EVENT

京都国立近代美術館オープンデー 「美術のみかた、みせかた、さわりかた」

ART 2018.08.01 Written By 肥川 紫乃

美術を手でさわって鑑賞してみよう。京都国立近代美術館オープンデーでは、おとなも子どももみんなが楽しめる美術鑑賞ツアーを開催します。ナビゲーターと一緒に作品をさわり、質感や大きさ、重さなどを体感しながら鑑賞する「美術のさわりかたツアー」、作品を置くための展示台や照明など、展示会を作り上げる要素を展覧会を準備したナビゲーターと一緒にめぐる「美術のみせかたツアー」、目の見えない人、見えにくい人と、ことばを使って鑑賞する「おしゃべりツアー」など、いつもの美術館では体験できない夏休みの特別なツアーが盛りだくさんです。その他、「こども映画館@MoMAK」では、活弁と演奏付きでの無声映画の上映や『長靴をはいた猫』など昔の映画を楽しむことができます。美術をみて、さわって、感性に語りかける1日にしませんか?

日時

2018年8月10日(金)/ 11日(土)

会場

京都国立近代美術館

プログラム

8月10日(金)
10:00~11:30 美術のさわりかたツアー①※申込みは締切りました
13:00~14:30 美術のさわりかたツアー②※申込みは締切りました
15:00~16:00 美術のみせかたツアー
16:00~17:30 こども映画館@MoMAK『キートンの大列車追跡』

 

8月11日(土)
10:00~11:30 美術のさわりかたツアー③※申込みは締切りました
13:00~14:30 美術のさわりかたツアー④※申込みは締切りました
14:00~14:45 おしゃべりツアーA
15:00~15:45 おしゃべりツアーB
16:00~17:30 こども映画館@MoMAK『長靴をはいた猫』

主催

新たな美術鑑賞プログラム創造推進事業実行委員会

お問い合わせ

京都国立近代美術館 075-761-4111(代表)

プログラム詳細・申込方法

http://www.momak.go.jp/senses/openday2018.html

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
肩書にこだわらない異色の大工、建築集団「々」の野崎将太はあなたの中に眠る「おもしろい!」を掘り起こす…
INTERVIEW
手の届く範囲に「顔見知り」がいるコミュニティのおもしろさ。うかぶLLC・蛇谷りえ / 三宅航太郎が湯…
INTERVIEW
「対バンしたい!」を仕事で叶える。Nue inc. 松倉早星インタビュー
SPOT
進々堂 京大北門前店
SPOT
MEMEME COFFEE HOUSE
INTERVIEW
BnA Alter Museum
ART
REPORT
必ずしも正解は必要ではない。『楽観のテクニック』で気づく「自分なりの問い」とは?
ART
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P7:アーティスト】 副産物産店・矢津 吉隆 / 山田 毅
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :和紙作家・ハタノワタル
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :皮革作家・logsee
ART
INTERVIEW
VOU
SPOT
壬生モクレン
SPOT
Photolabo hibi
SPOT
サウナの梅湯
INTERVIEW
恵文社一乗寺店
INTERVIEW
Vo.アベフミヒコが初めて語る。SIRMO STADの軌跡とニュー両A面シングル『見慣れた街で / …
SPOT
バイタルサイン
REPORT
コンテンポラリーダンスってどんな感じ?アンテナメンバーがビギナークラスのWSを受けてみました!
ART
INTERVIEW
100年続くフェスティバルへ「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」創設者・坂本公成インタビュ…
ART
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ②じかんどろぼう大発信編-
INTERVIEW
信念を貫くということ。『日本一の斬られ役 』福本清三さんインタビュー
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ①ウォーターガールズ編-

LATEST POSTS

REVIEW
THE HAMIDA SHE’S『純情讃歌』 – 京都の新星が放つ、荒々しい性春とドラマチックな物語

初期のサンボマスターや銀杏BOYZのような、思春期の煮詰めた妄想と潔癖な姿勢を感じさせる音楽。それを…

REPORT
Homecomingsのターニングポイントで実現した、くるりとの特別な一日

彼、彼女らが京都左京区の大学の部室でバンドをはじめた2012年頃、かつて京都北区の大学で結成した彼ら…

COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…