REVIEW
Wanderlust
Little Big Town
MUSIC 2018.03.07 Written By 吉田 紗柚季

カントリー・ミュージックとR&Bのマリアージュ

アラバマ出身の4人組カントリー・ボーカル・グループ、Little Big Townが2016年に発表した8曲入りアルバム。ファレル・ウィリアムスがプロデュースを手掛け、ジャスティンも「C’mon」のみコーラスで参加している。いわば『Man of the Woods』より先に世に送り出された、カントリー・ポップとR&Bのミクスチャー作品だ。”One Dance” “Miracle”のようなR&Bチューンと”Skinny Dippin’” “Willpower”のようなカントリー・ナンバーがかわるがわる現れる構成になっていて、特に”C’mon”のスティール・ギターや”Willpower”のギター・カッティングなど、ギターのハネたプレイが両ジャンルを取り持つ役割をしているように感じる。そして『Man of the Woods』の方もまた、”Man of the Woods”のクリーンなカッティングや”Young Man”のアコースティック・ギターをはじめ、ギターのアプローチがアルバム全体の要となっていることは間違いない。

 

カントリー・ミュージックのファンといえば白人男性が多いイメージがあるが、ビルボードの調査※によると近年はその過半数が女性で、ヒスパニックの割合も大きく増えているそうだ。これら2作品でのファレルとジャスティンによるハイブリッドな取り組みは、実は多様化しつつあるそんなカントリー音楽の様相を、ギターを媒体にして取り入れたものなのかもしれない。

第一回 :Justin Timberlake - Man Of The Woods

選定者:ki-ft

The Velvet Rope「Got 'til It's Gone」 - Janet Jackson
Purple Rain - Prince
24K Magic - Bruno Mars
Musical Massage - Leon Ware
Justin Timberlake - Man Of The Woods
Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice」) - Various
Traveller - Chris Stapleton
Hidden Figures Soundtrack - Various
Wanderlust - Little Big Town

その他のレビューも見る

WRITER

RECENT POST

COLUMN
死を想い生を見つめる、残された者たちのポップソング|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
バンドでも1人でも、パレードみたいに楽しくしたい! ― さとうもか、加速する活動の手ごたえを語る
REPORT
『御影ロマンス』ライブレポート
INTERVIEW
sa/wa 改め Sawa Angstromが語る、エレクトロニック・ミュージックの楽しさと海外ツア…
REPORT
中村佳穂 2nd album「AINOU」release party 京都編
INTERVIEW
つくる歓び、あたらしい野心 – 中村佳穂 2nd Album『AINOU』リリースインタ…
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day3】Special Favorite Music …
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day2】The Chorizo Vibes / CAS…
REVIEW
千紗子と純太 – 千紗子と純太と君
REPORT
ナノボロフェスタ 2018 ライブレポート
REVIEW
少年ナイフ – Brand New Knife
REVIEW
Welcome Interstate Managers – Fountains Of W…

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…

COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
Ribet townsは12人組プロジェクトチーム!? 現代社会を楽しく生き抜く処世術を歌う、新作に至った意識の変化

つくづくRibet townsはタフなバンドだと思う。2016年に京都で活動開始した当初から、12人…

REVIEW
大槻美奈『LAND』-愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』

愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』 …