COLUMN

【漫画で読み解くストーリー:第11話】『ミステリと言う勿れ』に見る謎解きの延長にあるもの

日常には様々な矛盾や謎が潜んでいます。でも我々はその時に気がついた些細な疑問など気にしないか、そもそも気づく事すらなく日常を生きている。推理ドラマの醍醐味は探偵、もしくはそれにあたる主人公が見事な推論で難事件を解明するところにあるのですが、それは案外日常の小さな謎から解き明かされる事だったりするのです。

BOOKS 2021.12.15 Written By 石川 俊樹

イラスト提供:中田アミノ

2018年から小学館「月刊フラワーズ」で始まった田村由美先生の『ミステリと言う勿れ』はちょっと変わった思考と蘊蓄を持つ大学生・久能整くんがいろいろ事件に巻き込まれながら鮮やかな推理で事件を解明していく推理ドラマ。すでに累計1000万部を超える大ヒット作品となり、2022年度にはTVドラマ化も決定しています。

ミステリと言う勿れ

 

作者:田村由美

発表期間:2016年11月28日〜

掲載:月刊フラワーズ

名探偵には見えない主人公、立場が曖昧なままの整くん

主人公・整くんのちょっと変わった思考とは、日常のちょっとした謎や気づきを些細な事として扱わない事です。整くんはよく喋ります。でもお喋りな社交家というわけではないんですね。独り言も多いし、思った疑問を口に出すし、考えている事が口から漏れていると言ってもいいかもしれません。普通に考えたらかなり変なヤツです。しかしながら「僕は常々思ってるんですが……」から始まる突然の蘊蓄や素朴な疑問は不思議な説得力を持っていて、一見空気を読まないような唐突な発想が、会話を思わぬ方向へ導き、やがて真実が見えてきます。

 

整くんは第1話で殺人事件の容疑者として登場しますが、彼は探偵でも刑事でもない、まだ何者にもなっていない大学生という立場。なので職業的矜恃も持ち合わせておらず、殊更犯罪を憎む正義感でも、知的ゲームにスリルを感じるエリートでもない。友達や彼女もいない、自炊のカレーを楽しみにするような天然パーマの男の子です。このマンガの2番目の大きな特徴として、この主人公整くんの立場の曖昧さがあります。

 

第1話の事件から整くんは次々と事件に巻き込まれていく展開ですが、常に飄々としながら立場や権力を持たない整くんが思いついたことをその都度喋りながら様々な欺瞞を暴き、時にはその人の気持ちを楽にしてあげたりする。その無欲さが読んでいてとても気持ちがいいんですね。

 

確かにそんな整くんを名探偵と解釈するには無理があるし、田村先生の意図もタイトルが表す通りミステリというよりは「ただ整くんがひたすら喋るマンガ」という意識の方が強いのかもしれません。

作者・田村由美が整くんのお喋りに託したもの

それでもこのマンガには殺人事件もあります。でもこのマンガのすごいところは殺人事件ありきの推理ドラマではなく、整くんのお喋りの行き着くところに殺人事件の謎解きがある地続き感なんですね。つまり、私たちの日常の中に潜む様々な矛盾や謎は地続きで殺人事件にまで至っていることがある、ということなのです。

 

このマンガの凄さ(いや、田村先生の凄さ)は日常の謎が殺人事件にまで至る過程において、人間の矛盾や業が殺人と同列に語られている事なのです。

 

整くんが日々感じる疑問はそのまま社会の矛盾を内包していて、殺人事件はフィクションの中でお膳立てされて起こるイベントではなく、その矛盾の延長としてある。ここで描かれる数々の事件はその矛盾を可視化するためのものであって、整くんのお喋りによってテーマを浮き彫りにしていく過程こそが田村先生の描きたい部分なのではないでしょうか?

 

僕は、推理ドラマというプロットが推理のための舞台装置だとしたら、トリックや推理を都合よく動かすためには社会の矛盾や問題点からある程度距離を置いた方がストーリーは回しやすいと思っています。

 

もちろん社会派ミステリーとして社会問題と密接にリンクしていく傑作も数多くあるのですが、「アリバイ」や「トリック」という仕掛けだけ見るとリアリティがあるというよりは、そこは読者も知的エンターテインメントとして楽しむ部分なんですね。

 

『ミステリと言う勿れ』は、連載している「月刊フラワー」が女性誌という事もあって事件そのものはリアリティというよりはファンタジックな演出が前に出ている気がします。事件だけ見ると社会派ミステリーではなく、エンターテインメントとしての推理ドラマの印象が強い。それゆえに読者への敷居の低さを生んだことが累計1000万部のヒットの要因のひとつでしょう。

 

そしてもう一つはエンタメとしてのクオリティの高さ。しかし、田村先生がこの『ミステリと言う勿れ』に込めた真の意図は、整くんのお喋りに託した現代社会の矛盾や問題を「殺人事件」と言うファンタジックな舞台装置に繋げる事で読者に意識してもらうことなのではないでしょうか?

謎が解けてもスッキリとしない読後感の正体

推理ドラマではトリックが暴かれ真犯人がわかればそこがゴールです。読者は謎が解けてスッキリするはず。

 

『ミステリと言う勿れ』はそこまでスッキリしない。事件解決のスッキリ感はあるのですが、社会問題に接続した数々の疑問や問題提起を含んだ整くんのお喋りは、そのまま僕ら読者の中に燻り続けます。事件解決部分はスッキリ後腐れ無しのエンターテインメントなのですが、このマンガの整くんのお喋りには作者田村由美先生自身の社会に対する疑問や怒りが込められている「リアル」なテキストなのではないかと自分は思うのです。

 

『ミステリと言う勿れ』という奇妙なタイトルは挑発的であると同時に読み解くヒントでもあると思います。このマンガをミステリと呼ばないのであれば何なのか?むしろ王道的とも言える推理ドラマ部分をあえてミステリと呼ばないならどう読み解くべきなのか?

 

それこそが田村先生がこの作品から読者に投げたミステリなのかもしれませんね。

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【カルト映画研究会:第11回】サイレント・ランニング(Silent Running)
COLUMN
【カルト映画研究会:第10回】ブリグズビー・ベアー(Brigsby Bear)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第10話】『茄子』に見る会話の技術
COLUMN
【カルト映画研究会:第9回】華氏451(Fahrenheit 451)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第9話】『最後の遊覧船』に見るマンガと映画の関係性
COLUMN
【カルト映画研究会:第8回】オンリー・ゴッド(Only God Forgives)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第8話】 『エアマスター』に見る決めゼリフの哲学
COLUMN
【カルト映画研究会:第7回】デュエリスト/決闘者(The Duellists)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第7話】『夢中さ、きみに。』に見る同人誌マンガの可能性
COLUMN
【カルト映画研究会:第6回】ベニスに死す(Death in Venice)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第6話】『坂道のアポロン』に見るすれ違いの美学
COLUMN
【カルト映画研究会:第5回】断絶(Two-Lane Blacktop)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第5話】『チェンソーマン』に見る読者との現代性の共有
COLUMN
【カルト映画研究会:第4回】エクス・マキナ(Ex Machina)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第4話】『筆とあいつがいればいい。』に見る新人作家の育て方
COLUMN
【カルト映画研究会:第3回】ライフ・アクアティック(The Life Aquatic with St…
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第3話】『AKIRA』に見るディテールの描き方
COLUMN
【カルト映画研究会:第2回】ドニー・ダーコ(Donnie Darko)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第2話】『のだめカンタービレ』に見る才能の描き方
COLUMN
【カルト映画研究会:第1回】2001年宇宙の旅(2001: A Space Odyssey)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第1話】『鋼の錬金術師』に見るファンタジーのリアリティ
COLUMN
『ブレードランナー』解析講座:過去からの影響と、未来への影響を8本の映画から探る – 後…
COLUMN
『ブレードランナー』解析講座:過去からの影響と、未来への影響を8本の映画から探る – 中…
COLUMN
『ブレードランナー』解析講座:過去からの影響と、未来への影響を8本の映画から探る – 前…
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】最終回:モチベーションは遠く、深く!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第11回:井の中から大海に出でよ!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第10回:編集者は敵か?味方か?
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第9回:話の意図は構成で決めろ!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第8回:コマで読ませろ!メリとハリ!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第7回:ネームはマンガの設計図 その3
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第6回:ネームはマンガの設計図 その2
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第5回:ネームはマンガの設計図 その1
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第4回:マンガを描くなら神となれ!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第3回:キャラが歩けばストーリーが始まる!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第2回:最後の個人芸、マンガ!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第1回:俺のマンガ道

LATEST POSTS

INTERVIEW
僕の音楽から誰かのための音楽へ – YMBが語る最新作『Tender』とバンドとしての成長

大阪を中心に活動している4人組バンド・YMB。彼らを初めてANTENNAでインタビューしたのは201…

COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

INTERVIEW
対等な協力者たちが歴史をつむぐ。 ーー京都国際ダンスワークショップフェスティバルと京都芸術センターが行き着いたイベントを続けるための最適解

組織が何かを続けていくために必要なものはなんなのか。改めてそんなことをダンサー / 振付家の野村香子…

INTERVIEW
失意の底から「最高の人生にしようぜ」と言えるまで – ナードマグネット須田亮太インタビュー

『アイム・スティル・ヒア』を最初に聴いた時に、筆者が真っ先に思ったキーワードは「失意からの再生」であ…

INTERVIEW
音楽のアーキビスト、金野篤が体現する「売りたいモノは自分で作る」という生き方

外資系レコード店のバイヤーからキャリアをスタートし、インディーズ系流通会社を経て、2006年にディス…