EVENT

泊まれる演劇『MIDNIGHT MOTEL 再演(タイトル未定)』

ART 2022.03.22 Written By 小倉 陽子

ホテルに宿泊しながら演劇を楽しむ新感覚ナイトエンターテイメント「泊まれる演劇」が、今年もHOTEL SHE, KYOTOにて上演される。2021年6月に上演され、公演終了後のアンケートでは満足度97%であった『MIDNIGHT MOTEL』に新演出を加えた再演。期間は2022年6月3日(金)〜7月5日(火)で、今回は1日1公演で開催される。

 

2020年の初公演以来、チケットが即完売する公演もあるなど反響も大きい「泊まれる演劇」。現在、ティザー(予告)サイトも公開中。

舞台となるHOTEL SHE, KYOTO(京都市南区東九条南烏丸町16)

「泊まれる演劇」とはHOTEL SHE,が企画・プロデュースする、ホテルの建物を舞台に繰り広げられる演劇を、ゲストが目の前で鑑賞・体感できるナイト・エンターテインメント。

 

2000年代にロンドンから始まった体験型演劇作品と同様の手法である、NYのオフ・ブロードウェイで話題の「イマーシブ・シアター(没入型演劇)」を取り入れることで、ホテルの中を自由に歩き回りながら観客にも役割が与えられる。客席とステージの境界を感じることなく、物語の世界に入り込んだような体験を楽しむことができ、新たな作品と観客の関係性を作り出す公演となっている。2020年の初公演以来、チケットが即完売する公演もあるなど反響も大きい「泊まれる演劇」。ティザー(予告)サイトも現在公開中。

過去作品『Room 102』体験レポート

泊まれる演劇『MIDNIGHT MOTEL 再演(タイトル未定)』

日程

2022年6月3日(金)〜7月5日(火)

※6月8日,15日,22日,29日は休演

会場

HOTEL SHE, KYOTO
601-8041 京都市南区東九条南烏丸町16

チケット

最速チケット抽選申し込み期間:3月13日(日)18:00 〜 3月22日(火)23:59

一部屋 38,000円~(税込)(1名あたり19,000円~)

※ご宿泊日によって料金が変わります。詳細は公式サイトを参照ください。

脚本・演出

きださおり、藤井颯太郎

主催・企画

泊まれる演劇

お問い合わせ

tomareruengeki@gmail.com

Twitter:@tomareru_engeki
Instagram:@tomareru_engeki
note:https://note.com/tomareru_engeki

WRITER

RECENT POST

COLUMN
編集部員が選ぶ2022年ベスト記事
REVIEW
Curve『till the end(10th Anniversary Edition)』 R…
INTERVIEW
流れる日々の中で生まれる、渚のベートーベンズの音楽
COLUMN
Indies New Encounters Playlist 2022.01
COLUMN
編集部員が選ぶ2021年ベスト記事
COLUMN
Indies New Encounters Playlist 2021.11
COLUMN
たなからルーツ Shelf_02 - ナルコレプシン 坂田直樹 –
REVIEW
CIFIKA – HANA
INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 私たちが自分の言葉で語るための場所づくりを〈THEATRE E9 KYOTO〉…
ART
COLUMN
たなからルーツ Shelf_01 - TheStoneThatBurns アベヒロキ –…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:小倉 陽子】CIFIKA,TENGGER:K-POPを拡張してい…
INTERVIEW
確かさの揺らぐ現代における、孤独と共存の媒介者-烏丸ストロークロック『まほろばの景2020』インタビ…
ART
REPORT
小倉陽子が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
小倉陽子が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
ZOOZ始動インタビュー -2002年の音楽が繋ぐ、これまでのバンド活動と現在。-
INTERVIEW
諦めにも似た音楽への深い愛 – NYAI『HAO』リリースインタビュー –
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2018 / Day3】MONO NO AWARE / 清竜人 / 在日…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2018 Day2】ハンブレッダーズ / Dos Monos / tri…
REVIEW
NYAI – OUT PITCH
REVIEW
HO17 – HOLIDAYS OF SEVENTEEN
INTERVIEW
1+1+1+1に成ったthe coopeezの無限大~京都ワンマンライブ直前インタビュー
INTERVIEW
Post Modern Team 3rdアルバム『COME ON OVER NOW』リリースインタビ…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2017 / Day3】東狂アルゴリズム / OGRE YOU ASSH…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2017 / Day2】接近!UFOズ / シンガロンパレード / H …
REPORT
今を生々しく鳴らす3組の、美しい物語の途中~『in-phase KYOTO』 @ 京都GROWLY …
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ③続ける人たち-
INTERVIEW
my letter×スーパーノアリリース対談「バンドって、辞めるほどのことじゃない」- 京都で活動を…
REPORT
ジャンルという言葉を簡単に越境するWhy?という体験 WHY? Japan Tour @UrBANG…
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑】P2:謎クリエイター 吉村さおり(SCRAP)
SPOT
こころ
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ②舞台に立つ-
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ①家ガール-
REPORT
企画屋UTAGEが冬の京都にぶち込む「遅れてきた夏フェス」ことパニックバカンスとは?イベントメンバー…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2016 / Day2】Limited Express (has gon…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2016 / Day1】台風クラブ / あっこゴリラ / CHAI / …
REPORT
『ウサギバニーボーイさん』祝賀会 @ 京都GROWLY ライブレポート
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – ニーハオ!編 …

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

COLUMN
【2024年6月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

REVIEW
GOFISH『GOFISH』 – 独白と連動し、鮮明に躍動する風景

名古屋を拠点に活動するテライショウタのプロジェクト、GOFISHによる通算7枚目のアルバムにしてセル…

INTERVIEW
こぼれ落ちてゆくものに眼差しを向けるーリクオがこの世界で想像力を維持していくための『リアル』

コロナ禍以降に生まれ、ライブで磨き上げられた楽曲に込められた、音楽への愛、社会への違和感、一人の人間…

COLUMN
「すでにそこにある」不気味さ—立花光による空間展示『壁抜け』【見て跳ぶための芸術 Vol.1】

記事企画「見て跳ぶための芸術」は、京都で活動する批評家・森脇透青が、おもに関西を中心として、視覚的な…