NEWS

Amia Calva4年振りのリリース、1stシングル『King of Gold』全国ツアーも

MUSIC 2017.09.26 Written By 小倉 陽子

結成から約8年。2017年10月01日に新音源をリリースするAmia Calva。

実に4年振りの音源リリースにしてファーストシングル。生活とともに音楽があり、マイペースに制作に向き合い、リリースのセオリーはどこ吹く風。そのペースや収録曲数に囚われず、今渾身の音を鳴らす――京都にはそういうものづくりの丁寧さとタフさみたいなものがあるように思う。

Amia Calvaは現在、メンバーが京都・東京・静岡・奈良に点在している。音楽制作において厳しい環境であるはずが、むしろ強みとするくらいの彼らのたくましい活動は、緻密かつ強靭なリズムとより一層ポップネスにフィールドを広げた歌の世界にもあらわれているようだ。

 

彼らのことを「京都のバンド」だと紹介したい。そこに始まりの物語と長くクリエイトし続けるマインドが深く根付いていると思うから。その上で、旅するように全国の耳の肥えたリスナーに届いて欲しい。そんなAmia Calvaの現在が濃縮されたとっておきの3曲が詰まった1stシングル。リリースツアー初日はリリース日である10月01日、京都のbedとthe coopeezを迎えての渾身のパーティー。こちらも目が離せない。

『King of Gold』Amia Calva

収録曲

1.悪い人

2.△

3.King of Gold

発売日

2017年10月01日(日)

価格

¥1,000

TOUR INFOMATION

 

10月01日 (日) 京都

@京都UrBANGUILD w/bed,the coopeez

 

10月22日 (日) 京都

ボロフェスタ w/スチャダラパー,大森 靖子,BiSH,OGRE YOU ASSHOLE,SIX LOUNGE,虹のコンキスタドール,DAOKO,シャムキャッツ,Age Factory,jizue,パノラマパナマタウン,MONO NO AWARE,odd eyes,uri gagarn,SEVENTEEN AGAiN,Sundayカミデ,DEATHRO,東狂アルゴリズム,私の思い出,unizzz…,ストロベリーパンティース,バレーボウイズ,Summer Rocket,VOGOS,ゆーきゃん

 

11月11日 (土) 札幌

@SOUND CRUE

 

11月18日 (土) 京都

@二条nano

 

12月02日 (土) 大阪

@梅田HARDRAIN

 

12月03日 (日) 名古屋

@ K.Dハポン

 

2018年

02月11日 (日) 東京

@新宿Motion

Amia Calva

 

立命館大学のサークルの先輩・後輩が集まり2009年ごろから活動を開始。度重なるメンバーの拠点変更を経て、各メンバーが現在の東京・静岡・京都・奈良に落ち着く。その楽曲はアイアンポップと称され、強靭なリズム隊とVo.堤の漫画や映画から影響を受けたストーリーを感じる歌詞が特徴。US・UKインディーをルーツとした繊細な楽曲と、レゲエやR&Bから影響を受けたリズム隊が加わることで深いところを泳ぐような独特のグルーヴを作り出している。

 

HP:http://amia-calva.com/

WRITER

RECENT POST

COLUMN
編集部員が選ぶ2022年ベスト記事
REVIEW
Curve『till the end(10th Anniversary Edition)』 R…
INTERVIEW
流れる日々の中で生まれる、渚のベートーベンズの音楽
COLUMN
Indies New Encounters Playlist 2022.01
COLUMN
編集部員が選ぶ2021年ベスト記事
COLUMN
Indies New Encounters Playlist 2021.11
COLUMN
たなからルーツ Shelf_02 - ナルコレプシン 坂田直樹 –
REVIEW
CIFIKA – HANA
INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 私たちが自分の言葉で語るための場所づくりを〈THEATRE E9 KYOTO〉…
ART
COLUMN
たなからルーツ Shelf_01 - TheStoneThatBurns アベヒロキ –…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:小倉 陽子】CIFIKA,TENGGER:K-POPを拡張してい…
INTERVIEW
確かさの揺らぐ現代における、孤独と共存の媒介者-烏丸ストロークロック『まほろばの景2020』インタビ…
ART
REPORT
小倉陽子が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
小倉陽子が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
ZOOZ始動インタビュー -2002年の音楽が繋ぐ、これまでのバンド活動と現在。-
INTERVIEW
諦めにも似た音楽への深い愛 – NYAI『HAO』リリースインタビュー –
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2018 / Day3】MONO NO AWARE / 清竜人 / 在日…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2018 Day2】ハンブレッダーズ / Dos Monos / tri…
REVIEW
NYAI – OUT PITCH
REVIEW
HO17 – HOLIDAYS OF SEVENTEEN
INTERVIEW
1+1+1+1に成ったthe coopeezの無限大~京都ワンマンライブ直前インタビュー
INTERVIEW
Post Modern Team 3rdアルバム『COME ON OVER NOW』リリースインタビ…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2017 / Day3】東狂アルゴリズム / OGRE YOU ASSH…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2017 / Day2】接近!UFOズ / シンガロンパレード / H …
REPORT
今を生々しく鳴らす3組の、美しい物語の途中~『in-phase KYOTO』 @ 京都GROWLY …
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ③続ける人たち-
INTERVIEW
my letter×スーパーノアリリース対談「バンドって、辞めるほどのことじゃない」- 京都で活動を…
REPORT
ジャンルという言葉を簡単に越境するWhy?という体験 WHY? Japan Tour @UrBANG…
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑】P2:謎クリエイター 吉村さおり(SCRAP)
SPOT
こころ
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ②舞台に立つ-
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ①家ガール-
REPORT
企画屋UTAGEが冬の京都にぶち込む「遅れてきた夏フェス」ことパニックバカンスとは?イベントメンバー…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2016 / Day2】Limited Express (has gon…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2016 / Day1】台風クラブ / あっこゴリラ / CHAI / …
REPORT
『ウサギバニーボーイさん』祝賀会 @ 京都GROWLY ライブレポート
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – ニーハオ!編 …

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…