EVENT

伴瀬朝彦エモノリリースツアー 大阪HOPKEN編

MUSIC 2019.05.08 Written By 吉田 紗柚季

片想いやホライズン山下宅急便、cooking songsのメンバーとして活躍する伴瀬朝彦のソロライゔが、5月11日(土)にHOPKENで開催される。

 

片想いにおける重要なソングライターであり、髙城晶平(cero)のソロ名義・Shohei Takagi Parallela Botanicaなど多くのプロジェクトに参加するほか、CM楽曲の制作もこなすマルチな音楽家・伴瀬朝彦。今回のライヴは、そんな彼が3月にリリースした2ndアルバム『エモノ』のリリースツアーだ。約5年ぶりのリリースを共に祝うのは、ともに大阪を拠点とする泊とfriendly hearts of japanの2組。泊は、“青い山脈”や“リンゴの唄”といった筋金入りの昭和歌謡を追求しつつ、どこかコンテンポラリーな空気もまとっている歌謡ユニット。friendly hearts of japanは、平均2分半の楽曲群にチャーミングなポップセンスを詰め込むスリーピース・バンドだ。

 

ブルースからブラジル音楽まで多様なアレンジを織り交ぜつつも、日本語の“歌もの”としてとても人なつこい仕上がりとなっている伴瀬の新譜。それと合わせてポップソングの海底を覗き込めそうな、魅力的な取り合わせとなっている。ぜひともお見逃しなく。

日時

2019年5月11日(土)

open 18:30 / start 19:00

会場

HOPKEN

出演

伴瀬朝彦バンド(伴瀬朝彦、みしませうこ、服部将典、田島拓)


friendly hearts of japan

料金

前売¥3000 / 当日¥3500

(別途1drink¥500)

予約

イベント予約 | HOPKEN

WRITER

RECENT POST

COLUMN
死を想い生を見つめる、残された者たちのポップソング|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
バンドでも1人でも、パレードみたいに楽しくしたい! ― さとうもか、加速する活動の手ごたえを語る
REPORT
『御影ロマンス』ライブレポート
INTERVIEW
sa/wa 改め Sawa Angstromが語る、エレクトロニック・ミュージックの楽しさと海外ツア…
REPORT
中村佳穂 2nd album「AINOU」release party 京都編
INTERVIEW
つくる歓び、あたらしい野心 – 中村佳穂 2nd Album『AINOU』リリースインタ…
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day3】Special Favorite Music …
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day2】The Chorizo Vibes / CAS…
REVIEW
千紗子と純太 – 千紗子と純太と君
REPORT
ナノボロフェスタ 2018 ライブレポート
REVIEW
少年ナイフ – Brand New Knife
REVIEW
Welcome Interstate Managers – Fountains Of W…
REVIEW
Wanderlust – Little Big Town

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…