EVENT

開催延期:谷小夏 個展『estetika』

ART 2021.04.03 Written By 出原 真子

本イベントは開催が延期されました。新しい日程が決まり次第、壬生モクレンのInstagramで発表される予定ですので随時ご確認ください。

2021年5月3日(月)~5月16日(日)にイラストレーター・谷小夏の個展『estetika』が開催される。

 

関西を拠点に活動する谷小夏は京都精華大学を卒業後、雑誌、広報誌、ポスター、カレンダー、パッケージ、プロダクトなど様々な商業分野の作品を手がけてきた。シンガーソングライター・中村佳穂が2018年11月にリリースした『AINOU』のジャケットを手がけたことも記憶に新しい。
同時にオリジナル作品の制作にも取り組み、2021年1月には作品集『rakonto』を発表。彼女の作品では繊細かつ鮮やかな色使いが印象的であったが、新作ではモノクロペン画で静謐な世界を描き出すなど新境地を垣間見せてくれた。さらに今回の『estetika』では、『rakonto』とはこれまた “一味違った” 作品が展示されるという。本展を通じて、美の本質に思いをはせるのもこれまた一興だ。

 

会場は<壬生モクレン>の2階にオープンしたばかりのサテライトスペース 衛星。1階では店主・まり絵さんによる食事やお酒の他、土日祝限定でyaccoによる季節のフルーツパフェや焼き菓子も味わうことができる。

谷 小夏 / Tani Konatsu

 

1993年 大阪生まれ

2016年 京都精華大学デザイン学部イラストコース卒業

 

Webサイト:https://tanikonatsu001.stores.jp/

Instagram:https://www.instagram.com/tani_konatsu/

Twitter:https://twitter.com/konatsu_e

INFORMATION

日時

2021年5月3日(月)~5月16日(日)

12:00~14:00 / 17:00~23:00

※土日祝:12:00~17:00

※定休日:5月10日(月)~5月11日(火)

会場

壬生モクレン 2階 サテライトスペース 衛星

京都市中京区壬生下溝町60-15 [Google MAP]

料金

無料

Webサイト

https://tanikonatsu001.stores.jp/

WRITER

RECENT POST

COLUMN
MEET ONE’S LOOK – 北欧ライフスタイルマガジン a quiet day…
COLUMN
MEET ONE’S LOOK 誰かの視点に出会う – Standart Japan &…
COLUMN
MEET ONE’S LOOK 誰かの視点に出会う – 旅と文化をテーマにした本 …
INTERVIEW
店主の人生を味わえるレシピ。『recipe for LIFE』発起人・會澤健太さんが言葉にかける信念…
INTERVIEW
〈菓子屋のな〉の店主・名主川千恵さんに聞く、お菓子と人をつなぐ言葉の力とは
COLUMN
往生際が悪いなぁ|魔法の言葉と呪いの言葉
INTERVIEW
“心が動く”を追い求める旅。カフェ・モンタージュ 高田伸也さんが考える感性の…
SPOT
HOTOKI
SPOT
murmur coffee kyoto
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ③FUJI ROCK FESTIVAL ’18と “サ…
SPOT
Kaikado Café
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ②十二国記編-
REVIEW
いちやなぎ – naked.
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ①カメラ編-
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:出原 真子】Roan Yellowthorn:流麗な調べに潜むス…
REVIEW
Special Favorite Music – TWILIGHTS

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…

COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
Ribet townsは12人組プロジェクトチーム!? 現代社会を楽しく生き抜く処世術を歌う、新作に至った意識の変化

つくづくRibet townsはタフなバンドだと思う。2016年に京都で活動開始した当初から、12人…

REVIEW
大槻美奈『LAND』-愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』

愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』 …