REVIEW
Sugar House
Sugar House
MUSIC 2024.03.11 Written By ivy

寒空の下、まっすぐに前を向く音が鳴る

真冬の朝、布団から這い出したとき、爪先から滲みてくるような寒さに目が覚める。最初はつらいけれど、見上げた空と肌に触れた空気は、やけに澄んでいるように感じられた。

 

そんな感触を覚えながら、彼らのバンド名が記された1stアルバム『Sugar House』を聴いていた。

 

全体的な印象としては、削ぎ落とされたタイトなギターロックサウンドに無機質なアナログシンセが乗るスタイルだ。それでいて、どこか湿り気があるエモーショナルでナイーヴなメロディが歌い上げられ、UKポストパンク、特にNew Orderと通じる要素が見受けられる。

 

オープニングのインストに続く2曲目“25”はパンキッシュに疾走し、瑞々しい躍動感に満ちたキャッチーな一曲。シングルカットされていない新曲で、この一曲がアルバム全体をどのような作品にしていくのか、意思表明だと受け取れた。

 

その後は、シングル曲が中心に並んでいた。ザラついたローファイなサウンドがヒリヒリと鳴り響く“Shadows”や打って変わってグルーヴィーなベースラインがうねる“Move”、ミドルテンポに機械的なドラムが刻まれていく“Just Wanna Live It Up”と続く。多彩なアプローチを仕掛けつつ、自身が受けたインスピレーションを隠すわけでも、ただなぞるだけでもなく、バンドの音へ昇華していく様をアルバム通して見せてくれる。

エモーショナルで少し憂いを帯びたメロディは底抜けに明るいわけでもないが、爽やかで澄んでいる。下でも後ろでもなく前を向いている凛とした佇まい。曲を聴いた後、脳裏に残る後味は、ひんやりとしていて陰がありつつも、夜明け前の暗闇に光が差し込んでくるような力強さだ。

 

ここで、Sugar Houseを唯一無二の存在としてたらしめているのは歌であることも特筆したい。澄んでいる、繊細で中性的な声は日本のバンドからの影響も感じる。ビブラートと抑揚が効いたKobayashi Ren(Vo / Gt)の歌い方は、彼らが影響を受けたを公言するCaptured Tracksら海外のどのバンドにも似つかず、表現者としてあくまで「自身の声」で歌い上げていることが伺える。インディーロックやUS、UKのオルタナティブロックからインスピレーションを受けつつ、それらの型には決してハマらないアティテュードの表出だ。

 

筆者の意見として、2010年代は「個人の時代」だと思う。音楽を聴く上でマスメディアの影響力が著しく低下し始めた時代であり、YouTubeやデータ配信、ストリーミングサービス等で選択された音楽を個人で楽しむことが当たり前になった時代でもある。特に職場や学校でシェアする仲間と出会う可能性が低いインディーロックにおいて、よりこうした「個」の要素が強い。インディーロックという音楽をやるうえで、その作品に大きく影響するのは、それがアーティストにとって何を求めて出会った音楽か、目的にインプットされた音楽であるかということだ。

 

Sugar Houseに関していえば、彼ら3人がそれぞれ音楽とどのような形で触れ、どのような感情をもって向き合ってきたのか。それこそが楽曲、ライブ、アルバムに至るまで、バンドの作品を通して表現される。初のアルバム、『Sugar House』で浮かび上がった、音、歌声、冷たい質感と繊細さ、力強さ、凛と前を向く姿に、その要素が詰まっているといえる。

 

記念すべき1stアルバムにセルフタイトルを冠したことからもわかる通り、バンドの全貌を露わにしたといっていいSugar House。音楽が寄り添うものでも、逃避をするものでもなく、目の前の現実と向き合い、前を向くための音楽として彼らの音楽は鳴っている。3人それぞれがこれまで、自分なりの形で真摯に、時に痛いほど切実に音楽と向き合ってきた時間がこうして彼らの音として存在している。その音楽はこれからどこへ向かっていくのか、澄み渡った空の先が既に彼らには見えているのかもしれない。


配信リンク:bfan.link/sugar-house-1

Sugar House

 

アーティスト:Sugar House

仕様:デジタル

発売:2024年1月17日

 

収録曲

1. Intro +
2. 25
3. I WANT IT
4. The Fog
5. Shadows
6. Move
7. So Bad
8. Just Wanna Live It Up
9. Part of life
10. Ⅱ(Continuation)

Sugar House

 

2019年結成。東京を拠点に活動する3人組インディーロックバンド。メンバーは、Ren Kobayashi(Gt / Vo) 、Yusuke Aoki(Ba)、Ryosuke Makiyama(Dr)。80年代のポストパンクやシューゲイザー、2010年代のUSオルタナティブロックといった新旧のインディーミュージックを咀嚼したサウンドが特徴。

 

Instagram:@sugarhousetheband
X(旧Twitter):@sugarhouse_band

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
カルチャーを生む対話、きっかけをくれる自転車―Wood Village Cycles【MAKE OU…
REVIEW
GOFISH『GOFISH』 – 独白と連動し、鮮明に躍動する風景
REPORT
Like A Fool Recordsが放つ鋭く、深く突き刺さる、東京インディーズ四つ巴。Kidde…
REVIEW
aieum『sangatsu』―絶えず姿形を変え動き続ける、その音の正体は果たして
INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催…
REVIEW
Forbear『8songs』―歪な自己内省の衝突音が、荒々しくもメランコリックに響き渡る
REPORT
パブが育むイーストロンドンのナイトカルチャー、ビール片手にインディーロックで酔う週末を
REVIEW
HOME『HOME EP』―低温多湿な沖縄産・世界基準のポップミュージック
REVIEW
Maya Bridget『That Girl / White Lies』―無数の音楽体験が持つきらめ…
REPORT
アジアからの未知なる音楽にリスナーは何を求めているのか-BiKN shibuya 2023 クロスレ…
INTERVIEW
高円寺のカフェSUB STOREで触れる、インドネシアの音楽と暮らし
REPORT
研ぎ澄まされた美意識が寄り添うものとは―『Lillies and Remains Japan Tou…
REPORT
刺激中毒なインディーミュージックギークヘ捧ぐ、狂気の一夜『pandagolff 4th album …
REVIEW
J.COLUMBUS & MASS-HOLE『On The Groove, In The …
REPORT
「聴いたことがない曲」に熱狂する、新たな音楽を目撃する場所―『BIRTH vol.9』ライブレポート
INTERVIEW
ちょっと不便な待ち合わせ場所〈Goofy Coffee Club〉から動き出した、東東京のユースカル…
REPORT
突然、平穏な日々に現れた非日常体験としての「オルタナ」 -『Fine, Great 1st EP “…
REPORT
「外向きの自己内省」それは、音楽を通して己を肯定するセラピー-『“Tough Love Therap…
REVIEW
郷愁の歌声が中毒性抜群な、インドネシア産ポストパンク – Bedchamber『Capa…
INTERVIEW
【Playgrounds Vol.2】「買い付けをしない古着屋」〈シャオ・そなちね〉が足を止めた人に…
REVIEW
Lillies And Remains『Superior』- 孤高のバンドが9年の歳月を経て到達した…
REVIEW
SAGOSAID『Tough Love Therapy』- ヒリヒリとじんわりと痛むのは、きっとその…
REVIEW
pandagolff『IT’S NOT FOOD!!』- 言葉も、音も、声も、すべてを噛…
REPORT
国境、ジャンルを超えた、音楽のピュアな熱量が交錯する祝宴 -『Sobs Japan Tour 202…
INTERVIEW
【Playgrounds Vol.1】3代続く老舗スポーツ用品店〈FUJIKURA SPORTS〉が…

LATEST POSTS

INTERVIEW
あがた森魚による音楽集会『タルホピクニック』とは何だったのか?

今年デビュー52周年を迎えるミュージシャンのあがた森魚が、2024年6月16日(日)に東京都北区・王…

REPORT
『Fight Club vol.1』- ぶつかり合う、拳の先に見えたもの

映画フリークならすぐにデヴィッド・フィンチャーの名が頭によぎるだろう、その夜のイベントの名は『Fig…

REPORT
10年経って辿り着いた“パラダイス” – 黒沼英之ワンマンライブ『YEARS』レポート

シンガーソングライター・黒沼英之が2014年に突如活動休止を発表してから約10年、2023年11月に…

COLUMN
【2024年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

INTERVIEW
カルチャーを生む対話、きっかけをくれる自転車―Wood Village Cycles【MAKE OURSELVES!】

東京の幡ヶ谷にある〈Wood Village Cycles〉。カスタムオーダーの自転車専門店だ。80…