ARTICLE

COLUMN
書評企画『365日の書架』3月のテーマ:ここじゃない場所に生まれて

3月のテーマ:ここじゃない場所に生まれて 3月の…

INTERVIEW
批評誌『痙攣』が伝える「ないものを探す」という批評の在り方

音楽批評のZINEとして作られた『痙攣』。創刊号が2020年5月に発売されるや否や、Twitterで…

COLUMN
書評企画『365日の書架』1月のテーマ:時間が経つのも忘れて

1月のテーマ:時間が経つのも忘れて 1月のテーマ…

INTERVIEW
旅人と編集者。2つの視点を行き来しながら見つける自分の現在地 『LOCKET』編集長 内田洋介インタビュー

「どんな旅でも1回くらい、めちゃくちゃ感動する瞬間があるんです」と内田さんが教えてくれた。例えば、ミ…

INTERVIEW
バランスのいい選択肢が無い!!多様な価値観の都市で育った〈汽水空港〉店主・モリテツヤさんが人生の選択肢を自分の手で増やすまで。

特集『文化の床』の企画「#無い!!」では、満たされているはずの都市や生活の中で「なにかが無い」ことに…

COLUMN
書評企画『365日の書架』12月のテーマ:もっと読むのが好きになる

12月のテーマ:もっと読むのが好きになる 12月…

COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第八話】 『エアマスター』に見る決めゼリフの哲学

マンガの王道コンテンツに「バトルマンガ」があります。バトルマンガと言えば『ドラゴンボール』を代表に、…

COLUMN
書評企画『365日の書架』〜11月のテーマ ノスタルジアを感じる〜

『365日の書架』は、関西の書店がおすすめする書籍を紹介する連載企画。参加店舗はとほん、只本屋、ホホ…

INTERVIEW
ローカルから問い直す「メディアの役割とはなにか?」『IN/SECTS』編集長・松村貴樹さんインタビュー

ローカルメディアの仕掛け人に聞くインタビューシリーズ。第1回は、『IN/SECTS』編集長の松村貴樹…

COLUMN
書評企画『365日の書架』〜10月のテーマ 家族の形を描いた〜

『365日の書架』は、関西の書店がおすすめする書籍を紹介する連載企画。参加店舗はとほん、只本屋、ホホ…

MONTHLY RECOMMEND
冷静と情熱, その狭間にて.
MONTHLY RECOMMEND
冷静と情熱, その狭間にて.
キュレーター
フラスコ飯店 編集長 川合 裕之
100人程度の主観なら、たった1冊の客観で瞬殺。思います、思います、思います。なあんて語尾ばかり散らかさないのが文筆家の仕事。筆を握る前から勝負が決まっている。