeki.com/room103

WRITER

Recent Posts

INTERVIEW
“心が動く”を追い求める旅。カフェ・モンタージュ 高田伸也さんが考える感性の…
INTERVIEW
きょう、つくる人 第5回 – Ren・中根嶺
ART
COLUMN
文化の入口はどこだ? – 珈琲×本棚×工芸編 –
SPOT
HOTOKI
SPOT
murmur coffee kyoto
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ③FUJI ROCK FESTIVAL ’18と “サ…
SPOT
Kaikado Café
INTERVIEW
きょう、つくる人 第4回 – 植物造形家・瀬戸友歌
INTERVIEW
きょう、つくる人 第3回 – ayako.ceramics・小川文子
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ②十二国記編-
REVIEW
いちやなぎ – naked.
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ①カメラ編-
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:出原 真子】Roan Yellowthorn:流麗な調べに潜むス…
REVIEW
Special Favorite Music – TWILIGHTS

LATEST POSTS

COLUMN
【2021年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
Nagakumo – PLAN e.p.

ある日、TwitterにHOLIDAY! RECORDSの植野秀章氏からのDMが。「これはYouTu…

REVIEW
ショーウエムラ – 大阪の犬

大阪のスリーピースバンド、アフターアワーズのショーウエムラ(Vo / Ba)によるソロ・アルバムが2…

COLUMN
【2021年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

COLUMN
【カルト映画研究会:第8回】オンリー・ゴッド(Only God Forgives)

それはなぜか?なぜならそれらの暴力には「正当性」という免罪符が与えられているからである。『ドライヴ』…