EVENT

デザイン思考 × IoT・チャットボット・バイオプラスチック | Kyoto Design Thinking EXPO 2018

京都工芸繊維大学にてKyoto Design Thinking EXPO 2018が開催。デザイン思考への理解を深めるワークショップや卒業生によるパネルディスカッションに加え、国際的産学連携プログラム”ME310/SUGAR“の9か月にわたるプロジェクトの成果が発表される。デザイン思考の手法によって生み出された様々なプロジェクトを通して、あなたも未来のイノベーションを体験してみてはいかがだろうか。

ME310/SUGARとは
ME310/SUGARとは、グローバル企業から提供される様々な課題に、海外の大学と協同で取り組むデザイン思考の手法を用いたプログラム。9か月の間、学生チームは机上の空論ではなく、広範囲な調査に基づいたコンセプトのブラッシュアップ、そして試作を繰り返すことでプロジェクトを進めていく。これまでME310/SUGARから生まれた多くのアイデアは協同企業によってさらに高められ、市場へと送り込まれている。
スタンフォード大学に端を発したこのプログラムは世界各地の20を超える大学へと波及し、過去10年間に参加学生は5倍に増加。京都工芸繊維大学は日本で唯一このネットワークに参加する研究・教育機関である。

日時

2018年6月30日(土)10:00 – 21:00

会場

・京都工芸繊維大学60周年記念館1階大セミナー室
・KYOTO Design Lab 2F
※各プログラムによって、会場が異なります。

プログラム

10:00    ME310/SUGAR展示開始
10:30-12:15 ミニデザイン思考ワークショップ(日本語)
14:30-15:30 ME310/SUGAR企業向け説明会(日本語)
15:30-16:30 卒業生によるパネルディスカッション(日本語)
16:40-17:40 ME310/SUGAR最終プレゼンテーション(英語)
17:40-18:25 2018-2019期ME310/SUGAR参加希望学生向け説明会(英語)
18:45    ME310/SUGAR展示終了
19:00-21:00 スーパーSUDS(交流会)

料金

入場無料

HP

http://www.d-lab.kit.ac.jp/events/2018/kdte2018/

備考

・ミニデザイン思考ワークショップのみ事前申込制 ※定員に達したため募集終了
・イベント途中での出入りも可能です
・イベントによって使用言語が異なります(通訳はありません)

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
肩書にこだわらない異色の大工、建築集団「々」の野崎将太はあなたの中に眠る「おもしろい!」を掘り起こす…
INTERVIEW
手の届く範囲に「顔見知り」がいるコミュニティのおもしろさ。うかぶLLC・蛇谷りえ / 三宅航太郎が湯…
INTERVIEW
「対バンしたい!」を仕事で叶える。Nue inc. 松倉早星インタビュー
SPOT
進々堂 京大北門前店
SPOT
MEMEME COFFEE HOUSE
INTERVIEW
BnA Alter Museum
ART
REPORT
必ずしも正解は必要ではない。『楽観のテクニック』で気づく「自分なりの問い」とは?
ART
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P7:アーティスト】 副産物産店・矢津 吉隆 / 山田 毅
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :和紙作家・ハタノワタル
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :皮革作家・logsee
ART
INTERVIEW
VOU
SPOT
壬生モクレン
SPOT
Photolabo hibi
SPOT
サウナの梅湯
INTERVIEW
恵文社一乗寺店
INTERVIEW
Vo.アベフミヒコが初めて語る。SIRMO STADの軌跡とニュー両A面シングル『見慣れた街で / …
SPOT
バイタルサイン
REPORT
コンテンポラリーダンスってどんな感じ?アンテナメンバーがビギナークラスのWSを受けてみました!
ART
INTERVIEW
100年続くフェスティバルへ「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」創設者・坂本公成インタビュ…
ART
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ②じかんどろぼう大発信編-
INTERVIEW
信念を貫くということ。『日本一の斬られ役 』福本清三さんインタビュー
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ①ウォーターガールズ編-

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…

COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
Ribet townsは12人組プロジェクトチーム!? 現代社会を楽しく生き抜く処世術を歌う、新作に至った意識の変化

つくづくRibet townsはタフなバンドだと思う。2016年に京都で活動開始した当初から、12人…