REPORT

カングルワングル @ 京都GROWLY

MUSIC 2014.10.04 Written By 山田 和季

カングルワングル -広島オルタナティブツアー御一行様ご来店~え?埼玉からも!?~-@京都GROWLY 2014.10.04

 

今年5月頃に2nd ep.「はんねep.」をリリースしているカングルワングル。その際に大阪には来ていたようだが、今回ようやくの京都初上陸(といっても広島と京都は地続きなのだが)である。最初にはっきりと言っておこう。もしこのバンドが今後もこの地にやってきてくれるのならば構わないのだが、そうでないのだとしたら今夜この場にいることが本当に幸運だったなあ、ということを。

 

モクモクとスモークがステージを覆い隠し、そして分散した光の粒の向こうに透けている姿。この雰囲気だと初見の人はきっと「ん?轟音系かな?シューゲ系かな?」と幻想的な音楽をイメージするだろう。しかし演奏が始まってみると確かに幻想的という言葉は間違ってはいないのだが、ドライな空間系ギターサウンドの中をまるで切り裂くような、想像していたよりも遙かに打撃が強すぎる「幻想」の姿があった。言葉を投げつけてくるようなボーカル、ギターのカッティング、ドラムのタイトなビートとそれに重なるベースのグル―ヴ感があらゆる方向から、私たちのボヤーっとした視界を斬りつけてくる感じだ。

 

続けざまに2曲目「蟹」のイントロのギターが刻まれると、フロアからはゆるりとしているが気持ちのよさそうな歓声が次々とあがった。ときどきビールをひっかけながら歌うVoのっこんの姿に客もつられているのか、カングルワングルが自らのことを「広島産酩酊ポップミュージック」と名乗る理由がフロアの客の姿からも垣間見えた。このバンドの音楽ジャンルについては「これ!」と断言しにくいところもあり、頭を悩ませているリスナーも多いようだが、その理由のひとつとして、きっと一言に「フリースタイルラップ」と言ってしまうにはあまりにも歌心がありすぎるのだ。彼のように、歌う一言一言にあわせて笑ったり、とぼけた顔をしたり、表情の多い歌を歌う人間に私は滅法弱いのだが、そういった表現ができるのもポエトリーリーディングやラップといった類のものと、歌モノの両方から美味しいとこ取りをしているカングルワングルならではの魅力であると感じた。

 

ライブは後半に進むにつれ、尻あがりに熱くなっていった。オケは終始タイト感を保ちながらも全体を通して涼しげな音像なのだが、完全にVoが紡ぐリリックの勢いと一体化している。音像は変わらないのにVoの熱量に比例してエネルギーを放出している感じが最高に面白かった。ああ、これがバンドなのだな、という感覚を久しぶりに目の当たりにしたのであった。

 

(photo:高石瑞希)

WRITER

RECENT POST

REVIEW
フラッシュフィクション – Ribet towns
REVIEW
HUBBLE – noid
INTERVIEW
ー僕らにとってのシューゲイズー ART-SCHOOL木下理樹×blgtz田村昭太のルーツに触れる対談
REPORT
【山田和季の見たボロフェスタ2017 / Day3】バレーボウイズ / unizzz… …
REPORT
【山田和季の見たボロフェスタ2017 / Day2】BRADIO / カネコアヤノ / WONK /…
REVIEW
ある日気がつく、同じ顔の奴ら – キツネの嫁入り
REPORT
三者三様のウェットなアツさに満ちた夜。CARD企画 “PICK ME UP vol.7&…
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【ライター小倉・齋藤編】
REPORT
【座談会】働きながら音楽活動をする<京都編>  開催レポート・後編
REPORT
【座談会】働きながら音楽活動をする<京都編>  開催レポート・前編
REPORT
『果て』という極限を見据え続ける4バンドが集結。bed現体制でのラスト京都企画”turn…
INTERVIEW
music studio SIMPO
REPORT
THROAT RECORDS大忘年会―LOSTAGEが1年かけて作り上げたものを最後の最後まで見せつ…
INTERVIEW
Live House nano
REPORT
bedが歌う「僕ら」の話は、今ここにいる内向的な僕らの話
INTERVIEW
『4WD』発売企画 フラットライナーズ石川 / bed山口対談【後編】
INTERVIEW
『4WD』発売企画 フラットライナーズ石川 / bed山口対談【前編】
REPORT
【山田和季の見たボロフェスタ2016 / Day2】FUCKER / Doit Science / …
REVIEW
Kind of Blue – イツキライカ
REPORT
【山田和季の見たボロフェスタ2016 / Day1】渡辺シュンスケ / jizue / ゆーきゃん …
INTERVIEW
bed 4thアルバム『via nowhere』特別1万字インタビュー!彼らが考える「bedらしさ」…
INTERVIEW
bed 4thアルバム『via nowhere』特別1万字インタビュー!彼らの考える「bedらしさ」…
REVIEW
PAGETHERM – SPANK PAGE
INTERVIEW
宅録・サイドプロジェクト限定?そ―名古屋発コンピ『ナゴミハイツ』
REPORT
ナノボロフェスタ2014 2014.08.31 ライブレポート
REPORT
mothercoat @ 京都GROWLY
REPORT
ウサギバニーボーイ@ 京都GROWLY
REPORT
メシアと人人 @ 京都GROWLY ライブレポート
REPORT
ナノボロフェスタ2014 -day.1- 2014.08.30

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…