NEWS

岡村詩野音楽ライター講座、5月期は「2021年以降に通用する文章力と企画力」をオンラインで学ぶ

MUSIC 2021.03.29 Written By 小倉 陽子

昨年5月よりZOOMを使ってオンライン開催されている、OTOTOY主催の「岡村詩野音楽ライター講座」。音楽評論家として活躍する岡村詩野の指導のもと、音楽への造詣を深め「表現」の方法を学びたい受講生が、オンライン開催によってその機会を広げ、全国、そして海外からも集まっている。
2021年5月期は、「2021年以降に通用する音楽ライターになるために大切なこと」をテーマとして文章力だけではなく企画力にフォーカスし、3ヶ月に渡って全5回の講座が開催される。

 

文章力と企画力を本講座で磨くステップは以下の通り。

1. 2020年代に通用するライターになるための5つの要素を学び、文章力を磨く
2. より深く、より面白い記事にするための企画力やアイデア力を学ぶ
3. アーティストを選び、レヴューやディスクガイド、さらにオリジナルの企画を考え、執筆する
4. 講師による添削や受講生同士のディスカッションを通して、記事を完成させる
5. オリジナルのZINEとして発表する

ANTENNAのライターの中にも受講経験者が多い本講座。ライティング初心者でも丁寧に基礎から学ぶことができるので、音楽が好きな気持ちを言葉にしてみたいという人も是非この機会に応募してみて欲しい。岡村詩野の音楽と世界への視座に触れつつ、実際に自分の書いた文章を添削される過程で、自分と音楽との関わり方にも向き合い直せる貴重な機会になるだろう。

 

初回、5月22日(土)の事前課題のテーマ は「自分が特集したいアーティスト」。自分がこれぞと思うアーティストの魅力について、まずは最初の執筆を始めよう。

岡村詩野

東京生まれ京都育ちの音楽評論家。
京都精華大学ポピュラーカルチャー学部非常勤講師。FM京都(α-STATION)『Imaginary Line』(月曜19時)パーソナリティ。『ミュージック・マガジン』『朝日新聞』『VOGUE NIPPON』『AERA.dot』『YAHOO!』『OTOTOY』など多数のメディアで執筆中。2017年、ウェブ・メディア『TURN』( turntokyo.com )をスタートさせた。Helga Press名義でイベント企画をしている他、2016年には京都の若手音楽家を集めたコンピレーションCDもリリース。
音楽ライター講座を東京(オトトイの学校)で定期的に、京都でも不定期に開催している。

 

Twitter:https://twitter.com/shino_okamura

岡村詩野音楽ライター講座 2021年5月期

日時

5月22日 (土) 13:00〜16:00
6月05日 (土) 13:00〜16:00
6月19日 (土) 13:00〜16:00
7月03日 (土) 13:00〜16:00
7月17日 (土) 13:00~16:00

受講料

【早期申し込み】(2021年3月10日〜4月30日)
全日程通し ¥20,000(税込)
単回 ¥4,200(税込)

 

【事前申し込み】(2021年5月1日〜5月21日)
全日程通し ¥22,000(税込)
単回 ¥4,500(税込)
※クレジットカードまたは銀行振込で、講座前日までに支払いが必要。
※銀行振込の場合、申し込みから3日後も支払いが確認できない際は、キャンセル扱いとなる。

お申込み

岡村詩野音楽ライター講座 2021年5月期 特設ページ

当日の準備物

ノートPC、タブレット、スマートフォンなど、講座に参加するための端末

※当日はWi-fi接続を推奨。

事前課題

テーマ :「自分が特集したいアーティスト」
文字数: 495〜500字(改行は2回)
主催者より:今回の講座は自ら企画をたて、自ら執筆するところまでやっていきます。そこで、まず自分が特集したいアーティストを1つ選出してください。その上で、そのアーティストについてあなたが考える魅力を1つのアングルに絞って執筆してください。この最初の課題はのちに重要になってきますので、丁寧に書いてほしいと思います。必ず文字数を守り、自分が特に伝えたいことはどの部分なのかをしっかり考えて寄稿してください。

主催

OTOTOY

WRITER

RECENT POST

COLUMN
編集部員が選ぶ2022年ベスト記事
REVIEW
Curve『till the end(10th Anniversary Edition)』 R…
INTERVIEW
流れる日々の中で生まれる、渚のベートーベンズの音楽
COLUMN
Indies New Encounters Playlist 2022.01
COLUMN
編集部員が選ぶ2021年ベスト記事
COLUMN
Indies New Encounters Playlist 2021.11
COLUMN
たなからルーツ Shelf_02 - ナルコレプシン 坂田直樹 –
REVIEW
CIFIKA – HANA
INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 私たちが自分の言葉で語るための場所づくりを〈THEATRE E9 KYOTO〉…
ART
COLUMN
たなからルーツ Shelf_01 - TheStoneThatBurns アベヒロキ –…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:小倉 陽子】CIFIKA,TENGGER:K-POPを拡張してい…
INTERVIEW
確かさの揺らぐ現代における、孤独と共存の媒介者-烏丸ストロークロック『まほろばの景2020』インタビ…
ART
REPORT
小倉陽子が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
小倉陽子が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
ZOOZ始動インタビュー -2002年の音楽が繋ぐ、これまでのバンド活動と現在。-
INTERVIEW
諦めにも似た音楽への深い愛 – NYAI『HAO』リリースインタビュー –
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2018 / Day3】MONO NO AWARE / 清竜人 / 在日…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2018 Day2】ハンブレッダーズ / Dos Monos / tri…
REVIEW
NYAI – OUT PITCH
REVIEW
HO17 – HOLIDAYS OF SEVENTEEN
INTERVIEW
1+1+1+1に成ったthe coopeezの無限大~京都ワンマンライブ直前インタビュー
INTERVIEW
Post Modern Team 3rdアルバム『COME ON OVER NOW』リリースインタビ…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2017 / Day3】東狂アルゴリズム / OGRE YOU ASSH…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2017 / Day2】接近!UFOズ / シンガロンパレード / H …
REPORT
今を生々しく鳴らす3組の、美しい物語の途中~『in-phase KYOTO』 @ 京都GROWLY …
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ③続ける人たち-
INTERVIEW
my letter×スーパーノアリリース対談「バンドって、辞めるほどのことじゃない」- 京都で活動を…
REPORT
ジャンルという言葉を簡単に越境するWhy?という体験 WHY? Japan Tour @UrBANG…
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑】P2:謎クリエイター 吉村さおり(SCRAP)
SPOT
こころ
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ②舞台に立つ-
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ①家ガール-
REPORT
企画屋UTAGEが冬の京都にぶち込む「遅れてきた夏フェス」ことパニックバカンスとは?イベントメンバー…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2016 / Day2】Limited Express (has gon…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2016 / Day1】台風クラブ / あっこゴリラ / CHAI / …
REPORT
『ウサギバニーボーイさん』祝賀会 @ 京都GROWLY ライブレポート
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – ニーハオ!編 …

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…