EVENT

『デザインのひきだし』のひきだし展 Vol.2 大箔覧会

DESIGN 2022.06.20 Written By 出原 真子

箔といえば、工芸品や美術品に施された金箔が思い浮かぶかもしれないが、書籍の表紙や化粧品のパッケージなど、実は日常生活のいたるところに存在している。そんな箔の基礎知識から箔加工の種類、技術、楽しみ方まであますことなく紹介する『デザインのひきだし』。今回、その刊行にあわせて、東京・京都の2拠点で『「デザインのひきだし」のひきだし展 Vol.2 大箔覧会』の開催が決定。京都では、2022年7月10日(日)まで〈堀川新文化ビルヂング〉の2Fギャラリー&イベントスペース〈NEUTRAL〉で行われている。

 

<『デザインのひきだし』とは?>

デザインや印刷、紙、加工に関するユニークかつ実践的な情報を紹介する『デザインのひきだし』。プロだけでなく、チラシ、名刺、冊子など、紙モノ好きが愛読している。『デザインのひきだし46』では、箔の色や版、紙を組み合わせて合計1,000パターンの表紙を制作して、多くの読者を驚かせた。今回の展示では、そんな表紙の一部や100パターン以上の箔、雑誌制作の裏側なども展示されている。また期間中は、箔押しワークショップの他、会場1Fの大垣書店 堀川新文化ビルヂング店にて『デザインのひきだし』関連グッズも販売中だ。

 

早速、会期2日目に足を運んだところ、箔の独特な風合いにすっかり魅了されてしまった。箔の色や版による組み合わせの妙を多角的に体験できる展示が、多くの人をとりこにするに違いない。

日時

2022年6月11日(土)~7月10日(日) 10:00~19:00

会場

NEUTRAL(堀川新文化ビルヂング 2F)
京都府京都市上京区皀莢町287
[Google Map]

Webサイト

https://horikawa-shinbunkabldg.jp/

箔押しワークショップ

好きな色や形の箔をノートに施して”オリジナル箔ノート”をつくるワークショップ。予約不要で参加可能。

日時:2022年6月11日(土)~7月10日(日)

受付時間 10:00~18:00

※7月2日(土)と7月4日(月)は10:00~17:00

料金:1,500円

WRITER

RECENT POST

COLUMN
MEET ONE’S LOOK 誰かの視点に出会う – Standart Japan &…
COLUMN
MEET ONE’S LOOK 誰かの視点に出会う – 旅と文化をテーマにした本 …
INTERVIEW
店主の人生を味わえるレシピ。『recipe for LIFE』発起人・會澤健太さんが言葉にかける信念…
INTERVIEW
〈菓子屋のな〉の店主・名主川千恵さんに聞く、お菓子と人をつなぐ言葉の力とは
COLUMN
往生際が悪いなぁ|魔法の言葉と呪いの言葉
INTERVIEW
“心が動く”を追い求める旅。カフェ・モンタージュ 高田伸也さんが考える感性の…
SPOT
HOTOKI
SPOT
murmur coffee kyoto
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ③FUJI ROCK FESTIVAL ’18と “サ…
SPOT
Kaikado Café
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ②十二国記編-
REVIEW
いちやなぎ – naked.
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ①カメラ編-
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:出原 真子】Roan Yellowthorn:流麗な調べに潜むス…
REVIEW
Special Favorite Music – TWILIGHTS

LATEST POSTS

COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

INTERVIEW
対等な協力者たちが歴史をつむぐ。 ーー京都国際ダンスワークショップフェスティバルと京都芸術センターが行き着いたイベントを続けるための最適解

組織が何かを続けていくために必要なものはなんなのか。改めてそんなことをダンサー / 振付家の野村香子…

INTERVIEW
失意の底から「最高の人生にしようぜ」と言えるまで – ナードマグネット須田亮太インタビュー

『アイム・スティル・ヒア』を最初に聴いた時に、筆者が真っ先に思ったキーワードは「失意からの再生」であ…

INTERVIEW
音楽のアーキビスト、金野篤が体現する「売りたいモノは自分で作る」という生き方

外資系レコード店のバイヤーからキャリアをスタートし、インディーズ系流通会社を経て、2006年にディス…

COLUMN
【2022年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…