EVENT

Botanical House Vol.5 ~磔磔45周年スペシャル~

アンテナが運営する音楽ライター講座in京都でも講師を務める音楽評論家・岡村詩野とSMASHが共同で開催するシリーズギグ・Botanical House。夏目知幸(シャムキャッツ)や豊田道倫 & mtvBANDらが出演し大盛況を収めた前回から3ヶ月経ち、会場・磔磔の45周年月間と重なる5回目の開催が迫っています。

 

80〜90年代イギリスのポップの遺伝子を継ぐソングライティングが魅力で、昨年ギターに稲本裕太(Pale Fruit)が正式加入したCrispy Camera Clubはこの日が初の磔磔。大阪を拠点とするはいからはくちは、その佇まいの隅から隅までアウトロー・ロックンロールの風格をまとった3ピース・バンドです。そして、渚のベートーベンズはメンバー全員がボーカルにしてソングライターである4人組。西院のライブハウス・ネガポジでブッキングマネージャーを務める江添恵介(Vo. / Gt. / Ba. / Key.)やラッキーオールドサンのサポートドラマー西村中毒(Vo. / Dr. / Gt. / Ba.)など、京都内外で鳴らされる音楽を支え続けてきたメンバーからなるバンドです。しかも新メンバー加入後初、およそ1年半ぶりの復活ライブとのことで、なおさら見逃せません!

 

そもそもBotanical Houseの“ボタニカル”とは、会場である磔磔のステージの壁に張り巡らされた蔦のこと。ゆかりある会場の祝いの月ならではの、入魂のラインナップと言えるでしょう。SMASHの関西版メディア・SMASH WESTで岡村詩野による渚のベートーベンズCrispy Camera Clubのインタビューも掲載されていますので、合わせてお楽しみください。

日時

2019年4月12日(金)

OPEN 18:00/START 18:30

会場

磔磔

出演

渚のベートーベンズ
Crispy Camera Club
はいからはくち

チケット

スタンディング 前売り:¥2,500

ドリンク代別

 
チケットぴあ (0570-02-9999 / Pコード:144-128)
ローソンチケット (0570-084-005 / Lコード:55005)
関連リンク

渚のベートーベンズ インタビュー – SMASHWEST.COM

Crispy Camera Club インタビュー – SMASHWEST.COM

お問い合わせ

SMASH WEST (06-6535-5569)

WRITER

Recent Posts

INTERVIEW
バンドでも1人でも、パレードみたいに楽しくしたい! ― さとうもか、加速する活動の手ごたえを語る
REPORT
『御影ロマンス』ライブレポート
INTERVIEW
sa/wa 改め Sawa Angstromが語る、エレクトロニック・ミュージックの楽しさと海外ツア…
REPORT
中村佳穂 2nd album「AINOU」release party 京都編
INTERVIEW
つくる歓び、あたらしい野心 – 中村佳穂 2nd Album『AINOU』リリースインタ…
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day3】Special Favorite Music …
REPORT
【吉田紗柚季の見たボロフェスタ2018 / Day2】The Chorizo Vibes / CAS…
REVIEW
千紗子と純太 – 千紗子と純太と君
REPORT
ナノボロフェスタ 2018 ライブレポート
REVIEW
少年ナイフ – Brand New Knife
REVIEW
Welcome Interstate Managers – Fountains Of W…
REVIEW
Wanderlust – Little Big Town

LATEST POSTS

COLUMN
【2021年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
ベルマインツ – MOUNTAIN

2020年のベルマインツは石若駿や宮田“レフティ”リョウなど名だたるミュージシャンたちの力も借りつつ…

INTERVIEW
“エゴ”だけじゃ形にならない。『フリースタイルな僧侶たち』初代・三代目の編集長に聞く、いま、誰かと編集部に集うわけ。

銭湯の脱衣所でニュースを眺めていると、SNSのフォロワー数が就職活動でひとつの評価基準になることが話…

COLUMN
【2021年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
CIFIKA – HANA

動き続けて、自分の在りかを射止めた第1章 動き続…