REVIEW
That Girl / White Lies
Maya Bridget
MUSIC 2023.12.22 Written By ivy

無数の音楽体験が持つきらめきをドラムンベースのリズムに乗せて

これまでに聴いた曲をすべて覚えているか。おそらく音楽が好きで、数多くの音楽触れていればいるほど、その記憶から零れ落ちている曲が多いはずだ。悲しいことに人間の脳のメモリーはそれほど性能がよくない。だからこそ、店でかかっていた曲をスマートフォンで検知して、結果をスクリーンショットで保存するのだろう。でもたとえ心を揺さぶるような音楽体験だったとしても、無意識に身体が動き出すような心地よいグルーヴだったとしても、忘れてしまう。まるでシャンパングラスの泡のように、浮かんではやがて消えていくのだ。

 

Maya Bridgetによる初音源であるEP『That Girl / White Lies』は、そんなこれまでに体験していつの間にか消えていった音楽の“泡”が行きつく先だ。間違いなく初めて聴く曲なのに、本能に訴えかけてくるような、遠い音楽の記憶が呼び覚まされるような感覚を味わえた。

 

Mayaは兵庫県神戸市出身。日英のミックスであり、現在は東京を拠点にシンガーソングライター、プロデューサー、そしてドラムンベースを中心としたDJとして活動している。そんな彼女が遂に世に送り出した初音源に収録されている2曲(とリミックス1曲)はドラムンベース調のリズムと多幸感に満ちた甘いメロディが弾ける珠玉のパーティーチューンだ。

収録されているのはたった3曲で、いずれもテイストは近いが、名刺代わりの作品としては十分すぎるくらいに彼女が創る音楽の奥行き、味わい深さを堪能できる1枚となっている。

 

Bloc PartyやThe Killersといった00年代のニューウェイヴ・リバイバルを思わせるキャッチーなギターのフレーズと、息つく暇もない目まぐるしくスリリングな展開で畳みかける“That Girl”は、どこか刹那的で愁いを帯びた世界観がループの中で少しずつ陰を帯びていく“White Lie”と好対照をなしている。

 

また、ドラムンベースDJのTomoyoshiによる“That Girl”のリミックスも秀逸だ。生音をふんだんに取り入れ、瑞々しくエモーショナルな仕上がりの原曲とは打って変わり、音を絞り込みドラムンベース色を強く打ち出している。サウンドのアプローチが変わっても流麗なメロディラインの魅力は一切損なわれず、スリリングな曲展開はリズムを前面にフィーチャーすることで全く違った色を持つ。

この3曲に詰まった、きらきらと輝く音の粒たちは、きっと一つひとつがMaya自身の音楽体験だ。インディーロックギターの音も、ティーンポップ風な歌いまわしやリリックも、目まぐるしく畳みかけるドラムンベースも、全てを呑み込んだ音。そこには、無意識下で脳の奥底に沈んだ記憶の断片を少しだけ残している。ライブハウスも、クラブも、レイヴパーティーも、ヘッドフォンで耳をふさいでいた帰り道も、そこで流れていた音楽と吸い込んでいた空気、見ていた景色すべてをひっくるめた体験の断片だ。

 

体験それぞれは“泡”のようにいつの間にか姿形をなくしてしまう。それは原型を失くしているからこそ、彼女自身の音楽として形成されていくはずだ。このEPに収められた曲は、そんな“泡”が弾けて、きらきらとグラスの中できらめく様を眺めているかのような気分にさせてくれる。

 

ある夜、フロアで聴いた素敵な曲は来週の同じ日には忘れてしまうかもしれない。それでも、その瞬間味わった高揚感や揺れ動いた感情は、決して消えることなく、どこかに漂っている。そのことを作品を通して証明してくれたMayaに心から賛辞を贈りたい。

That Girl / White Lies

 

アーティスト:J.COLUMBUS & MASS-HOLE

仕様:デジタル

発売:2023年9月23日

 

収録曲

1. That Girl
2. White Lies
3. That Girl(Tomoyoshi Remix)

 

配信はこちら

Maya Bridget

兵庫県神戸市出身、日本とイギリスのミックスで、現在は東京を拠点に活動しているシンガーソングライター、プロデューサー、DJ。2023年9月23日、現名義で初音源となるEP『That Girl / White Lie』をリリースした。DJとしては新宿のクラブ〈ドゥースラー〉にて、パーティー『smashee break』をオーガナイズしている。

 

Instagram: instagram.com/mayabridget_music

X(旧Twitter): twitter.com/bridgetjones_jp

WRITER

RECENT POST

REVIEW
GOFISH『GOFISH』 – 独白と連動し、鮮明に躍動する風景
REPORT
Like A Fool Recordsが放つ鋭く、深く突き刺さる、東京インディーズ四つ巴。Kidde…
REVIEW
aieum『sangatsu』―絶えず姿形を変え動き続ける、その音の正体は果たして
INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催…
REVIEW
Forbear『8songs』―歪な自己内省の衝突音が、荒々しくもメランコリックに響き渡る
REVIEW
Sugar House『Sugar House』―寒空の下、まっすぐに前を向く音が鳴る
REPORT
パブが育むイーストロンドンのナイトカルチャー、ビール片手にインディーロックで酔う週末を
REVIEW
HOME『HOME EP』―低温多湿な沖縄産・世界基準のポップミュージック
REPORT
アジアからの未知なる音楽にリスナーは何を求めているのか-BiKN shibuya 2023 クロスレ…
INTERVIEW
高円寺のカフェSUB STOREで触れる、インドネシアの音楽と暮らし
REPORT
研ぎ澄まされた美意識が寄り添うものとは―『Lillies and Remains Japan Tou…
REPORT
刺激中毒なインディーミュージックギークヘ捧ぐ、狂気の一夜『pandagolff 4th album …
REVIEW
J.COLUMBUS & MASS-HOLE『On The Groove, In The …
REPORT
「聴いたことがない曲」に熱狂する、新たな音楽を目撃する場所―『BIRTH vol.9』ライブレポート
INTERVIEW
ちょっと不便な待ち合わせ場所〈Goofy Coffee Club〉から動き出した、東東京のユースカル…
REPORT
突然、平穏な日々に現れた非日常体験としての「オルタナ」 -『Fine, Great 1st EP “…
REPORT
「外向きの自己内省」それは、音楽を通して己を肯定するセラピー-『“Tough Love Therap…
REVIEW
郷愁の歌声が中毒性抜群な、インドネシア産ポストパンク – Bedchamber『Capa…
INTERVIEW
【Playgrounds Vol.2】「買い付けをしない古着屋」〈シャオ・そなちね〉が足を止めた人に…
REVIEW
Lillies And Remains『Superior』- 孤高のバンドが9年の歳月を経て到達した…
REVIEW
SAGOSAID『Tough Love Therapy』- ヒリヒリとじんわりと痛むのは、きっとその…
REVIEW
pandagolff『IT’S NOT FOOD!!』- 言葉も、音も、声も、すべてを噛…
REPORT
国境、ジャンルを超えた、音楽のピュアな熱量が交錯する祝宴 -『Sobs Japan Tour 202…
INTERVIEW
【Playgrounds Vol.1】3代続く老舗スポーツ用品店〈FUJIKURA SPORTS〉が…

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年6月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

REVIEW
GOFISH『GOFISH』 – 独白と連動し、鮮明に躍動する風景

名古屋を拠点に活動するテライショウタのプロジェクト、GOFISHによる通算7枚目のアルバムにしてセル…

INTERVIEW
こぼれ落ちてゆくものに眼差しを向けるーリクオがこの世界で想像力を維持していくための『リアル』

コロナ禍以降に生まれ、ライブで磨き上げられた楽曲に込められた、音楽への愛、社会への違和感、一人の人間…

COLUMN
「すでにそこにある」不気味さ—立花光による空間展示『壁抜け』【見て跳ぶための芸術 Vol.1】

記事企画「見て跳ぶための芸術」は、京都で活動する批評家・森脇透青が、おもに関西を中心として、視覚的な…

INTERVIEW
南堀江Knaveに人が集まる理由 – 真面目と誠実さが生んだライブハウスの在り方

今年で22年目になる〈南堀江knave〉(以下、〈Knave〉)。過去にはハンブレッダーズ、ヤバイT…