EVENT

蓮沼執太フィル『アントロポセン – 360°大阪全方位型』

様々な分野で活躍する作曲家 / SSWの蓮沼執太を中心とする16人の演奏家集団・蓮沼執太フィル。大谷能生(Saxophone)、葛西敏彦(PA)、ゴンドウトモヒコ(Euphonium)、環ROY(Rap)、千葉広樹(Violin, Bass)ら錚々たる顔ぶれのポップ・オーケストラが、千日前ユニバースにて実に5年ぶりの大阪公演を行います。ひっさげるは7月に発売された4年半ぶりの2ndアルバム『アントロポセン』。Alexandre AndrésやAndré Mehmariといったブラジル・ミナス新生代のアーティストと強く共振する、緻密なオーケストレーションと晴れやかなソングライティングが際立った名盤です。おそらく今年の年間ベストに挙げられることも決して少なくないでしょう。

今回の大阪公演に先立って、8月18日に行われた東京公演『Shuta Hasunuma Full Philharmonic Orchestra 『FULLPHONY』』のダイジェスト映像がアップされています。この日はオーディションで選ばれた10名を加えた26人編成でした。

イトケン(Drums, Synthesizer)とJimanica(Drums)のツインドラムを軸とした、演者一人ひとりの生命力が音となり立ち上るようなダイナミックなプレイの数々。千日前ユニバースではなんと、会場中央に現れる360°全方位型ステージの上でそれが繰り広げられます。緻密かつ生命力に満ち溢れた、どこまでも人なつこいポップと共に踊りましょう。7月にHOTEL ANTEROOM KYOTOで個展を開催した平山昌尚が手がけるグッズも要注目です。

日時

2018年9月17日(月・祝)open 17:00 / start 18:00

場所

千日前ユニバース

料金

全自由 5,000円+1ドリンク600円

公式HP

蓮沼執太フィル Shuta Hasunuma Philharmonic Orchestra

お問い合わせ

清水音泉
06-6357-3666(平日12:00~17:00)
http://www.shimizuonsen.com

WRITER

RECENT POST

COLUMN
死を想い生を見つめる、残された者たちのポップソング|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
バンドでも1人でも、パレードみたいに楽しくしたい! ― さとうもか、加速する活動の手ごたえを語る
REPORT
『御影ロマンス』ライブレポート
INTERVIEW
sa/wa 改め Sawa Angstromが語る、エレクトロニック・ミュージックの楽しさと海外ツア…
REPORT
中村佳穂 2nd album「AINOU」release party 京都編
INTERVIEW
つくる歓び、あたらしい野心 – 中村佳穂 2nd Album『AINOU』リリースインタ…
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day3】Special Favorite Music …
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day2】The Chorizo Vibes / CAS…
REVIEW
千紗子と純太 – 千紗子と純太と君
REPORT
ナノボロフェスタ 2018 ライブレポート
REVIEW
少年ナイフ – Brand New Knife
REVIEW
Welcome Interstate Managers – Fountains Of W…
REVIEW
Wanderlust – Little Big Town

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…

COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
Ribet townsは12人組プロジェクトチーム!? 現代社会を楽しく生き抜く処世術を歌う、新作に至った意識の変化

つくづくRibet townsはタフなバンドだと思う。2016年に京都で活動開始した当初から、12人…