EVENT

ナノボロフェスタ 2018

日時

2018年08月25・26日(土・日)

open 12:30 / start 13:00

場所

Live house nano / □□□ん家(Livehouse nano2階 旧ラクボウズ) / 喫茶マドラグ / LIVE&SALON 夜想 / タベルトマル二条城 okatte

料金

1日券 前売2500円 / 当日3000円
2日券 前売4500円(前売のみ) 

出演

Homecomings / ハンブレッダーズ / おとぼけビ~バ~ / imai(group_inou) / in the blue shirt / TRIPMEN / ベランダ / ラッキーオールドサン / Kento Tani(Turntable Films) / Suess / 伊藤祐樹(THE FULL TEENZ) / bed duo(山口&ジューシー) / KK manga / アイアムアイ / メシアと人人 / テト・ペッテンソン / NAHAVAND / バカがミタカッタ世界。 / Bagus! / 花柄ランタン / ゆ~すほすてる / The Fax / 三好真弘 / ゆーきゃん / Ribet town / ARSKN / 浪漫革命 / ULTRA CUB / カーミタカアキのフリースタイル嘘話

チケット予約

http://borofesta.jp/nanoboro/

WRITER

RECENT POST

COLUMN
京酒場の音楽論
SPOT
菊しんコーヒー
INTERVIEW
日本でスウィングが流行るには – Clap Stomp Swingin’イン…
REVIEW
Teenage Fanclub – Bandwagonesque
COLUMN
【2018年8月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Swing Side / Sing Side – Clap Stomp Swingin&…
REVIEW
真夏の目撃者 – GOING UNDER GROUND
REVIEW
星の王子さまたち – Beautiful
COLUMN
【2018年1月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
SPOT
立ち呑み キセノン
REVIEW
Hicoband – あお
COLUMN
【2017年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
台風クラブは「ロックンロール」か?

LATEST POSTS

REVIEW
THE HAMIDA SHE’S『純情讃歌』 – 京都の新星が放つ、荒々しい性春とドラマチックな物語

初期のサンボマスターや銀杏BOYZのような、思春期の煮詰めた妄想と潔癖な姿勢を感じさせる音楽。それを…

REPORT
Homecomingsのターニングポイントで実現した、くるりとの特別な一日

彼、彼女らが京都左京区の大学の部室でバンドをはじめた2012年頃、かつて京都北区の大学で結成した彼ら…

COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…