COLUMN

【漫画で読み解くストーリー:第九話】『最後の遊覧船』に見るマンガと映画の関係性

BOOKS 2021.05.21 Written By 石川 俊樹

イラスト提供:中田アミノ

マンガ家はみんな映画が好き

1947年に手塚治虫先生が『新宝島』を発表して以来、マンガ家は実写映画に憧れ続け、嫉妬を原動力にしてきました。マンガは、映画が持つダイナミズムをなんとか取り入れようと進化してきたメディアと言っても過言ではありません。

 

紙に絵を描く。それは「書きたいものがそこに在る」という情報です。それが写真になると「写したいものがそこに在る」だけではなく、被写体自身が持つリアリティ、写り込んだ背景などが情報として含まれます。さらに映画になると全ての存在に動きが加わることに。「立体」としての三次元情報に時間軸が加わることで、その膨大な情報量を演出・構成していく映画には自ずと相応のダイナミズムが必要になってくるのです。

 

あくまでマンガは二次元の表現。動画である映画には情報量の多さではかないません。そこでマンガは読者にキャラクターの動きを脳内補完させる「コマ割り」という技術を使って、時に映画以上の臨場感と迫力を表現する独自の手法を確立するに至りました。

 

しかし、マンガが映画から受けた影響は必ずしも「動き(アクション)」だけではなかったのです。すぎむらしんいち先生は1987年講談社「ヤングマガジン」で『サムライダー』を連載して以来、その作風には常に映画への愛がありました。キャラクターの表情やセリフやアクション、画面の構図やコマ割りにおける間の取り方。さらに破天荒でありながらどこかリアリティのあるストーリーは、まるで映画のような印象を受けます。そのように感じさせるのは、僕は「役者(キャラクター)の生身感」と「ストーリーの映画的まとまり、及びスケール感」がポイントだと思っています。

主人公の選択が関わる人に影響を受け、目まぐるしく変化する

そのことがよくわかる作品が、2020年から小学館「ビッグコミックスペリオール」で始まった4年ぶりの連載、『最後の遊覧船』(現在は連載終了、2巻で完結)。本作のストーリーは、月9ドラマでかつて一世を風靡したシナリオライター湖尻洋子(すぐに実在の脚本家であるあの方が思い浮かびますね)がスランプから故郷へ帰るものの、そこで出会った遊覧船の船長が気になって一向に仕事が進まず……という一見地味な設定。ですが、次から次へと現れる曲者の登場人物、全く先の読めない展開は最終的に天変地異のスペクタクルに至り、まさに「面白い映画を観た!」という読後感です。

最後の遊覧船

 

作者:すぎむらしんいち

連載: 2020年

掲載誌:ビッグコミックス

そもそもすぎむら先生の作風は(原作付き連載はともかく)地味で小さなところから次々と状況が転がり続け、ラストシーンに至ってストーリーの全体像がわかるというもの。『最後の遊覧船』もまた同様に、キャラクターの行動や思惑が同時進行で並走しながらドラマを作り出していきます。連載作品によくある主人公の主観で話が進むのではなく、主人公の洋子と関わった様々なキャラクターが持っている事情や行動が洋子に影響を与え、それによって洋子がまた行動を選択する。そのことで洋子を中心とした人間関係が、一つの大きなストーリーの「うねり」をつくりだします。

 

まるで映画のような「一つの物語」を生み出す肝がそこにあります。言い換えれば、連載であってもすぎむら先生は「読み切り」並の切れ目のないドライヴ感を持ってストーリーを転がし続ける事が出来る。これはマンガを描く方ならわかると思うのですが、とてつもない構成力とキャラクター造形力のなせる技なんですよ!なんせ脇役がいないんだから!

 

なぜそんなことが出来るのでしょうか?すぎむら先生が各方面から絶賛される天才だからなのは間違いないのですが、僕はその秘密が「映画」にあると思っています。

 

『最後の遊覧船』に出てくるクセのあるキャラクターたち。船長、売店の祐子、ホテルマンの吉田、劇団の網走さん、島の管理人の本橋、もぎりのおじさん、その他全ての登場人物はこの物語の中で生きており、マンガで描かれていない人生さえも読者に印象付けます。

 

そこまで全員のキャラを立たせると主人公のドラマじゃなくなっちゃう?そうならないのは彼らが皆「生身の役者」みたいだからなんですね。脚本を理解した上で自分の持ち味を最大限アピールしようとする役者だからアドリヴもあるし、監督はそこから展開のアイデアを拾う。ストーリーを考えてキャラクターに役割を与えるのではなく、クセの強い役者に脚本を渡して演技させる。そこからインスピレーションを受けた監督(すぎむら先生)が役者に合わせた展開を作っていく。そんな感じなんですよ!

マンガのキャラクターを役者に押し上げる映画への愛

マンガは二次元でストーリーを語るメディアです。表現方法は進化してきたとはいえ限られたページ数で読者に物語を伝えるためには、無駄を省いてキャラクターの演技を厳選し、わかりやすい構成にする必要があります。そうしないと読者がストーリーを掴みきれずに迷ってしまう。そこにはキャラクターをリアルにすればするほど、ストーリーを語る上ではリアリティがノイズとなってしまうジレンマがあります。マンガのキャラクターは生身の役者と違って限定されたリアリティの中で生きる記号的な存在だからです。

 

しかし、すぎむら先生のマンガではそのキャラクターのノイズも拾ってストーリーを構成していきます。繰り返しになりますがすぎむら先生のキャラクターたちは、それぞれに人生を生きています。だから誰も都合よくは動いてはくれない。その状況を監督はなんとかまとめなくてはならない。そんな先の読めない話がつまらないわけないじゃないですか!

 

しかも『最後の遊覧船』の主人公・洋子はドラマの脚本家。物語自体が主人公の書く脚本とメタ構造になっていて、執筆でアイデアに詰まった主人公が自ら行動して状況を動かそうとする展開そのものが、すぎむらマンガのメタ構造ともなっていて凄い!

 

『最後の遊覧船』という物語が映画のようなリアリティとカタルシスを持っているのは、すぎむら先生の映画への愛があるからなんだと思います。登場人物が物語の中で生き、そこでそれぞれの人生のニュアンスを残し、それらがさらに舞台のグルーヴを生み出し、状況が変化してその状況にまたキャラクター達が飲み込まれる。そんな物語の行き着くところにあるのは、人間のどうしようもなくバカで、エネルギッシュで、愛おしくて切ない姿なんですね。

 

それはマンガが映画から受けたもう一つの影響の最高の形なんだと思います。

 

「物語とはあたりまえの日常を壊すところから生まれる…つまりそれは俺たち脚本家の性(さが)なのさ……」 by本橋信夫

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【カルト映画研究会:第10回】ブリグズビー・ベアー(Brigsby Bear)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第十話】『茄子』に見る会話の技術
COLUMN
【カルト映画研究会:第9回】華氏451(Fahrenheit 451)
COLUMN
【カルト映画研究会:第8回】オンリー・ゴッド(Only God Forgives)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第八話】 『エアマスター』に見る決めゼリフの哲学
COLUMN
【カルト映画研究会:第7回】デュエリスト/決闘者(The Duellists)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第七話】『夢中さ、きみに。』に見る同人誌マンガの可能性
COLUMN
【カルト映画研究会:第6回】ベニスに死す(Death in Venice)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第六話】『坂道のアポロン』に見るすれ違いの美学
COLUMN
【カルト映画研究会:第5回】断絶(Two-Lane Blacktop)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第五話】『チェンソーマン』に見る読者との現代性の共有
COLUMN
【カルト映画研究会:第4回】エクス・マキナ(Ex Machina)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第四話】『筆とあいつがいればいい。』に見る新人作家の育て方
COLUMN
【カルト映画研究会:第3回】ライフ・アクアティック(The Life Aquatic with St…
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第三話】『AKIRA』に見るディテールの描き方
COLUMN
【カルト映画研究会:第2回】ドニー・ダーコ(Donnie Darko)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第二話】『のだめカンタービレ』に見る才能の描き方
COLUMN
【カルト映画研究会:第1回】2001年宇宙の旅(2001: A Space Odyssey)
COLUMN
【漫画で読み解くストーリー:第一話】『鋼の錬金術師』に見るファンタジーのリアリティ
COLUMN
『ブレードランナー』解析講座:過去からの影響と、未来への影響を8本の映画から探る – 後…
COLUMN
『ブレードランナー』解析講座:過去からの影響と、未来への影響を8本の映画から探る – 中…
COLUMN
『ブレードランナー』解析講座:過去からの影響と、未来への影響を8本の映画から探る – 前…
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】最終回:モチベーションは遠く、深く!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第11回:井の中から大海に出でよ!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第10回:編集者は敵か?味方か?
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第9回:話の意図は構成で決めろ!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第8回:コマで読ませろ!メリとハリ!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第7回:ネームはマンガの設計図 その3
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第6回:ネームはマンガの設計図 その2
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第5回:ネームはマンガの設計図 その1
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第4回:マンガを描くなら神となれ!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第3回:キャラが歩けばストーリーが始まる!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第2回:最後の個人芸、マンガ!
COLUMN
【俺とマンガとお前と俺と】第1回:俺のマンガ道

LATEST POSTS

COLUMN
【2021年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
折坂悠太 – 心理

月の初めにお届けする、編集部によるクロスレビュー。今月の作品は折坂悠太3枚目のアルバム『心理』です。…

REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて

大阪の5人組バンド・ズカイについて、筆者は前作ミニアルバム『毎日が長すぎて』のレビューで「ニヒルなピ…

INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌

平成生まれのシンガーソングライター・鈴木青(すずきじょう)。2018年から年に1作のペースで作品を作…

COLUMN
【2021年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…