NEWS

イラストレーター・みそさざいが、バレーボウイズの自主企画を題材にした漫画を発売

大阪在住のイラストレーター・みそさざいが、昨年12月24日に京都VOXhallで開催されたバレーボウイズの自主企画・ブルーハワイ’18にまつわる漫画を発売した。

 

みそさざいは、てら『歌葬』やYMB『CITY』、たけとんぼ『丘をこえて』などのアルバムジャケットを手がけているイラストレーター。今回発売された漫画『ぼくのイメージの詩 ~ブルーハワイ’18の思い出~』は、数々の出演者がクリスマス・イブを独自のカラーで彩った当日の模様のほか、前後に彼が経験した恋について赤裸々に綴られたノンフィクションだ。タイトルは吉田拓郎の楽曲「イメージの詩」に由来し、みそさざい本人による手刷りと製本がなされている。

 

作中には、主催者であるバレーボウイズのほか、出演者のてらやたけとんぼ、淡路のカフェバー“アトリ”のスタッフとしてモリヤンヌ(ダイバーキリン)が登場。他にもミキクワカド(踊る!ディスコ室町)ら彼と親しいミュージシャンが多数登場しており、関西シーンで音楽に支えられながら暮らす人々の息づかいが感じられる作品となっている。

 

作品はみそさざい個人のメールやTwitter DMから注文を受け付けているほか、HOLIDAY! RECORDSでも取扱いが始まっている。特設ページで冒頭5ページの試し読みも可能だ。

作品冒頭のみそさざいとモリヤンヌの会話シーン。アトリの内装が忠実に再現されている。
作品詳細

浮浪社出版

『ぼくのイメージの詩 ~ブルーハワイ’18の思い出~』

みそさざい

32ページ ¥1000(送料別)

購入方法

・みそさざいのメールアドレス、またはTwitter DM宛てに必要情報を送信(詳細は特設ページ)

HOLIDAY! RECORDS

関連リンク

WRITER

RECENT POST

COLUMN
死を想い生を見つめる、残された者たちのポップソング|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
バンドでも1人でも、パレードみたいに楽しくしたい! ― さとうもか、加速する活動の手ごたえを語る
REPORT
『御影ロマンス』ライブレポート
INTERVIEW
sa/wa 改め Sawa Angstromが語る、エレクトロニック・ミュージックの楽しさと海外ツア…
REPORT
中村佳穂 2nd album「AINOU」release party 京都編
INTERVIEW
つくる歓び、あたらしい野心 – 中村佳穂 2nd Album『AINOU』リリースインタ…
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day3】Special Favorite Music …
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day2】The Chorizo Vibes / CAS…
REVIEW
千紗子と純太 – 千紗子と純太と君
REPORT
ナノボロフェスタ 2018 ライブレポート
REVIEW
少年ナイフ – Brand New Knife
REVIEW
Welcome Interstate Managers – Fountains Of W…
REVIEW
Wanderlust – Little Big Town

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REPORT
Like A Fool Recordsが放つ鋭く、深く突き刺さる、東京インディーズ四つ巴。Kidder / Forbearリリースパーティー『Lesson No.1』

東京都世田谷区、新代田にあるレコードショップ兼立ち飲み居酒屋、インディーレーベル《Like A Fo…

COLUMN
【2024年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
aieum『sangatsu』―絶えず姿形を変え動き続ける、その音の正体は果たして

沖縄出身の4人組バンド、aieumが初となるEP『sangatsu』を2024年3月20日にリリース…

INTERVIEW
新たな名曲がベランダを繋ぎとめた。 新作『Spirit』に至る6年間の紆余曲折を辿る

京都で結成されたバンド、ベランダが3rdアルバム『Spirit』を2024年4月17日にリリースした…