COLUMN

【脇役で見る映画】『アイアンマン』シリーズ スタークに寄り添うポッツ、ふしめのひ! 今日はにげきれ、いまは静かに

MOVIE 2019.08.02 Written By 川合 裕之

(C)2013 MVLFFLLC. TM & (C)2013 Marvel. All Rights Reserved.

アイアンマンは、もう。トニー・スタークは、もう。物語世界の内外の全ての人類が残され、立ち尽くす。僕もまたそのうちの一人であることには変わりはありません。

 

とはいえ。

 

いや、みんな忘れてない?ヴァージニア・ペッパー・ポッツのことをさ。他でもなくトニーの伴侶。トニー・スタークと最も親しかったパートナーであり、彼に最も愛された女性のことを。今日は彼女にフォーカスを絞ってみたいと思います。

というのも、僕はずっと彼女を見守ってきたのです。

 

「よかったやん、結婚できて!」
「ええ加減仲直りしなよ」
「いや~~おめでと~~」
「それ旦那さんが悪いんとちゃう?」

 

こんな風にウチはポッツに声をかけながらMCUを見てきたわけ。だってもう親友だから。みんなもっとポッツのことも気にかけて欲しいわけです。旦那さんがあんな風になって、落ち込んでないはずがない。そうは思いませんか?

そりゃそうだけどさ……

たしかにトニー・スタークの生産性は素晴らしいけれど、それだけが人の価値じゃない。どれだけたくさんの人を救ったか。どれだけ役に立つ発明を残してきたか。そして、どれだけ多くの人に寄り添うヒーローをとりまとめて輩出してきたか。それももちろん大事です。でもその数字に目をくらませていちゃいけないと僕は思うのです。

トニー・スタークは偉大。そりゃそうだけどさ。

 

でも、残されたポッツのことも祈りたい気分になるのです。誠実に人生を歩み続け、そして時に大切な人を失い、それでも実直に今日を生きる彼女こそ励ましが必要なのではないでしょうか。

 

たおれてしまった昨日の英雄を偲び、今から立ち上がる明日の救世主を待つ。たしかにそれも必要です。されど、その影にスッポリ隠れてしまっても「今」を実直に生きるしかない人を、僕は応援したい。

よく見たらポッツもすごいんだから!

ちょっと待って。少々「しんみり」が過ぎちゃいましたが、冷静に思い返してみてください。よく見たらポッツもすごい。

 

スタークの秘書からはじまり、数センチ単位の曖昧な関係を経てついに真剣交際。もう10年ほど前のことなので忘れられかけていますが、これだけでも十~~~分に大波乱ですよ。

 

そこからさらに「主人公」のトニー・スタークを支えるだけでも並々ならぬ苦労であることは想像に難くありません。ヒーローの苦境とは違うディメンションで戦って……というだけにとどまらず。サポートしようとは致命傷を負いかけることもしばしば。よく見るとポッツはすっかり同じ次元で「当事者」として物語に積極的に参加しているのです。

 

狙われたり、囚われたり、異能のダークヒーローになったり。しかもその異能を治療してまた普通の人に戻って。そんな七転八倒の波の合間にしっかりバリバリ仕事もこなす。月日は流れ結婚・出産。落ち着いたかと思った矢先にアイアンマンは最後の決闘へ。もし彼女が僕のようなノミの心臓の持ち主であれば、この時点でもう何回寝込んだことでしょう。しかし彼女は気丈に振る舞い、『アベンジャーズ / エンドゲーム』では前線にまで足を運びます。

最悪の敵サノス率いる軍団と、それと互角に闘うべく総動員されたヒーロー。あんなのもう宇宙戦争のフェスみたいなもんですからね。モッシュどころじゃ済まない現場に参戦してますから。

 

内助の功からゴリゴリの助太刀まで、高密度のドラマに流されてきたのです。激動の人生。トニーではなく、むしろポッツにこそ、こんな言葉が相応しいでしょう。

その挙句にさ

そして、悲しみの最終楽章。彼女は「スーツ」を着用して戦場へ。ポッツもまた世界を救う軍団の一員となるのです。「I am Iron Man.」あの言葉とともに殉死するトニーを看取ることとなるのです。

 

エンタメだからしかたない。トニーのこともみんな忘れる。しかし、ポッツという存在は、この節目の日のあと、世間から忘れられた後もずっと生きていくはず。このことを僕は心にとめておきたいのです。

今は頑張らなくていい

とにかく、今までありがとう。ポッツは今まで頑張りすぎた。

 

新しく公開された『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』には登場しなかったけど、まあそれも仕方ないでしょう。制作の都合なんざ知りませんが、ペッパー・ポッツは(決して女優のグウィネス・パルトロウではなく)いま表舞台に出てこれるほどの気力はきっと残って居ないのです。

 

愛する人を失ったポッツの明日はどうなることでしょうか。今度は彼の代わりに立ち上がってくれるのか。トニーを埋め合わせるべく邁進してくれるはずだ。熱烈な映画ファンからはそんな期待も寄せられますが、せめて今はじっと悲しみにくれる時間が必要だと僕は思っています。

 

どうか負けないで欲しい。そう願います。でも、今この瞬間くらいは頑張らなくていい。とにかくポッツ、ありがとう。憂鬱な日も、無限に繰り返すわけじゃない。きっと明日もツラいのだろうけど、とにかく今日をやり過ごすしかない。

 

今日はにげきれ、いまは静かに。

 

いいえ、5年も経ったら少しは落ち着いたのでしょうか。

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【脇役で見る映画】親の心もこの心も僕たちだけが知ってる『イップマン 完結』
COLUMN
【脇役で見る映画】ニール、かしゆか、天沢聖司『TENET』
COLUMN
【脇役で見る映画】 頼むから決めてくれ!『ショーシャンクの空に』
COLUMN
【脇役で見る映画】 役割をひとに頼らず生きていく『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』
COLUMN
【脇役で見る映画】「エピローグ」:ローディーは部活をやめる
COLUMN
【脇役で見る映画】『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 せめて浮気でおってよね
REPORT
意味が溶解する水槽 SPEKTRA主催 『INTER+』 レポート
COLUMN
【脇役で見る映画】『トイ・ストーリー3』 バズよりもウッディよりも何よりも、アンディ母の育児の終わり
REPORT
集めて、分解して、理解する。デザイナーの後藤多美さんに聞くデザインの第一歩 言志の学校第2期レポート…
REPORT
「見つけてもらうために!」大垣書店の大垣 守可さんに聞く、流通視点の本の魅力 言志の学校第2期レポー…
REPORT
紙とインキも表現のうち!修美社の山下昌毅さんに聞く印刷の奥深さと面白さ 言志の学校第2期レポート② …
REPORT
超絶技巧は必要ない!物件ファンの森岡友樹さんに聞く心を打つ文章を書くための思考のステップ 言志の学校…
COLUMN
【脇役で見る映画】『愛がなんだ』 テルコより大切なのは仲原くん。赤いメガネのボスによろしく
INTERVIEW
第七藝術劇場 / シアターセブン
SPOT
修美社
COLUMN
【脇役で見る映画】『イット・フォローズ』 あの娘にはお願いだからセックスを他の誰かとしてほしくない
REPORT
言志の学校 第1期 まとめ
COLUMN
アンテナ的!ベストムービー 2018
COLUMN
【まとめ】編集部員が選ぶ2018年ベスト記事
REPORT
『言志の学校』第四回レポート ~発表! こんな本作りました!~
REPORT
『言志の学校』第三回レポート -デザインとは? 印刷って何? –
REPORT
『言志の学校』第二回レポート – 書くって?編集するって?文鳥社の2人に聞く –
COLUMN
もうダッシュできないオトナへ。映画『高崎グラフィティ。』が切り取った大人と子供のグラデーション。
REPORT
こんなフリペのアイディア出揃いました!TAKE OUT!! vol.2 レポート
INTERVIEW
『きみの鳥はうたえる』三宅唱監督インタビュー 映画の仕事は「見つめること」
REPORT
『ガザの美容室』特別トーク付上映。ガザ地区の今って?
COLUMN
『軽い男じゃないのよ』がレコメンド!『ズートピア』『ファインディング・ドリー』の後はコレ!「差別と戦…
COLUMN
千早の進路間違ってない?!組織運営ってそういうことか? 映画『ちはやふる 結び』を考察 面白かったけ…
COLUMN
アンテナ川合が選ぶ!4月に観ときたい映画!
REPORT
関西の映画シーンの今後は?「地域から次世代映画を考える」レポート
REPORT
「モテるフリーペーパー」大盛況で終宴。結局どうだった? All About TAKE OUT!!
COLUMN
誰だってマチルダは好きだ、僕だってレオンになりたい(『レオン』再上映へ寄せて)
COLUMN
アンテナ的! ベストムービー2017 (byマグナム本田・川合裕之)
REPORT
【川合裕之の見たボロフェスタ2017 /Day2 】 〜ステージの上も下も中も外も、全部ぜんぶお祭り…
REPORT
第五回 文学フリマ 大阪に行ってきました
INTERVIEW
「この作品のあるべき姿」映画『望郷』大東駿介・菊地健夫監督へインタビュー
REPORT
映画『獣道– Love & Other Cults』京都みなみ会館 舞台挨拶
INTERVIEW
学生映画って何?! 京都国際学生映画祭×関西学生映画祭 関係者に聞く!

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…