NEWS

2020年6月2日(火) 梅小路ポテル京都(Umekoji Potel KYOTO)がオープン

OTHER 2020.02.15 Written By 肥川 紫乃

2020年6月2日(火)、ホテルならぬ「ポテル」が梅小路公園沿いに誕生する。「はじめまして、ポテルです。「ホテル」じゃなくて「ポテル」です。」というユニークなコンセプト文で紹介されるポテル。このネーミングは、物資や文化の出入り口を語源とする“ポート”と“ホテル”による造語だ。地域に根ざしながらも、国内外の方々の交流の玄関口となることを目指すとともに、ホに「°」を付けることで、様々なことが繋がっていく「ご円(縁)」を意識したのだそう。玄関口である京都駅から15分、京都鉄道博物館と京都水族館のある梅小路エリアはますます多くの人で賑わうことになりそうだ。

 

敷地面積延べ約8700平方メートルに建つ5階建てのホテルの中には、銭湯や立ち飲み屋、本とレコードとボードゲームが楽しめる”あわいの間”など宿泊客をもてなす仕掛けがたくさん用意されている。これらのコンテンツのセレクトは京都の会社と提携しており、本は新しい本屋のあり方を提案している誠光社の堀部篤史さん、ボードゲームはゲーム制作会社のタンサン株式会社がセレクトしている。

 

京都に訪れる旅人に穏やかな滞在と好奇心を与え、まだ見ぬ新しい京都へいざなうホテルの完成が今から楽しみだ。出来上がる様子はWebサイトFacebookページで随時更新されているので、チェックしてみよう。

施設
住所

Google Map

開業準備室

営業時間:10:00〜18:00(土日祝・年末年始12/28〜1/3は休み)

TEL:075-748-7833

MAIL:info@potel.jp

Webサイト

https://www.potel.jp/

WRITER

Recent Posts

INTERVIEW
肩書にこだわらない異色の大工、建築集団「々」の野崎将太はあなたの中に眠る「おもしろい!」を掘り起こす…
INTERVIEW
手の届く範囲に「顔見知り」がいるコミュニティのおもしろさ。うかぶLLC・蛇谷りえ / 三宅航太郎が湯…
INTERVIEW
「対バンしたい!」を仕事で叶える。Nue inc. 松倉早星インタビュー
COLUMN
文化の入口はどこだ? – 海外文化を感じるカフェ編–
SPOT
進々堂 京大北門前店
SPOT
MEMEME COFFEE HOUSE
SPOT
BnA Alter Museum
ART
REPORT
必ずしも正解は必要ではない。『楽観のテクニック』で気づく「自分なりの問い」とは?
ART
INTERVIEW
【with your eyes】5th shot :倉本あかり
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P7:アーティスト】 副産物産店・矢津 吉隆 / 山田 毅
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :和紙作家・ハタノワタル
ART
INTERVIEW
森でからっぽになるアート展『森の展示室』 主催者インタビュー :皮革作家・logsee
ART
INTERVIEW
【with your eyes】4th shot :田中幹人
INTERVIEW
【with your eyes】3rd shot :津久井珠美
INTERVIEW
【with your eyes】2nd shot :水渡嘉昭
INTERVIEW
【with your eyes】1st shot :桑原雷太
SPOT
VOU
SPOT
壬生モクレン
SPOT
Photolabo hibi
SPOT
サウナの梅湯
SPOT
恵文社一乗寺店
INTERVIEW
Vo.アベフミヒコが初めて語る。SIRMO STADの軌跡とニュー両A面シングル『見慣れた街で / …
COLUMN
しのさん鳥取へ行く
SPOT
バイタルサイン
REPORT
8年ぶりの海外旅行!しのさん台中旅レポート【後編】
COLUMN
8年ぶりの海外旅行!しのさん台中旅レポート【前編】
REPORT
コンテンポラリーダンスってどんな感じ?アンテナメンバーがビギナークラスのWSを受けてみました!
ART
INTERVIEW
100年続くフェスティバルへ「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」創設者・坂本公成インタビュ…
ART
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ②じかんどろぼう大発信編-
INTERVIEW
信念を貫くということ。『日本一の斬られ役 』福本清三さんインタビュー
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -齋藤紫乃 ①ウォーターガールズ編-

LATEST POSTS

COLUMN
【2021年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
ベルマインツ – MOUNTAIN

2020年のベルマインツは石若駿や宮田“レフティ”リョウなど名だたるミュージシャンたちの力も借りつつ…

INTERVIEW
“エゴ”だけじゃ形にならない。『フリースタイルな僧侶たち』初代・三代目の編集長に聞く、いま、誰かと編集部に集うわけ。

銭湯の脱衣所でニュースを眺めていると、SNSのフォロワー数が就職活動でひとつの評価基準になることが話…

COLUMN
【2021年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
CIFIKA – HANA

動き続けて、自分の在りかを射止めた第1章 動き続…