ARTICLE

REVIEW
ナードマグネット/Subway Daydream『Re:ACTION』 – 青春と青春が交わった交差点というべき作品

S-side (Subway Daydreamが描く、意図したキラメキ) …

INTERVIEW
MCUはどこへ向かう?ミュージシャン・アーティストが語るフェーズ4の今とこれから

私はエンターテイメント作品としてマーベル・シネマティック・ユニバース(Marvel Cinemati…

COLUMN
【2022年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
AIRCRAFT『MAGNOLIA』 – 何者でもなれる可能性を体現した、青春の音楽

大学生の頃の話。僕は地元大阪を離れ、宮崎の大学へ入学した。一人暮らしをするアパートから慣れないスーツ…

REVIEW
伏見◎Project “Dawn-town” – 京都伏見を冠するニュー・コンボによるムーディーな楽曲

今年2月のライブハウス店長レコメンド記事で、心斎橋FANJのミブリュウヤさんが注目アーティストとして…

REVIEW
みらん『Ducky』 – 22歳の今しか表現できないことを歌っている、理想的なデビュー作

22歳の今しか表現できないことを歌っている、理想的なデビュー作 …

COLUMN
【カルト映画研究会:第11回】サイレント・ランニング(Silent Running)

今回紹介するカルト映画は『2001年宇宙の旅』(1968)での特撮監督として有名なダグラス・トランブ…

COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
ジョン・カーペンター レトロスペクティブ2022 at 京都みなみ会館

『孤高の天才』という言葉を聴いたとき、真先に誰を思い浮かべるか。筆者にとってそれは田村潔司ではなくジ…

REVIEW
徳永憲『今バリアしてたもん』何重にもねじれたユーモアが満載、歌とアコギが主体の12作目

まったく徳永憲というシンガー・ソングライターには粛々という言葉がよく似合う。1998年のデビューから…

MONTHLY RECOMMEND
誰かと一緒に
MONTHLY RECOMMEND
誰かと一緒に