REVIEW
THERM
SPANK PAGE
MUSIC 2015.12.18 Written By 山田 和季
前作『SAKANA.』より約1年ぶりとなる『THERM』がリリースとなった。SPANK PAGEが仲手川裕介のソロプロジェクトとなってからは2枚目のフルアルバムとなる本作。彼の持つ神々しく澄みきったイメージに加えてそれだけではない沸きたつような熱を秘めたアルバムになっている。 
 
前置きはほどほどにしておくが、頭から最後まで一貫してブルーとレッドの2色のみを併せ持ったような作品である。冷やかさと熱っぽさ、静けさと衝動、空の一番上と海の一番底、表裏一体のもの以外は介在する余地を与えられないようなクリアさを保ち続けた1枚。曖昧さは気持ちいいほどに存在しない。 
M2”RED”での少しずつ深部に潜りこんでいく感覚は、今アルバムを象徴するものがあるだろう。どんどんと鋼のように重たくなっていくベースにつられ、水の中へと引きずり込まれていくような気持ちに陥る1曲。気がつけば別世界に立たされているような、ハッとする終盤の展開は必聴モノだ。個人的にはこの曲なくして『THERM』は成り立たないなと感じている。 
 
アルバム中盤に位置付けられたM4”fire”ではSPANK PAGEらしい美しく高らかな旋律に重ねて色んな物の「消滅」を仲手川は歌う。そしてゴスペルを思わせるようなピアノフレーズが寄り添うように流れ続けるM5”grace”。この2曲の並びが今作で一番の澄み切った悲しさに溢れている一方で、ラスト2曲のM11”monster”、M12”EAT”の並びが最も静かな優しさに満ち満ちているのである。 
 
アルバムとして一貫したテーマを内包しながら、個々の楽曲からもそれぞれの強い意義が感じられる。その想いが丁寧に納められていることに感激すらしてしまうような芸術的な作品となっている。7分超とボリューミーなトレーラーからもその丁寧さは感じられるので、是非上記トレーラーもチェックしていただきたい。 
もちろん今作のレコーディングもライブにてお馴染みのサポートメンバー(Gt.田渕ひさ子/Ba.中尾憲太郎/Dr.水野雅昭)によるものとなっている。今作を携えてのリリースツアーがすでに12月上旬より始まっており、12月18日には京都二条GROWLYでのライブも決定している。その他の公演は12月20日の新潟CLUB RIVERST、12月29日の新代田FEVERにて。 
 
音源でも感じられる仲手川の圧倒的な歌声の存在感はライブでも健在。音源・ライブ・場所・形式を選ばずとも、彼の声と楽曲はいつだって最大限の輝きを放つことができるのである。”生”のライブを感じることができるのはもちろんのこと、その先を超越した”生”の才能をきっと目の当たりにすることとなります。是非。 

『HERM』Special Trailer

THERM

 

1.HEAT
2.RED
3.spliced sky
4.fire
5.grace
6.夏を待ってる
7.ゆめさらい
8.(Interlude)
9.さよならバイオレット
10.水曜のシャルム
11.monster
12.EAT

 

Release ‘15,11,25
Format ALBUM
Price 2,300円(税込)
Item twr-372
Lable Throw Records

WRITER

RECENT POST

REVIEW
フラッシュフィクション – Ribet towns
REVIEW
HUBBLE – noid
INTERVIEW
ー僕らにとってのシューゲイズー ART-SCHOOL木下理樹×blgtz田村昭太のルーツに触れる対談
REPORT
【山田和季の見たボロフェスタ2017 / Day3】バレーボウイズ / unizzz… …
REPORT
【山田和季の見たボロフェスタ2017 / Day2】BRADIO / カネコアヤノ / WONK /…
REVIEW
ある日気がつく、同じ顔の奴ら – キツネの嫁入り
REPORT
三者三様のウェットなアツさに満ちた夜。CARD企画 “PICK ME UP vol.7&…
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【ライター小倉・齋藤編】
REPORT
【座談会】働きながら音楽活動をする<京都編>  開催レポート・後編
REPORT
【座談会】働きながら音楽活動をする<京都編>  開催レポート・前編
REPORT
『果て』という極限を見据え続ける4バンドが集結。bed現体制でのラスト京都企画”turn…
INTERVIEW
music studio SIMPO
REPORT
THROAT RECORDS大忘年会―LOSTAGEが1年かけて作り上げたものを最後の最後まで見せつ…
INTERVIEW
Live House nano
REPORT
bedが歌う「僕ら」の話は、今ここにいる内向的な僕らの話
INTERVIEW
『4WD』発売企画 フラットライナーズ石川 / bed山口対談【後編】
INTERVIEW
『4WD』発売企画 フラットライナーズ石川 / bed山口対談【前編】
REPORT
【山田和季の見たボロフェスタ2016 / Day2】FUCKER / Doit Science / …
REVIEW
Kind of Blue – イツキライカ
REPORT
【山田和季の見たボロフェスタ2016 / Day1】渡辺シュンスケ / jizue / ゆーきゃん …
INTERVIEW
bed 4thアルバム『via nowhere』特別1万字インタビュー!彼らが考える「bedらしさ」…
INTERVIEW
bed 4thアルバム『via nowhere』特別1万字インタビュー!彼らの考える「bedらしさ」…
INTERVIEW
宅録・サイドプロジェクト限定?そ―名古屋発コンピ『ナゴミハイツ』
REPORT
ナノボロフェスタ2014 2014.08.31 ライブレポート
REPORT
mothercoat @ 京都GROWLY
REPORT
カングルワングル @ 京都GROWLY
REPORT
ウサギバニーボーイ@ 京都GROWLY
REPORT
メシアと人人 @ 京都GROWLY ライブレポート
REPORT
ナノボロフェスタ2014 -day.1- 2014.08.30

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…