ARTICLE

REVIEW
Qoodow『水槽から』 – 「複雑さ」すらも味にする、やりたいを貫くオルタナティヴな作品

彼らの音楽は展開が読めない。不協和音・不規則なフレーズ等を盛り込み、何度も転調を行い、時折即興的なギ…

REVIEW
The Slumbers『黄金のまどろみ』 – 先人たちのエッセンスを今へと引き継ぐ、昭和98年のロックンロール

2023年にこんなにも骨太なロックンロールを聴かせてくれるバンドがいるとは。京都の四人組バンドThe…

REVIEW
omeme tenten『Now & Then / ブラックホールなう』 – 自らをすり減らすより、適度なゆるさで戦う99年生まれたち

こんなに伸びやかな女性ボーカルを聴いたのはいつ振りだろう。miwaや木村カエラ、あるいはYUKIにも…

COLUMN
【2023年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

COLUMN
HOT UP MUSIC 2023 ニューカマーPICK UP

今年も数々の音楽がこの世に生まれてきました。ANTENNAがこの一年の間にリリースした記事の中からニ…

COLUMN
【2023年12月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

REVIEW
とがる『この愛が終わったら、さようなら。』 -別れと向き合いながら、それでも共に生きていこうとする

新たに立ち上げた自主レーベルの《luv》からリリースする、とがるの3rdアルバム『この愛が終わったら…

REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.7 BRITISH PAVILION OSAKA

2002年に〈HUB渋谷店〉でスタートしたロックDJパーティー『BRITISH PAVILION』。…

REPORT
余暇の別府を満喫する、ユニバーサル観光×クリエイティブ -『おんせん都市型音楽祭 いい湯だな!』イベントレポート

10月28日(土)に大分県別府市の繁華街・別府北浜の4会場で初開催された、サーキットフェス『おんせん…

REPORT
2日目の『京都音博』に感じた“らしさ”の理由 -『京都音楽博覧会2023』ライブレポートDay2

昨日の雨から曇りへと空模様も変わり、初めての2日目を迎えた17回目となるくるり主催の『京都音楽博覧会…