EVENT

スクール・ナーランダVol.4 京都

浄土真宗本願寺派が取り組む、これから社会に出ようとする10~20代の方たちのための新しい学びの場「スクール・ナーランダ」のVol.4が2019年2月9日(土)と2月10日(日)の2日間に渡って西本願寺にて開催されます。

 

今回は『十人十色の価値観が表現できる社会を真剣に想像してみる。』と題して、多様な価値観や社会との関わり方を持つ講師を招き、若い世代のゆるがないこころの軸をつくることを目指して、参加者が学ぶだけでなく真剣に対話し、考えることができる場となっています。十人十色の講師は、minä perhonen代表・デザイナーの皆川明さん、ダンサー・振付家の島地保武さん、科学論研究者の佐倉統さん、フリーライターの夏生さえりさん、浄土真宗本願寺派の僧侶である藤丸智雄さんと武田正文さんの6名。

 

また、講師陣の授業と鼎談に加え、通常非公開である西本願寺を見学するツアー、お香や念珠のワークショップなどの体験プログラムも。お昼には、本願寺の「お斎(おとき)」として出される精進料理がいただけます。

 

身の引き締まる寒さの冬の日、十人十色の価値観に触れ、対自分とそして対社会について考える機会にしてみてはいかがでしょうか。

日時

2019年2月9日(土)・10日(日)

9:30~17:00

会場

西本願寺、伝道院

講師

〈2/9〉
皆川 明(デザイナー)
島地保武(ダンサー/振付家)
藤丸 智雄 (浄土真宗本願寺派僧侶)

〈2/10〉
佐倉 統(科学論研究者)
夏生さえり(フリーライター)
武田正文(浄土真宗本願寺派僧侶/臨床心理士)

料金
  • 一般1日3,000円、2日通し券5,000円(いずれも昼食付き)
  • 学生1日2,000円、2日通し券3,000円(受付にて学生証を提示)
定員

60名 / 日

お申し込み

http://ur0.work/OgE8

締め切り

2018年1月30日(水)

※先着順。定員になり次第、締切。

主催

浄土真宗本願寺派 子ども・若者ご縁づくり推進室

お問い合わせ

浄土真宗本願寺派 子ども・若者ご縁づくり推進室(〒600-8501 京都市下京区堀川通花屋町下ル 浄土真宗本願寺派宗務所)
goen@hongwanji.or.jp

Tel(075)371-5181(代)

fax(075)351-1211 
http://www.hongwanji.or.jp

イベントページ

https://www.facebook.com/events/2016943515061449/

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
肩書にこだわらない異色の大工、建築集団「々」の野崎将太はあなたの中に眠る「おもしろい!」を掘り起こす…
INTERVIEW
手の届く範囲に「顔見知り」がいるコミュニティのおもしろさ。うかぶLLC・蛇谷りえ / 三宅航太郎が湯…
INTERVIEW
「対バンしたい!」を仕事で叶える。Nue inc. 松倉早星インタビュー
SPOT
進々堂 京大北門前店
SPOT
MEMEME COFFEE HOUSE
INTERVIEW
BnA Alter Museum
ART
REPORT
必ずしも正解は必要ではない。『楽観のテクニック』で気づく「自分なりの問い」とは?
ART
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P7:アーティスト】 副産物産店・矢津 吉隆 / 山田 毅
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :和紙作家・ハタノワタル
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :皮革作家・logsee
ART
INTERVIEW
VOU
SPOT
壬生モクレン
SPOT
Photolabo hibi
SPOT
サウナの梅湯
INTERVIEW
恵文社一乗寺店
INTERVIEW
Vo.アベフミヒコが初めて語る。SIRMO STADの軌跡とニュー両A面シングル『見慣れた街で / …
SPOT
バイタルサイン
REPORT
コンテンポラリーダンスってどんな感じ?アンテナメンバーがビギナークラスのWSを受けてみました!
ART
INTERVIEW
100年続くフェスティバルへ「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」創設者・坂本公成インタビュ…
ART
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ②じかんどろぼう大発信編-
INTERVIEW
信念を貫くということ。『日本一の斬られ役 』福本清三さんインタビュー
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ①ウォーターガールズ編-

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…

COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
Ribet townsは12人組プロジェクトチーム!? 現代社会を楽しく生き抜く処世術を歌う、新作に至った意識の変化

つくづくRibet townsはタフなバンドだと思う。2016年に京都で活動開始した当初から、12人…

REVIEW
大槻美奈『LAND』-愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』

愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』 …