REVIEW
HOME EP
HOME
MUSIC 2024.01.08 Written By ivy

低温多湿な沖縄産・世界基準のポップミュージック

メランコリックなほどに湿り気を帯びていながら、冷たい金属的な質感を感じる。HOMEの楽曲を一言で表すならそんな感じ。「沖縄出身バンド」という枕詞で頭に浮かぶステレオタイプをいい意味で裏切ってくれる音楽だ。

 

HOMEは、2020年に結成されたsei.(Vo)、o-png(PC) 、shun(Gt)による3人組バンド。2023年は8月2日に1stシングル“Lucy”を、その後も“常時”、“Maybe I should die with you”と立て続けに音源を送り出す、怒涛の活動ペースだった。そして12月13日、初のEP『HOME EP』をリリース。1年の最後を締めくくる、シーンへの名刺代わりとなる1枚だ。

 

収録全5曲のうち3曲が先行シングルで、セルフタイトル。このことからもわかる通り、コンセプトを軸に練り上げるというよりは、ライブを凝縮しバンドとしての姿形を聴く者にイメージさせること、体感させることに重きを置いている。

 

まず特筆したいのはsei.のフロントマンとしての圧倒的な存在感だ。アンニュイで、ローテンションでありながら、ダンサナブルな曲調の中で畳みかけてくるパワーも兼ね備えている。ステージでは丸刈りで強面な風貌と歌声のギャップやパフォーマンスも相まって見るものに強烈なインパクトを残す。改めて音源で聴くと、その存在感は純粋にヴォーカリストとしての才覚によるところが大きいことを再認識する。

そのsei.の伸びがある高い声質が、澄んだギターの音色や80s風の機械的な音と調和し、華やかでありながらどこかノスタルジーな味わいを残している。あえて引き合いに出すとすればFuture IslandsやWild Nothing、Neon Indianなどが浮かぶ。2010年代から現在のインディーミュージックシーンを彩ってきたシンセポップ、チルウェイヴに通じるサウンドだ。

 

疾走感あるオープニングナンバー“Lucy”、ドラムマシンの無機質に刻みつけるリズムと物憂げな歌メロやシュールな世界観が80sポストパンクを思わせる“常時”、打って変わってチルでダウンテンポな“lululu”。いずれも振り幅を持ちつつ、HOMEが鳴らす唯一無二のサウンドを堪能できる。

この1枚をきっかけに大型フェスや対バンイベントに出演する彼らのライブに初見のリスナーも足を運ぶだろう。それだけの説得力がある作品なのは間違いない。曲を知っているかいないかに関係なく、ここに挙げたようなバンドの持つ温度感や世界観はリスナーの感性に突き刺さるはずだからだ。今のHOMEが持つ音を受け止めたうえで、今後どういった活動を展開していくのか、楽しみにしたい。

HOME EP

 

アーティスト:HOME

仕様:デジタル

発売:2023年12月13日

 

収録曲

1. Lucy
2. 常時
3. 愛のうた

4. Maybe I should die with you

5. lululu

 

配信はこちら

HOME

 

2020年結成、沖縄在住のsei.(Vo)、o-png(PC) 、shun(Gt)による3人組。現行のインディーミュージックやブラックミュージックともリンクしたサウンドでありながらどこか歌謡曲を思わせる普遍的なポップさが特徴。DYGLや鋭児との共演も話題となった。

 

Instagram: https://www.instagram.com/home_band_

X(旧Twitter): https://www.x.com/HOME_BAND_

WRITER

RECENT POST

REVIEW
Maya Bridget『That Girl / White Lies』―無数の音楽体験が持つきらめ…
REPORT
アジアからの未知なる音楽にリスナーは何を求めているのか-BiKN shibuya 2023 クロスレ…
INTERVIEW
高円寺のカフェSUB STOREで触れる、インドネシアの音楽と暮らし
REPORT
研ぎ澄まされた美意識が寄り添うものとは―『Lillies and Remains Japan Tou…
REPORT
刺激中毒なインディーミュージックギークヘ捧ぐ、狂気の一夜『pandagolff 4th album …
REVIEW
J.COLUMBUS & MASS-HOLE『On The Groove, In The …
REPORT
「聴いたことがない曲」に熱狂する、新たな音楽を目撃する場所―『BIRTH vol.9』ライブレポート
INTERVIEW
ちょっと不便な待ち合わせ場所〈Goofy Coffee Club〉から動き出した、東東京のユースカル…
REPORT
突然、平穏な日々に現れた非日常体験としての「オルタナ」 -『Fine, Great 1st EP “…
REPORT
「外向きの自己内省」それは、音楽を通して己を肯定するセラピー-『“Tough Love Therap…
REVIEW
郷愁の歌声が中毒性抜群な、インドネシア産ポストパンク – Bedchamber『Capa…
INTERVIEW
【Playgrounds Vol.2】「買い付けをしない古着屋」〈シャオ・そなちね〉が足を止めた人に…
REVIEW
Lillies And Remains『Superior』- 孤高のバンドが9年の歳月を経て到達した…
REVIEW
SAGOSAID『Tough Love Therapy』- ヒリヒリとじんわりと痛むのは、きっとその…
REVIEW
pandagolff『IT’S NOT FOOD!!』- 言葉も、音も、声も、すべてを噛…
REPORT
国境、ジャンルを超えた、音楽のピュアな熱量が交錯する祝宴 -『Sobs Japan Tour 202…
INTERVIEW
【Playgrounds Vol.1】3代続く老舗スポーツ用品店〈FUJIKURA SPORTS〉が…

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…

COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
Ribet townsは12人組プロジェクトチーム!? 現代社会を楽しく生き抜く処世術を歌う、新作に至った意識の変化

つくづくRibet townsはタフなバンドだと思う。2016年に京都で活動開始した当初から、12人…