EVENT

都!!モンスタールネッサンス2017

2017年冬、京都の街に新しいロックフェスが誕生します。

 

12月2日(土)と3日(日)の両日、京都KBSホールにて、片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ主催の「都!!モンスタールネッサンス」が開催されることになりました。

両日出演する片山ブレイカーズはもちろんのこと、KING BROTHERS、クリトリック・リス、ビレッジマンズストア、Yellow Studs、騒音寺、空きっ腹に酒など、 30組近い魅力的な出演者が揃っている中から、オススメの出演者をピックアップしていきます。

主催

片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ

今回のイベント主宰のバンドです。
2000年に結成。
京都を拠点に精力的に活動を続けているバンドです。
フェスのテーマソングとなっている同名曲「モンスタールネッサンス」。
ストレートなガツンと来るロックチューンですね。
MV内のゾンビメイクのリアルさがすごいです。

12月2日(土)出演ミュージシャン

騒音寺

京都を代表するロックバンドの代名詞。
幅広い世代のファンを持つバンドで、20年以上の活動歴を誇り、ずっと第一線で走り続けています。
ボーカルナベのお客を煽りまくるステージングと、ギタリストタムのカミソリギターは一度聴くと病みつきになります。

クリトリック・リス

日本中のフェスを荒らしまくる、スギムによる1人テクノユニット。
いつ見ても、どこのフェスでも、暴動くらいの勢いでライブが盛り上がります。
坊主頭にパンツ一丁で、泣けて笑えるリリックでお客さんを盛り上げます。
この曲はブルーハーツの「トレイントレイン」へのオマージュになっています。

私の思い出

京都インディーズのネクストブレイク筆頭バンドの内の1つです。
「現存する唯一のアドベンチャーロックバンド」ということで、ライブのことをキャンプと呼び、全員がボーイスカウトファッションに身を包み、はんごうとしゃもじを振り回します。
コミックバンドですが演奏力も高く、コミックバンドですがメンバー全員がハンサムです。

空きっ腹に酒

2007年より大阪を拠点に活動をするバンドです。
ファンクmeetsヒップホップ!?
カッティングギターと唸るベースの上を、暴れまわって客席を煽りまくるボーカル田中のボーカル。
トンがったかっこよさと、人懐っこさが同居する、踊れるミュージックです。

12月3日(日)出演ミュージシャン

KING BROTHERS

「東のミッシェル、西のキンブラ」と形容されるガレージパンク西日本代表バンドです。
かっこいいとはこういうことだと教えてくれる、圧倒される音圧と、圧巻のステージングを楽しめる唯一無二のバンド。
ギタリストは元夙川ボーイズのマーヤです。

ビレッジマンズストア

メジャーデビュー目前!?ネクストブレイク必至!?
今コアなロックファンの最も注目されているバンドがビレッジマンズストアです。
ボーカル水野ギイのハイトーンボイスと、高い演奏力のバンドメンバーによる、流行に左右されない力強い本物のロックンロールをどうぞ。

浪漫革命

はっぴいえんど×サチモス+台風クラブ?
2017年に結成し、わずか3ヶ月でライジングサン2017にも出演した、 京都から飛び出した期待の新星です。
メロディー、音作り、日本語のセンスの良さ、音楽的バックグラウンドの深さ、音楽マニアなら飛びつく可能性を秘めたバンドです。

愛はズボーン

大阪のアメ村を根城にモリモリ活躍中のバンド。
サーキットフェス「アメ村天国」を主催している。
音楽的才能溢れるメンバーたちが集い、やりたいことをやりたいようにわちゃわちゃやりまくっている感じがとても心地よい。
演奏力も高く楽曲もめちゃくちゃカッコ良くてどこかのホールでライブを見てるようなスターに見えたと思ったら、MCになると途端にユルくなり、友達の部屋に遊びに来てるような錯覚に陥(おちい)ることが多々有ります。

終わりに

このフェスは、メイン会場の「みやこステージ」と、地下会場の「あたらよステージ(2日)」「じゃんじゃらステージ(3日)」2ステージ制になっています。

紹介しきれませんでしたが「都!!モンスタールネッサンス2017」は、他にも魅力的なバンドばかりが出演します。

フード出店他、お店も出るようですので、お昼からラストまでたっぷり楽しめそうですね。

日時

2017年12月02,03日(土・日)

open 12:00 / start 13:00

場所

京都KBSホール

〒602-8588 京都府京都市上京区烏丸上長者町 KBS京都放送会館
出演

片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ / KING BROTHERS / クリトリック・リス / ビレッジマンズストア / 私の思い出 / ザ・シックスブリッツ / ドクロズ / Yellow Studs / 騒音寺 / 空きっ腹に酒 / おとぼけビ~バ~ / 愛はズボーン / An Sept. / Crispy Camer ClubCrispy Camer Club / 星の王子さまたち / 雨面ナラカシ / ネコグルマ / Garden Of Chicken Cokes / SOOZOO / Drop’s / ペロペロしてやりたいわズ。 / 浪漫革命 / ULTRA CLUB / the seadays / Tequolo Caliqueolo / about a ROOM / ハンブレッダーズ / the engy

料金
一般:1日券 4500円  / 2日通し券 8000円
 学生割引(高校生以下):1日券 3500円
 ※各チケットともドリンク代別途
 ※小学生以上有料 / 未就学児童無料
 (大人1名につき子供1名まで同時入場可)
予約
一般発売
・発売日:10月21日(土)10:00〜
・取扱プレイガイド:
ローソンチケット( Lコード:56304)
チケットぴあ(Pコード:1日券:338-752/通し券:782-836)
イープラス(http://eplus.jp
HP

WRITER

Recent Posts

SPOT
菊しんコーヒー
INTERVIEW
日本でスウィングが流行るには – Clap Stomp Swingin’イン…
REVIEW
Teenage Fanclub – Bandwagonesque
COLUMN
【2018年8月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Swing Side / Sing Side – Clap Stomp Swingin&…
COLUMN
【Brand New Paris ! 】第4回:学生運動
REVIEW
真夏の目撃者 – GOING UNDER GROUND
COLUMN
ブンガクの小窓 第十七章 -億劫-
COLUMN
【Brand New Paris ! 】第3回:アコーディオニスト taca
REVIEW
星の王子さまたち – Beautiful
COLUMN
【Brand New Paris ! 】第2回:シネマ
COLUMN
ブンガクの小窓 第十六章 -プロジェクト-
COLUMN
【2018年1月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【Brand New Paris ! 】第1回:物語自販機
SPOT
立ち呑み キセノン
COLUMN
ブンガクの小窓 第十五章 -パトス-
REVIEW
Hicoband – あお
COLUMN
【2017年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
ブンガクの小窓 第十四章 -ラディカル-
INTERVIEW
台風クラブは「ロックンロール」か?
COLUMN
ブンガクの小窓 第十三章 -退屈-
COLUMN
ブンガクの小窓 第十二章 -矜持-
COLUMN
【ブンガクの小窓】第十一章:シンギュラリティ
COLUMN
【ブンガクの小窓】第十章:フロウ
COLUMN
【ブンガクの小窓】第九章:ノマド
COLUMN
【ブンガクの小窓】第八章:散文
COLUMN
【ブンガクの小窓】第七章:刹那
COLUMN
【ブンガクの小窓】第六章:アイデンティティ
COLUMN
【ブンガクの小窓】第五章:ユートピア
COLUMN
【ブンガクの小窓】第四章:ルサンチマン
COLUMN
【ブンガクの小窓】第三章:虚構
COLUMN
【ブンガクの小窓】第二章:実存
COLUMN
【ブンガクの小窓】第一章:不条理

LATEST POSTS

REVIEW
CIFIKA – HANA

動き続けて、自分の在りかを射止めた第1章 動き続…

REVIEW
Homecomings – Herge

Homecomingsが5月12日にメジャーデビューアルバム『Moving Days』をリリースする…

COLUMN
書評企画『365日の書架』4月のテーマ:はなればなれになって

出会いと別れ、それぞれが人生につきものですが「はなればなれ」になるからこそ持っていたものの価値に気が…

INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』

シャンモニカのライブを初めて観たのは2019年6月。吉祥寺シルバーエレファントで行われた、ANTEN…

INTERVIEW
シンガーソングライターという自覚の芽生え – ぎがもえかインタビュー

1997年生まれのシンガーソングライター、ぎがもえか。東京を中心にライブ活動を行い、筆者も下北沢のm…