EVENT

鳥取県文化振興財団プロデュース創作公演 第3弾「舞踊公演」

ART 2018.03.02 Written By 肥川 紫乃

鳥取県文化振興財団プロデュース創作公演 第3弾「舞踊公演」が3/3・4鳥取のとりぎん文化会館で開催される。

 

プロデュース創作公演では、鳥取という地と人を生かしながら古典芸能・舞踊・音楽・演劇で毎回オリジナル公演を制作している。第3弾「舞踊公演」では、島地保武が振り付けを手がける『夢の破片』と、コンドルズ主宰・近藤良平が振り付けを手がける『あげだがん 上げてどうする そげだがん』の2作品が上演。

 

『夢の破片』では、倉吉市出身の自由律俳句の俳人・河本緑石(かわもとりょくせき)の同名の詩集を創作の基点に、島地保武、辻本知彦らをはじめとするコンテンポラリーダンサー、クラシックバレエダンサーによるダンス・パフォーマンスが繰り広げられる。

 

『あげだがん 上げてどうする そげだがん』では、近藤良平と共に、年齢も職業もさまざまに集まった鳥取県の皆さん=”トリドルズ”が、鳥取の方言やオノマトペに合わせた遊びと創作のダンス・パフォーマンスを展開。

 

日本を代表するふたりのダンサーと鳥取の人たちが「とっとり」を踊る。地元の人たちも、鳥取が好きな他府県の人たちも、今週末は鳥取に集まろう。

 

日時

2018年3月3日(土)〜2018年3月4日(日)

『夢の破片』開場:13:30 / 開演:14:00

『あげだがん 上げてどうする そげだがん』ロビー開場:15:00 / 開演:15:20

場所

とりぎん文化会館 梨花ホール・小ホール

出演者

『夢の破片』

演出・振付・出演:島地保武

出演:赤井彩香、大田信之介、鈴木春奈、御舩亜美、村上渉、辻本知彦(特別出演)

演出・振付助手:酒井はな

音楽:岡 直人

衣装:大野知英

 

 

『あげだがん 上げてどうする そげだがん』

演出・振付・出演:近藤良平(コンドルズ主宰)

出演:トリドルズ

安達愛、天野康平、猪口亜也子、浦田ゆかり、浦林菜那、岡本美香、小椋一彦、小椋三裕、小原葉子、菊川朝子、小谷恵美子、坂田泰則、佐分利育代、渋谷千里、水谷宣子、高見桃子、田中悦子、田中京子、田中浩子、中合恭子、長田早知穂、仲野真由美、中村由利子、長谷川茜、深澤佳代子、松浦秀一郎、松尾ほのか、瑞山飛鳥、JULLY 

振付アシスタント・出演:山本光二郎(コンドルズ)

料金

全席自由 [2作品] 一般:2,500円 高校生以下:1,000円 
*近藤良平 振付作品「あげだがん 上げてどうする そげだがん」1作品鑑賞券
 一般1,200円、高校生以下無料(要整理券)

 

※高校生以下チケットで入場の際は、学生証の提示が必要な場合がございます。
※「夢の破片」は、就学前のお子様はご入場いただけません。
託児サービスをご利用ください。
※演出の都合により、開演時間に遅れますと入場をお待ちいただく場合がございます。予めご了承ください。

チケット

【チケット取扱い】一般発売12月16日(土)10:00~好評発売中!
とりぎん文化会館、倉吉未来中心、アルテプラザ(財団西部事務所/米子天満屋4階)
鳥取県文化振興財団インターネット・チケットサービス
ローソンチケット〈Lコード:62776〉
※ローソンチケットは、友の会会員特典対象外。2作品鑑賞券のみ取扱い。
※車いす席は、ローソンチケットでは取扱いはありません。

 

【未就学入場/託児サービス】
小ホール/島地保武 振付作品「夢の破片」…未就学児入場不可
梨花ホール/近藤良平 振付作品「あげだがん 上げてどうする そげだがん」

 

…未就学児入場可

○託児サービス *申込みは、締め切りました
無料・要予約/満1歳から小学校2年生までのお子様の限ります。
募集期間:2017年12月16日(土)~2018年2月15日(木)まで
申込先:とりぎん文化会館(休館日:第2・4・5月曜日[祝日の場合翌平日休])
☎ 0857-21-8700

HP

http://cms.sanin.jp/p/zaidan/5/1/1/3/

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
肩書にこだわらない異色の大工、建築集団「々」の野崎将太はあなたの中に眠る「おもしろい!」を掘り起こす…
INTERVIEW
手の届く範囲に「顔見知り」がいるコミュニティのおもしろさ。うかぶLLC・蛇谷りえ / 三宅航太郎が湯…
INTERVIEW
「対バンしたい!」を仕事で叶える。Nue inc. 松倉早星インタビュー
SPOT
進々堂 京大北門前店
SPOT
MEMEME COFFEE HOUSE
INTERVIEW
BnA Alter Museum
ART
REPORT
必ずしも正解は必要ではない。『楽観のテクニック』で気づく「自分なりの問い」とは?
ART
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P7:アーティスト】 副産物産店・矢津 吉隆 / 山田 毅
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :和紙作家・ハタノワタル
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :皮革作家・logsee
ART
INTERVIEW
VOU
SPOT
壬生モクレン
SPOT
Photolabo hibi
SPOT
サウナの梅湯
INTERVIEW
恵文社一乗寺店
INTERVIEW
Vo.アベフミヒコが初めて語る。SIRMO STADの軌跡とニュー両A面シングル『見慣れた街で / …
SPOT
バイタルサイン
REPORT
コンテンポラリーダンスってどんな感じ?アンテナメンバーがビギナークラスのWSを受けてみました!
ART
INTERVIEW
100年続くフェスティバルへ「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」創設者・坂本公成インタビュ…
ART
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ②じかんどろぼう大発信編-
INTERVIEW
信念を貫くということ。『日本一の斬られ役 』福本清三さんインタビュー
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ①ウォーターガールズ編-

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年4月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…