EVENT

STARS ON 19

10月の三連休の中日である13日、岡山県井原市美星町の中世夢が原で、野外フェス『STARS ON 19』が開催されます。中世夢が原は、中世の日本、鎌倉から室町時代にかけて吉備高原一帯にみられた村の様子を再現したテーマパーク。2008年から開催されているSTARS ONは、ワンステージに毎年89組のアーティスト、場内のどこにいても演奏が聞こえる過ごしやすい規模感で、年によっては早々にチケットが売り切れるほどの人気を博しています。

 

なかでも最大の魅力が、日没後の夜空に広がる満天の星。美星町は、その名の通り星空の美しさで知られている町で、全国で初めて光害防止条例「美しい星空を守る美星町光害防止条例」が制定された町でもあります。そんな美星町の取り組みに賛同し開催されているSTARS ONは、ステージや場内の照明にも工夫がこらされ、星空とともに音楽を楽しめる特別な環境がつくられているのです。

 

今年の出演者は、ZAZEN BOYStofubeatsYogee New Waveschelmico9組。竹馬遊びや火おこし体験に興じるも、名物のイノシシ汁に舌鼓をうつも良し。隣接する美星天文台を散策するのもおすすめです。新倉敷駅からシャトルバスが運行されるため、関西方面からのアクセスも良好。大規模フェスとも都市型フェスとも違う、素敵な一日を過ごせること間違いなしでしょう。

日時

20191013日(日)

open 10:30 / start 11:30

会場

中世夢が原
岡山県井原市美星町三山5007番地

 

※シャトルバスでお越しの場合、JR新倉敷駅―会場往復のシャトルバス・チケットをご購入下さい。(販売期間:2019/10/04 23:59まで)
※車でお越しの方は駐車場付チケット(1台につき1枚)を ご購入下さい。駐車場チケットが完売した場合、臨時駐車場からのピストン・バスの運行(有料)を予定しています。

出演

chelmico
Hei Tanaka
キセル
思い出野郎Aチーム
SPECIAL OTHERS ACOUSTIC
tofubeats
Yogee New Waves
ZAZEN BOYS

 

DJ:soejima / ぬるま湯よしだ / FxJxTx

料金

前売 7,000

チケット予約

ぴあ(Pコード153-920)

公式サイト

STARS ON 19

WRITER

RECENT POST

COLUMN
死を想い生を見つめる、残された者たちのポップソング|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
バンドでも1人でも、パレードみたいに楽しくしたい! ― さとうもか、加速する活動の手ごたえを語る
REPORT
『御影ロマンス』ライブレポート
INTERVIEW
sa/wa 改め Sawa Angstromが語る、エレクトロニック・ミュージックの楽しさと海外ツア…
REPORT
中村佳穂 2nd album「AINOU」release party 京都編
INTERVIEW
つくる歓び、あたらしい野心 – 中村佳穂 2nd Album『AINOU』リリースインタ…
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day3】Special Favorite Music …
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day2】The Chorizo Vibes / CAS…
REVIEW
千紗子と純太 – 千紗子と純太と君
REPORT
ナノボロフェスタ 2018 ライブレポート
REVIEW
少年ナイフ – Brand New Knife
REVIEW
Welcome Interstate Managers – Fountains Of W…
REVIEW
Wanderlust – Little Big Town

LATEST POSTS

REVIEW
THE HAMIDA SHE’S『純情讃歌』 – 京都の新星が放つ、荒々しい性春とドラマチックな物語

初期のサンボマスターや銀杏BOYZのような、思春期の煮詰めた妄想と潔癖な姿勢を感じさせる音楽。それを…

REPORT
Homecomingsのターニングポイントで実現した、くるりとの特別な一日

彼、彼女らが京都左京区の大学の部室でバンドをはじめた2012年頃、かつて京都北区の大学で結成した彼ら…

COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…