ARTICLE

REPORT
SXSWをSXSWたらしめるバカ騒ぎの種火たち、3年ぶりのオースティン探訪

COVID-19が世界的な問題となり、国境が封鎖されていった2020年の春。SXSWは1987年以降…

INTERVIEW
大石晴子が探る、これからの生きていく道とは ー『脈光』インタビュー&全曲解説

2年ぶりに彼女の音楽が舞い戻ってきた。大阪生まれ、神奈川育ちのシンガー・ソングライター大石晴子。20…

COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2022年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理

京都・吉田寮を舞台にしたドラマ・映画『ワンダーウォール』(2020年)に出演した俳優・須藤蓮が、映画…

REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌

直線の定義は“端”がないことらしい。福岡出身、都内を拠点に活動するシンガーソングライター・かりんちょ…

REVIEW
Noranekoguts『wander packs』シリーズ – 向き合うことで拡張していく音楽

「こんなロックンロールが聴きたかった」私は初めて観た2ピースバンドに胸を揺さぶられていた。彼女たちの…

COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸術性

Claire=フランス語で明るい、淡い、明瞭といった意味。英語で“so”と強調しておきながらフランス…

REVIEW
真舟とわ『ルルルのその先』 – 曖昧の先にある、誰かとのつながり

関西圏を中心に活動をするシンガーソングライター真舟とわの初フル・アルバム『ルルルのその先』はそのタイ…

MONTHLY RECOMMEND
誰かと一緒に
MONTHLY RECOMMEND
誰かと一緒に