REPORT

【小倉陽子の見たボロフェスタ2016 / Day2】Limited Express (has gone?) / 女王蜂 / グッドモーニングアメリカ / ナードマグネット / ワンダフルボーイズ

アンテナでは今年のボロフェスタのレポートを、ステージごとにアップするのではなくライブを見たライター別にアーティストをまとめています。少々探しにくいかもしれませんが、これはボロフェスタの掲げる”あなたの好きな音楽”と”私の好きな音楽”を繋げるというテーマを、ライブレポートでもなんとか再現したいと思ったからです。
各ライターのシフトは本人たちに決めてもらっていて、個人の趣味や趣向を反映させました。この記事を見る人が「このライターの趣味は自分に似ているから、レポートに載っている見れなかったバンドをチェックしてみよう」と、ライターというフィルターを通して新しい音楽との出会いの場所にしていただけたら幸いです。

小倉陽子のボロフェスタ一日目 :Limited Express (has gone?) ⇒ 女王蜂 ⇒ グッドモーニングアメリカ ⇒ ナードマグネット ⇒ ワンダフルボーイズ

1日目に冒険したジャンルレスな音楽をも飛び越えて、もっともっとボーダレスに音楽を感じてみたくて、音楽の鳴る様々な瞬間に取り払われるボーダーを目撃すべく、2日目は地上から地下へと降りていく。

Limited Express(has gone?)

1stステージのHave a Nice Day! 終わりで2ndステージに注目する観客。Limited express(has gone?)のVo YUKARIが現れたのは先ほどまでHave a Nice Day! が熱いアクトを行っていた1stステージ!終わったのか、始まったのか、ぼんやりしているうちに”Heaven Discharge Hells Delight”で2組の共演が鮮やか。ディープなシンセの海に鉛のようなバンドサウンドが浮かび上がり、YUKARIのシャウトが切り裂いていく。夢から醒めたらまだ夢だったような、ふわふわした気分で私はぬるりとその海に飲まれていった。それにしてもリミエキのステージングはしっかりとロックなのに現代美術のよう。それはリミエキそのものもだけれども、頭を振ってトランス状態の観客を見つめながら美しいなぁと思っていた。こんな音楽がこんなホールで味わえるなんて、すごいぞボロフェスタ。ボロフェスタのテーマソングにもなっている”ギャーギャー騒げ”のギターに恍惚。まさに「思想なんてのはくそくらえ Fuckin’ cool」なのである。BiSHへの提供曲“カラダイデオロギー”ではBiSH乱入でまさに共演・コラボなんて言葉を超えたボーダレスな音のパフォーマンスの共存だった。”This world is too small for me”でリミエキ×BiSHが客席との境界線をも破壊しまくって、圧巻のステージを目の当たりにした。

女王蜂

ステージに女王蜂のメンバーが現れると、メロウなアレンジの”金星”で期待が高まる。”金星”のメインビジュアル通りメンズライクなスーツに身を包んだVo.アヴちゃんが登場すると一転、ダンサブルなシンセの音が煌めき、キラキラのディスコチューン”金星”がフロアを躍らせる。ハイハットが鼓動を走らせ変調が気持ち良い”ヴィーナス”をたたみかけるとフロアの温度が上がる。”売春”ではアヴちゃんが女声と男声で男女の掛け合いを歌い上げる。女王蜂が持つ昭和歌謡や演歌の香りを、ひとりで二声を操り分け情念いっぱいに奏でつつ、シンセの浮遊感でライトにポップに昇華する。性を美化しないで重たらしく表現する女王蜂ならではの世界観に惹き込まれる。間髪入れず”デスコ”で女王蜂のライブには欠かせないジュリ扇が舞う。アヴちゃんがスーツのボトムを脱ぎ捨て美脚をさらけだし女になる。

 

「女王蜂の感想としては怖くない、イケイケではあるけど、って感じでしょうか。最後に本性見せて帰ろうと思います」と“告げ口”を披露。そう、キラキラとみんなをひたすら躍らせる女王蜂も素敵だけど、これぞ女王蜂。関西弁と妖艶なパフォーマンスで夢に見そうなおどろおどろしい世界を最後にお見舞いして、華麗にステージを後にした。

グッドモーニングアメリカ

スリラーのBGMにのせて、ハロウィンのかぼちゃのおばけがフロアに現れる。グッドモーニングアメリカのBa.たなしんが初めてのボロフェスタ登場という壁を取り払うべく観客との距離を縮める。お馴染みの「3,2,1ファイアー!」でハッピーに空気が緩むと、ステージにメンバーが現れ”イチ、ニッ、サンでジャンプ”から一気にフロアが跳ね上がる。 ”キャッチアンドリリース”のサビで思わず一斉に手が挙がるのが爽快だが、グッドモーニングアメリカの楽曲は決して底抜けに明るいわけではない。新曲”ノーファング”で陰鬱な曇った世界をVo.金廣真悟の歌声が切なく切り裂いていく。「なぜ歴史あるボロフェスタに僕たちが呼ばれたのか分からなかったんですけど……」と、金廣がおもむろに語り出す。「ジャンルレスに音楽が平等に共存するのが、本来音楽フェスのあるべき姿なんだってあらためて思いました」と、ボロフェスタ側の思いを汲む。様々なフェスの常連でもあるし、自らも1200人を動員する主催フェスを成し遂げてきた彼らだからこそ、フェスに出演する意味や役割を真っ直ぐに考えて自分達に出来る全力を果たそうとしているように見えた。音楽に対してもフェスに対しても真摯なグッドモーニングアメリカを知れて、彼らのことがとても好きになった。フェスという刹那的な出会いに希望も絶望も抱えながら”世界終わらせないで”が胸に響き”未来へのスパイラル”でおこるシンガロングは、彼らの地元八王子でもうすぐ行われる彼ら主催音楽フェスへ繋がっていればいいなと祈った。

ナードマグネット

既に熱気でどうしようもなく蒸し暑いUnderground STAGEに現れたのはナードマグネット。「eastern youth観たかったーくそー!」とVo / Gt 須田亮太が叫ぶとeastern youthへの愛とボロフェスタ出演の喜びがガツンと伝わる。一曲目から”pluto”でギターが最高に突き抜けると、妥協のない全魂のこもった演奏で会場は早くも最高潮。前日にフルアルバムレコ発ツアーのファイナル公演を終えたばかりの彼らだが、間髪入れずリード曲の”C.S.L”を。私は洋楽にあまり明るくないのだが、ナードマグネットが日本語パワーポップとして昇華した洋楽由来の楽曲たちがあまりにも美しくてトキメキが大きくて、今更ながら洋楽を聴き漁り始めた始末。Motion City Soundtrack解散前のツアーで前座も務めた彼らがトリビュートアルバムに参加するこということでその中から”This Is For Real”を披露した。

そして、須田が学生時代に沢山聴いて救われたというeastern youthや銀杏BOYZとこのボロフェスタで共演出来る喜びをあらためて語り「あの頃の僕自身とあなた方のために歌います」と”Mixtape”で須田の音楽愛が眩しく伝わる。ボロフェスタのテーマである「”あなたの好きな音楽”と”私の好きな音楽”を繋げる」をまさにその活動で体現し続けているのがナードマグネットではないだろうか。いつかボロフェスタのホールステージでナードマグネットが観られる日も近いような気がしてならない。音の熱量と青春の甘酸っぱさが交錯して熱い熱い気持ちに溢れた会場を”ぼくたちの失敗”でフルテンションに導いて、ステージもフロアも完全燃焼のアクトが幕を閉じた。

ワンダフルボーイズ

Underground STAGEのトリを務めるのは、天才バンドとしてボロフェスタのトップバッターも務めたSundayカミデ率いる最高にハッピーで最高にピースフルなパーティー軍団ワンダフルボーイズ。始まりから甘美なサックスの響き、弾けるギターサウンドにガツンと重めのグルーヴで”サウスポーミュージック””ロックジェネレーション!!!”とワンダフルボーイズの最高過ぎるバンドの音をたたみかけると、会場は一日の疲れなどどこ吹く風で全力で飛び跳ねる。「アンダーグラウンドを知っているということは、芸術とかその他諸々を、愛とか平和を分かってるってことです!」と観客をも讃えるとフロアは増々熱く燃え上がり”平和 to the people!!!”で最高潮に。ワンダフルボーイズのライブを体感すると自分の中の「音を楽しむ」という部分の純度が上がるような気がしてならない。ここに集まるオーディエンスもお祭り騒ぎしているようでその研ぎ澄まされたリズム感とそれぞれの楽器の旨みにゾッコンなのだ。「ボロフェスタの会議にかけてって言った結果地下ステージになりました!ありがとう!」と少々の自虐を含みながらも「アンダーグラウンドPOP王子Sundayカミデとしては家にいるみたいです!」と任されたトリをワンダフルボーイズのホーム感満載で最高の時間と空間に仕上げていく。

 

”Joy to the world!”では「自分の!好きなこと!やり続けても!ひとつも!いいこと!ないかも!しれないけど!やらないよりまし!!」というコール&レスポンスで、幸せな空間にアンダーグラウンドの女神が微笑んだ。アンコールでは、もっと早くにアーティストを辞めるはずだったが、この曲が出来て奇妙礼太郎が歌うことで復活した!と冗談ぽくでもしんみりと”君が誰かの彼女になりくさっても”を会場とともに大合唱。ワンダフルボーイズがこれからも自らの音楽を鳴らし続け磨き続ける覚悟とそんなワンダフルボーイズを愛する会場の想いが熱い温かい歌に成って歌い上げられる。

 

地上とかアンダーグラウンドとか、メジャーとかインディーとか、性別も国籍もオルタナもアイドルも飛び越えて音楽が楽しめる『ボロフェスタ』。情報が多い今だからこそ、自分から線を引いて音楽の楽しみを制限してしまった自分を、軽々解き放ってくれた、本当に幸せな2日間だった。また来年を楽しみにしつつ、ボーダレスな音楽探しをこれからも続けていきたい。

WRITER

RECENT POST

COLUMN
編集部員が選ぶ2022年ベスト記事
REVIEW
Curve『till the end(10th Anniversary Edition)』 R…
INTERVIEW
流れる日々の中で生まれる、渚のベートーベンズの音楽
COLUMN
Indies New Encounters Playlist 2022.01
COLUMN
編集部員が選ぶ2021年ベスト記事
COLUMN
Indies New Encounters Playlist 2021.11
COLUMN
たなからルーツ Shelf_02 - ナルコレプシン 坂田直樹 –
REVIEW
CIFIKA – HANA
INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 私たちが自分の言葉で語るための場所づくりを〈THEATRE E9 KYOTO〉…
ART
COLUMN
たなからルーツ Shelf_01 - TheStoneThatBurns アベヒロキ –…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:小倉 陽子】CIFIKA,TENGGER:K-POPを拡張してい…
INTERVIEW
確かさの揺らぐ現代における、孤独と共存の媒介者-烏丸ストロークロック『まほろばの景2020』インタビ…
ART
REPORT
小倉陽子が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
小倉陽子が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
ZOOZ始動インタビュー -2002年の音楽が繋ぐ、これまでのバンド活動と現在。-
INTERVIEW
諦めにも似た音楽への深い愛 – NYAI『HAO』リリースインタビュー –
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2018 / Day3】MONO NO AWARE / 清竜人 / 在日…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2018 Day2】ハンブレッダーズ / Dos Monos / tri…
REVIEW
NYAI – OUT PITCH
REVIEW
HO17 – HOLIDAYS OF SEVENTEEN
INTERVIEW
1+1+1+1に成ったthe coopeezの無限大~京都ワンマンライブ直前インタビュー
INTERVIEW
Post Modern Team 3rdアルバム『COME ON OVER NOW』リリースインタビ…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2017 / Day3】東狂アルゴリズム / OGRE YOU ASSH…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2017 / Day2】接近!UFOズ / シンガロンパレード / H …
REPORT
今を生々しく鳴らす3組の、美しい物語の途中~『in-phase KYOTO』 @ 京都GROWLY …
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ③続ける人たち-
INTERVIEW
my letter×スーパーノアリリース対談「バンドって、辞めるほどのことじゃない」- 京都で活動を…
REPORT
ジャンルという言葉を簡単に越境するWhy?という体験 WHY? Japan Tour @UrBANG…
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑】P2:謎クリエイター 吉村さおり(SCRAP)
SPOT
こころ
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ②舞台に立つ-
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ①家ガール-
REPORT
企画屋UTAGEが冬の京都にぶち込む「遅れてきた夏フェス」ことパニックバカンスとは?イベントメンバー…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2016 / Day1】台風クラブ / あっこゴリラ / CHAI / …
REPORT
『ウサギバニーボーイさん』祝賀会 @ 京都GROWLY ライブレポート
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – ニーハオ!編 …

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年4月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…