EVENT

主と客

ART 2019.07.12 Written By 肥川 紫乃

『主と客』は、宿泊型アートスペースkumagusukuの店主であり、美術家の矢津吉隆による個展だ。6月29日(土)〜8月10日(土)にCOHJU contemporary artで開催される。

 

矢津は『主と客』の展示を通じ “主を台座、客を作品” として捉え、本来であれば脇役に徹する額縁や台座に作品と同等、もしくはそれ以上の意味を持たせることで、 主客の新たな関係性によって生まれる作品の可能性を提示している。既存のルールを再解釈し、新たな役割を与えることでどんな作品が生まれるのだろうか?

 

これまで、kumagusukuの運営やアーティスト向けに住宅兼制作スタジオを賃貸するプロジェクト、BASEMENT KYOTOなど、作品制作以外にも様々な事業開発に取り組んできた矢津。その中で改めて大切だと気が付いたのは、アーティストが持つ視点や思考法だという。そして、それを会社での仕事や実生活にも活かす方法として、幅広い職種の人が新しい視座を獲得することを目指した私塾、『アート×ワーク塾』の開講も記憶に新しい。

 

今回の展示では、美術家として自身の思考を伝えることで、学びとはまた少し違う確度から新しいなにかを鑑賞者に届けようとしているのだろうか。ぜひ会場に足を運んで、作品からなにかを感じ取ってみて欲しい。

『主と客』にむけてのステートメント

作品の重要性に異論はないが、その作品がどのように在るのか、つまりはどのような部屋に、どのような台座に、どのような額に、どのような設えによって展示されているのかもまた、非常に重要である。艶消しの白で塗られた方形の台座や、清潔な白木の額は、作品の成立を補助する役割を担っている。決して無闇に主張しない彼らの“力”を作家であればよく知っているだろう。通常、彼らには安定していて、均質で、平滑で、作品を損なわず脇役に徹することが求められる。しかし、例えば、不安定で不揃いでザラザラとした質感があり、作品と同等、もしくはそれ以上の存在感を放つ台座や額があってもいいのではないだろうか。どちらが主でどちらが客なのか?その問い掛けへの答えを現時点で私は持たないが、その主客の関係性によって生まれる新しい作品があるとするなら、それを見てみたいと思っている。

会期

6月29日(土)〜8月10日(土)

開廊時間

13:00〜8:00

開廊日

火〜土(月曜日のみアポイントメント制)
日・祝は休廊日です。

会場

COHJU contemporary art

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
肩書にこだわらない異色の大工、建築集団「々」の野崎将太はあなたの中に眠る「おもしろい!」を掘り起こす…
INTERVIEW
手の届く範囲に「顔見知り」がいるコミュニティのおもしろさ。うかぶLLC・蛇谷りえ / 三宅航太郎が湯…
INTERVIEW
「対バンしたい!」を仕事で叶える。Nue inc. 松倉早星インタビュー
SPOT
進々堂 京大北門前店
SPOT
MEMEME COFFEE HOUSE
SPOT
BnA Alter Museum
ART
REPORT
必ずしも正解は必要ではない。『楽観のテクニック』で気づく「自分なりの問い」とは?
ART
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P7:アーティスト】 副産物産店・矢津 吉隆 / 山田 毅
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :和紙作家・ハタノワタル
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :皮革作家・logsee
ART
SPOT
VOU
SPOT
壬生モクレン
SPOT
Photolabo hibi
SPOT
サウナの梅湯
SPOT
恵文社一乗寺店
INTERVIEW
Vo.アベフミヒコが初めて語る。SIRMO STADの軌跡とニュー両A面シングル『見慣れた街で / …
SPOT
バイタルサイン
REPORT
コンテンポラリーダンスってどんな感じ?アンテナメンバーがビギナークラスのWSを受けてみました!
ART
INTERVIEW
100年続くフェスティバルへ「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」創設者・坂本公成インタビュ…
ART
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ②じかんどろぼう大発信編-
INTERVIEW
信念を貫くということ。『日本一の斬られ役 』福本清三さんインタビュー
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ①ウォーターガールズ編-

LATEST POSTS

REPORT
京都音楽博覧会2021 at 立命館大学 オンラインライブレポート

緑の芝生が広がる梅小路公園をステージに、2007年からはじまったくるり主催の京都音楽博覧会(以下、音…

COLUMN
【2021年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2021年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
折坂悠太 – 心理

月の初めにお届けする、編集部によるクロスレビュー。今月の作品は折坂悠太3枚目のアルバム『心理』です。…

REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて

大阪の5人組バンド・ズカイについて、筆者は前作ミニアルバム『毎日が長すぎて』のレビューで「ニヒルなピ…