EVENT

NOSTRESS x BnA Alter Museum 3rd Anniversary

MUSIC PR 2022.06.26 Written By 肥川 紫乃

宿泊型ミュージアム〈BnA Alter Museum〉が3周年を迎え、2022年7月2日(土)の15:00より、2つの客室を手掛けたアーティストのAOKI takamasaによるDJと植物のインスタレーションパーティー「NOSTRESS」が開催される。これまで大阪を拠点に居心地の良さを提案するパーティーとして開催してきたが、3年ぶり第5回目となる今回は場所を京都に移し、DJと植物によるゆらぎの空間を演出する。

 

〈BnA Alter Museum〉は、気鋭のアーティストが手掛けた31の客室という作品に泊まりながら、アートの鑑賞体験ができる。ホテルという場所を使って、アーティストと鑑賞者がなんらかの感覚を共有できる空間を提供している。

 

パーティーでは、1階エントランスすぐの空間をメイン会場に、アーティストのAOKI takamasaとモデル・デザイナーのJun Haganが植物による空間演出を展開。15時のチェックイン開始と同時にフロアでAOKI takamasa、KAZUMA(TONE FLOAT)、Dj Spot(LARK)によるDJがスタート。ホテルに一歩踏み入れた瞬間から、音楽と植物に包み込まれるような特別な体験が始まる。さらに、京都五条のアイスクリーム専門店〈PICARO EIS〉と、イベントに引っ張りだこの〈環境〉のフードの出店も楽しめる。

 

当日は「3周年イベント特別宿泊プラン」として、通常の宿泊料金でNOSTRESSチケット、Barドリンクチケット1名につき1枚、3周年特別アートルームツアーが体験できる30名限定のプランが用意されている。また、宿泊しない人でもルームツアーを体験できる「ルームツアー付きNOSTRESSイベント前売りチケット」も15枚限定で販売中だ。3周年特別ルームツアーでは、EYヨ制作のスイートルームを除く8部屋を見ることができる。

 

週末は、音楽と植物とアートに癒される至福の時間を過ごしてみてはどうだろうか?

日時

2022年7月2日(土)15:00 – 21:00

会場

BnA Alter Museum 1F

入場料

¥2,000 / 当日

※ご宿泊の場合は宿泊料に入場料が含まれます。

特別プラン

(1)3周年イベント特別宿泊プラン

通常宿泊料金で、NOSTRESSチケット、Barドリンクチケット1名につき1枚、3周年特別アートルームツアーが付いた特別宿泊プラン。

 

予約サイトはこちら

 

(2)ルームツアー付NOSTRESSイベント前売りチケット

3周年特別アートルームツアーとNOSTRESSチケットを兼ねた前売りチケットを限定数販売いたします。販売価格はイベント通常料金と同じ¥2,000円にて、限定15名。

 

前売りチケット販売サイトはこちら

出演者

[Space Design]
Jun Hagan
AOKI takamasa

 

[DJ]
AOKI takamasa
KAZUMA (TONE FLOAT)
Dj Spot (LARK)

 

[Food]
PICARO EIS
環境

 

[Sound Engineer]
WADA

 

[展示協力]
バラエングループ

出演者プロフィール

Jun Hagan

 

1983年NZ出身。15才よりファッション誌、ショー、広告などのモデルとして活躍。自らペインティング·クラフト·空間ディレクションをなどの活動に加え、現在は植物など自然環境にある素材を取り入れた新たな表現で自分らしいスタイルを追求し続けている。

AOKI takamasa

 

1976年大阪府出身。2001年初頭に自身にとってのファースト・アルバム 『SILICOM』をリリースして以来、LIVE, DJ、楽曲制作を中心に国際的な活動を続ける。2004年~2011年はヨーロッパに拠点を置き、2011年に帰国。国内外のアーティストのremix, プロデュース、ミキシングも担当。Bun / Fumitake Tamuraとのユニット”Neutral”での活動も進行中。写真家としても活動。

KAZUMA (TONE FLOAT)

 

20年以上のキャリアを保ちながら、新たな音を模索し続けるDJ。天性の耳の良さを活かしたDJもさることながら、音響、空間演出に至るまでディテールに手を抜かない姿勢は多くの信頼を得ており、音楽を通し全ての人に心地よさと陶酔感に満ちた旅の共有を提示する音好人。

Dj Spot (LARK)

 

大阪を拠点にminimal, technoを基盤としたプレイスタイルで数々のパーティーに出演。2009年よりLARKを主催。ヨーロッパや南米から同世代のすばらしいArtist(DJ / Live)をゲストに迎え、大阪のundergroudシーンに多大な影響を与え続ける。彼らの世代のMinimal / Technoを大阪に根付かせる活動を継続しながら2017年よりパーティーLARKと同名のレコードレーベルを盟友Yoske(DJ / Producer)と共に立ち上げている。2020年からは大阪SocoreFactory・名古屋Club Magoの2都市で精力的にLARKを開催している。

 

http://lark-vinyl.com/

You May Also Like

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
肩書にこだわらない異色の大工、建築集団「々」の野崎将太はあなたの中に眠る「おもしろい!」を掘り起こす…
INTERVIEW
手の届く範囲に「顔見知り」がいるコミュニティのおもしろさ。うかぶLLC・蛇谷りえ / 三宅航太郎が湯…
INTERVIEW
「対バンしたい!」を仕事で叶える。Nue inc. 松倉早星インタビュー
SPOT
進々堂 京大北門前店
SPOT
MEMEME COFFEE HOUSE
SPOT
BnA Alter Museum
ART
REPORT
必ずしも正解は必要ではない。『楽観のテクニック』で気づく「自分なりの問い」とは?
ART
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P7:アーティスト】 副産物産店・矢津 吉隆 / 山田 毅
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :和紙作家・ハタノワタル
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :皮革作家・logsee
ART
SPOT
VOU
SPOT
壬生モクレン
SPOT
Photolabo hibi
SPOT
サウナの梅湯
SPOT
恵文社一乗寺店
INTERVIEW
Vo.アベフミヒコが初めて語る。SIRMO STADの軌跡とニュー両A面シングル『見慣れた街で / …
SPOT
バイタルサイン
REPORT
コンテンポラリーダンスってどんな感じ?アンテナメンバーがビギナークラスのWSを受けてみました!
ART
INTERVIEW
100年続くフェスティバルへ「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」創設者・坂本公成インタビュ…
ART
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ②じかんどろぼう大発信編-
INTERVIEW
信念を貫くということ。『日本一の斬られ役 』福本清三さんインタビュー
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ①ウォーターガールズ編-

LATEST POSTS

REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波

「波」と聞くと、始めに思い浮かぶのは海で砂浜に打ち付ける波だ。時に津波ともなり、人が及ばない程大きな…

REVIEW
kiss the gambler “ベルリンの森” – 自分の心の居場所はどこにある?

シンガー・ソングライター kiss the gamblerの音楽は自身に立ち昇った感情をただ歌にする…

COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.6 Gift

DJだけでなくそこに集まった様々な「楽しい」がきっかけとなり、あらゆる人が気持ちよく過ごせる場所『G…

REVIEW
KiQ『FuU』ー多彩な仲間と共に漂着した、退屈な日々を彩るフォーク・ロック

名体不離で名詮自性。まるで気球(KiQ)が浮遊(FuU)していくような、涼しげでのんびりとした時間が…