EVENT

踊る!ディスコ室町ワンマン 『踊!室町磔磔独演』

MUSIC 2022.08.08 Written By 小倉 陽子

踊る!ディスコ室町が、結成10周年を記念したワンマンライブ『踊!室町磔磔独演』を2022年9月10日(土)に開催する。日本中のバンドが出演したいと熱望する、京都の老舗ライブハウス〈磔磔〉でのワンマンイベントだ。

2012年、ミキクワカド(Vo)が同志社大学在学中に活動していた、ジェームス・ブラウンのコピーバンドのメンバーが中心となって結成した踊る!ディスコ室町。同年YouTubeで公開された”踊らないベイベ“の時点ですでにバンドたらしめるサウンドとグルーヴは完成されていたようだった。そこから何度かのメンバーの脱退・加入を繰り返し、バンドらしさをじっくり熟成させてきた10年。昨年発表された5年越しのアルバム『MUROTOWN』のリリース時はコロナ禍でリリースイベントこそ無観客ライブとなったが、各ライブハウスへの意欲的な出演と、自分たちのYouTubeチャンネルでの様々な動画配信によって、止まることなく自分たちの音楽を磨き、拠点である京都のシーンを耕し続けた。

そんな踊る!ディスコ室町10周年の晴れ舞台を、彼らの憧れの場所でもある約50年の歴史が詰まった〈磔磔〉で楽しみたい。観客もそろそろ彼らがライブで繰り出すグルーヴに触れて、ずっと酔いしれて踊る夜を切望していたはずだ。やっぱりいい音楽と過ごす時間は「その手でさわって その形を確かめてみて 自分とぴったりはまりそうかだけが 大事だろうよ」(“楽しいのがいい”)。どうしても会場に足を運べないという方も、配信が予定されているのでともに楽しんでほしい。

踊る!ディスコ室町からのコメント

マイペースに活動してきた我々もついに10周年。あこがれのライブハウス、京都・磔磔にてワンマンライブを開催します。いい日にします。ぜひお越しください。

結成10周年記念ワンマン『踊!室町磔磔独演』

日時

2022年9月10日(土)

open 18:30 / start 19:00

会場

磔磔

〒600-8061

京都市下京区富小路仏光寺下ル筋屋町136-9

料金

前売 ¥3,300 / 当日 ¥3,800

 

配信チケット:¥2,500
・特典付き1 ¥3,300 10周年記念バンドロゴが入ったキーホルダー
・特典付き2 ¥4,000 バンド10年の歩みやインタビューが掲載された大ボリュームの記念ZINE(60頁予定)
・特典付き1+2 ¥4,800

※それぞれ送料込み、発送は9月末予定。
※アーカイブは9/17(土)23:59まで(視聴券の購入は9/17(土)21:00まで)

チケット予約

メールによる取り置き

■踊る!ディスコ室町

odoru.disco.muromachi@gmail.com

■磔磔

http://www.geisya.or.jp/~takutaku/yoyaku.html

 

※公演日・名前・チケット枚数を明記してください

 

配信チケットの購入

https://eplus.jp/odorud-st/

 

※イープラスの会員登録が必要

踊る!ディスコ室町

左から、Gt. まこまこまこっちゃん / Ba. ラ・マルオカ  / Gt. クマ山セイタ / Vo.ミキクワカド / Tamb.モチヅキ・タンバリン・シャンシャン / Dr. 伊藤おわる

 

2012年結成。骨太なファンクサウンドを土台に、ファニーな空気感で独自のグルーヴを追求しつづけている。楽曲の制作やセルフレコーディングをはじめとして、アートワークやMVなど、あらゆる方面で積極的に自主制作を行っている。2016年「FUJIROCK FESTIVAL’16」ROOKIE A GO-GOステージ出演。 中村佳穂と共同企画を2013年より5年連続開催。2019年、!!!(chkchkchk)来日公演のオープニングアクトに抜擢。“京都は上京区室町通武者小路を下がったところディスコ室町の420号室からやってきたファンキーでグルーヴィな男たち”。

 

 

Webサイト:http://odoru.xxxxxxxx.jp/

Twitter:https://twitter.com/ODORU_DISCO

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
流れる日々の中で生まれる、渚のベートーベンズの音楽
COLUMN
Indies New Encounters Playlist 2022.01
COLUMN
編集部員が選ぶ2021年ベスト記事
COLUMN
Indies New Encounters Playlist 2021.11
COLUMN
たなからルーツ Shelf_02 - ナルコレプシン 坂田直樹 –
REVIEW
CIFIKA – HANA
INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 私たちが自分の言葉で語るための場所づくりを〈THEATRE E9 KYOTO〉…
ART
COLUMN
たなからルーツ Shelf_01 - TheStoneThatBurns アベヒロキ –…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:小倉 陽子】CIFIKA,TENGGER:K-POPを拡張してい…
INTERVIEW
確かさの揺らぐ現代における、孤独と共存の媒介者-烏丸ストロークロック『まほろばの景2020』インタビ…
ART
REPORT
小倉陽子が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
小倉陽子が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
ZOOZ始動インタビュー -2002年の音楽が繋ぐ、これまでのバンド活動と現在。-
INTERVIEW
諦めにも似た音楽への深い愛 – NYAI『HAO』リリースインタビュー –
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2018 / Day3】MONO NO AWARE / 清竜人 / 在日…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2018 Day2】ハンブレッダーズ / Dos Monos / tri…
REVIEW
NYAI – OUT PITCH
REVIEW
HO17 – HOLIDAYS OF SEVENTEEN
INTERVIEW
1+1+1+1に成ったthe coopeezの無限大~京都ワンマンライブ直前インタビュー
INTERVIEW
Post Modern Team 3rdアルバム『COME ON OVER NOW』リリースインタビ…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2017 / Day3】東狂アルゴリズム / OGRE YOU ASSH…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2017 / Day2】接近!UFOズ / シンガロンパレード / H …
REPORT
今を生々しく鳴らす3組の、美しい物語の途中~『in-phase KYOTO』 @ 京都GROWLY …
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ③続ける人たち-
INTERVIEW
my letter×スーパーノアリリース対談「バンドって、辞めるほどのことじゃない」- 京都で活動を…
REPORT
ジャンルという言葉を簡単に越境するWhy?という体験 WHY? Japan Tour @UrBANG…
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑】P2:謎クリエイター 吉村さおり(SCRAP)
SPOT
こころ
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ②舞台に立つ-
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ①家ガール-
REPORT
企画屋UTAGEが冬の京都にぶち込む「遅れてきた夏フェス」ことパニックバカンスとは?イベントメンバー…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2016 / Day2】Limited Express (has gon…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2016 / Day1】台風クラブ / あっこゴリラ / CHAI / …
REPORT
『ウサギバニーボーイさん』祝賀会 @ 京都GROWLY ライブレポート
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – ニーハオ!編 …

LATEST POSTS

INTERVIEW
偶発的な出会いを火種に。人と人をつなぎ、価値を創るまちづくりとは

2012年にオープンした〈京都水族館〉を皮切りに、急速に再整備が進んだ梅小路公園。拡張していく梅小路…

COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
ズカイ『ちゃちな夢中をくぐるのさ』 – ネガティブなあまのじゃくが歌う「今日を生きて」

まず16曲入りという点がいい。キレイにまとめるよりも、言いたいことをすべて言うその姿勢は、ズカイの集…

REVIEW
帝国喫茶『帝国喫茶』 – 三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春

三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春 三者…

REVIEW
ヨットヘヴン『健康快樂』 – 今を楽しく生きようとする生活者の歌

安延沙希子(以下、さっちゃん)の歌は彼女にしか出せない味わいがある。声色はほんのりマット。メロディに…